結婚指輪のモデルを制作開始   9月13日 スタジオアルジェント今日の作業机

デザインの確認をしながら結婚指輪を制作! part9

サイズを合わせて内面をある程度研磨しておいてから刻印を打ちます。
鉛の刻印台にリングの幅に合わせた溝を整形しておいて、そこにはめ込むようにして打っていきます。
「曲がり」と呼ぶ、リングをまたぐタイプの刻印ですので内側にも打てますが
リングがカーブしているとかわしきれない場合もありますのでよく見ながら打っていきます。
f0179073_12170951.jpg

リングの正面になる部分の内側に☆の刻印を打ち、それを挟むようにしてお二人の名前を入れます。
その後ろに結婚式の年月日も入れておきます。
入籍と式の日が違う場合、結婚式の日は公式な記録に残りませんからそれを入れるようにお勧めしています。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当店をご紹介いただいた株式会社ナカニシのスペシャルサイトもぜひご覧ください。

ジュエリーやアクセサリーのオーダーメイド、リフォーム、修理などなんでもお気軽にご相談ください。
ショップの情報はこちらです。
[PR]

  by studio_argento | 2018-09-13 12:17 | ジュエリー | Comments(0)

<< うさぎのモチーフを増産! 9月... お気に入りのデザインで作るネッ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE