タグ:製作 ( 25 ) タグの人気記事

 

マニアックな方のための・・

以前ご紹介したロストワックスという技術は、精密鋳造と言われるように
細かい部分までワックスの形を金属で再現します。
つまりワックス原型の仕上げ方で出来上がりが違ってくるのです。

今回お見せするのはこちら
f0179073_14252730.jpg
925シルバーで鋳造して仕上げた「土佐金」とよばれる金魚のオブジェです。
f0179073_14255676.jpg

趣味でこれを飼ってらっしゃるお客様からのご依頼で製作させていただきました。
年を重ねるにつれ巻き込むように広がる尾びれが特長だそうです。

いただいた資料などを見ながら、ワックスを削って少しづつ雰囲気を出していきます。
f0179073_14263770.jpg

f0179073_14271431.jpg
ひれのすじや胴体など、金属になったときに有効な表現になるよう表面にテクスチャーを付けます。
f0179073_14294073.jpg
f0179073_14274865.jpg

このあたりの仕上げ加減がなかなか難しいですね。
あまりリアルに再現しすぎるとちょっとグロテスクな感じになってしまうおそれもありますので。
f0179073_14285190.jpg
f0179073_14291416.jpg


顔つきやおなかも気を付けて表現しました。
f0179073_1430356.jpg
f0179073_14302088.jpg


マニアックなご注文でしたのでプレッシャーもありましたが
おかげさまで金属の仕上げも含めてお客様にはとても満足していただけました。
(追加注文の可能性もあるとのことでしたのでシリコンゴムで型を取っておきました。)


このように、ワックスで原型が作れれば、さまざまなものを金属に置き換えることができます。
アイデア次第でクラブ単位での記念品などにも使えますね。
何か思いつかれましたら遠慮なくご相談ください。
[PR]

  by studio_argento | 2009-08-05 14:35 | シルバーアクセサリー | Comments(5)

クリスマスが近づくと・・

プレゼント用にオーダーが増えます。

これらもプレゼント用のようです。
シルバー製ブレスレット、リング、チョーカーです。
f0179073_13303530.jpg


リングのモチーフはイタリアの名車アルファロメオのフロントグリル
実車さながらに透かしになっています。
腕の部分は鏡面で仕上げてあるので周りがよく映りこみますね。
昔は鏡にも使われていたように、銀という素材は磨くと本当によく周りを映します。
よく見ると不思議な世界が広がっていますね。
f0179073_13301493.jpg


ブレスレットは「ミラノ市章」と「四葉のクローバー」
全体に黒くいぶしてあり、その重さとあいまって重厚な雰囲気です。
f0179073_1331314.jpg



チョーカーも同じく「ミラノ市章」。 丸いラバーを使ってシンプルに仕上げています。
f0179073_13312337.jpg


すべてアルファロメオに関するデザインのものです。
プレゼントするお相手の方がお好きなのでしょうね。
受け取ったときに見せられるであろう笑顔を想像しながら一つずつ仕上げました。

相手の好きなもの、欲しいものが分かっているカップル、素敵ですね。
うちは・・・・・・・ 滝汗)
[PR]

  by studio_argento | 2008-12-10 13:34 | シルバーアクセサリー | Comments(2)

オレゴンサンストーン ピアス

サンストーンといってもご存じの方は少ないでしょうね。 
でもムーンストーンはほとんどの方がご存じのはず。
どちらも同じ長石の仲間です。
アメリカのオレゴンで採れるものにはとても奇麗なものがあります。
今回制作したのはそのオレゴンサンストーンを使ったピアスです。
f0179073_102471.jpg


このお客様は以前同じロットの石でペンダントを作らせていただいており、
このたびそれと組み合わせるようにとピアスをご依頼いただきました。

ペンダントのほうにはダイヤを使って少し華やかな感じでしたので、
ピアスのほうはシンプルに仕上げてあまりくどくならないようにしました。
左右入れ替えるとまた感じが変わるのでおもしろいと思います。

石をよく見るとオレンジ色の中に金属結晶がキラキラと輝いています。
日本人の肌の色によく合う美しい石ですね。
f0179073_1023293.jpg


手元にあるこのサンストーンのロットも残りあと1ピース。
次はどなたがこの輝きを手にされるのでしょうか。
[PR]

  by studio_argento | 2008-10-30 10:04 | ジュエリー | Comments(0)

3連リングはムズカシイ

リングのサイズはその内径で決まっています。
内径1/3ミリごとにワンサイズずつあがっていきます。(日本の場合)
直径×円周率で円周を計算することを考えると、
ワンサイズあがると円周が約1ミリ長くなるということですね。

実際に製作するときには、これに製作する指輪の厚さを考慮しないといけません。
出来上がりの「内周」が希望の長さにならないといけないのです。
ですから計算方法は
(直径+指輪の厚さ)×円周率 となります。

厚さを足さないと地金の「厚さ」の真ん中(2ミリあったら1ミリ)の部分が求める円周になり、
そのぶん出来上がりは小さくなってしまうのです。
ここで加えるのが厚さ×2では無いところがミソです。
絵を描いてみるとよくわかるのですが・・

製作時には地金の伸びなどの要素も加わるので微調整はしますが、
地金の全長をこれであわせるとほぼ希望のサイズのリングが出来上がります。

で、今回の作品、3連のリングです。
f0179073_10212648.jpg

これは3本のリングが互いにリンクしていますので、指に入れたときに必ず重なり合う部分ができます。
f0179073_1021475.jpg

先日のようなペンダントトップでしたらサイズは関係ないのですが、
今回はきちんとサイズを出さないといけません。
これがなかなか難しい。
無い知恵をしぼってこれぐらいと作ったリングはサイズが合わず、
結局何度かサイズ調整をしました。
リングの厚さ以外にも重なり具合や幅などいろいろな要件が影響するようです。

これだけを作っていればぴったりに作るのはたやすいかもしれませんが、
いろいろなものを作っているとそのつど考えなくてはいけなくて大変なこともありますね。


でも苦労した甲斐があってお客様の指にはぴったりでした。


3連リングといえばCartierのトリニティが有名ですね。
コクトーが愛する人にプレゼントしたなどといわれていますがそれに関する
面白いブログを見つけたので興味がある方はどうぞ
[PR]

  by studio_argento | 2008-10-03 10:41 | ジュエリー | Comments(0)

ホワイトゴールド製オーダーメイドリング

ホワイトゴールドというのは白金のことではありません。
白金とはプラチナのことで、ホワイトゴールドは金合金の一種です。
一般的に18金(約75%の金合金)か14金(約60%)のものが多いようです。

主にパラジウムという金属を混ぜることにより金合金でありながら白い金属になっています。
ただ、プラチナのようなきれいな色でなく、やはり少し黄色を帯びていますので仕上がったあとでメッキ(ロジウムという金属)をかけることがほとんどです。

今回のリングも数点のデザインの中からお選びいただいて製作しました。
大振りなリングですが、透かし模様になっていて、その裏側もくりぬいてありますので
大きさの割りに重くはありません。
非常に存在感のあるリングで、お客様もお喜びでした。
f0179073_13233512.jpg
f0179073_13235591.jpg

[PR]

  by studio_argento | 2008-09-28 13:37 | ジュエリー | Comments(0)

お誕生記念 プラチナ3連リングペンダント

ここのところいろいろとご注文いただいていた品の納品続きでした。
順に紹介していきましょう。

まずはプラチナ3連リングのペンダント。
f0179073_10598.jpg

お子様の誕生の記念にとお父様からのご依頼でした。
いろいろとデザインを考えた結果、3本のリングが互いにリンクしていることが
家族の絆を感じさせるとのことでこのデザインになりました。

リングには3人それぞれの誕生石が留まっています。
ガーネット(1月)、ピンクトルマリン(10月)、サファイア(9月)です。
リングは8月中に出来上がってはいたのですが
お誕生が8月中(ペリドット)か9月かわからなかったので
8月が終わるのを待ってサファイアを留めました。

表面のテクスチャーはそれぞれ違ったものにしてあります。
ガーネットのリングはヘアライン仕上げに唐草模様の彫り、
ピンクトルマリンは地模様仕上げという荒らし仕上げ、
そしてサファイアは鏡面仕上げです。
サファイアのリングの内側にはお子様の名前と誕生年月日、
ご両親のイニシャルを刻印しました。
f0179073_1054817.jpg


いずれはお子様にプレゼントしたいとのことでしたが、
当分のあいだはお母様の胸元を飾ることになりそうです。

お子様の誕生の記念にこんなプレゼントを思いつかれたお父様、素敵ですね。
将来にわたって御家族の絆が強くあるよう、願いをこめて作らせていただきました。
[PR]

  by studio_argento | 2008-09-25 10:06 | ジュエリー | Comments(0)

オーダーメイド ウバロバイトペンダントトップ

世界遺産登録されて話題の石見銀山にある「銀の店」には以前から少し作品を置いていただいています。
以前そこで私の作品をお買い上げいただいた方が、先日わざわざ広島からご来店になりました。
マラカイトのリングをお買い上げいただいていたのですが、石の色とデザインを気に入っていただき、今度は何か緑色のペンダントトップが欲しいとのこと。
f0179073_13385461.jpg

店頭にはあいにくマラカイトは無かったのですが、かわりにちょっと変わった石があったので、それでお作りすることになりました。
「ウバロバイト」 鮮やかなグリーンときらきらと輝く結晶が印象的なガーネットです。
今回はそれをシルバーの板に埋め込み、周りを同じようなテクスチャーで囲みました。
f0179073_13391891.jpg

いまはキラキラと輝いていますが、シルバーですので徐々に変色していきます。
そうするとウバロバイトの結晶の輝きがうきたってくるのです。
シルバーで作る場合は、避けがたい変色も視野に入れて作ることもポイントですね。
お客様にはたいへん喜ばれました。 
その上でマラカイトのペンダントも欲しいとのことでしたのでちょっと面白い石がないか探してみることになりました。 良い出会いがあるといいのですが。
[PR]

  by studio_argento | 2008-09-17 13:40 | ジュエリー | Comments(0)

リフォーム完成

先日来すすめていたリフォーム2点とも完成しました。
ひとつはプラチナ製ペリドット&ダイヤのリング
f0179073_15391521.jpg

当初腕の部分は1本でデザインしていたのですが、お客様の希望で細い腕を追加して2本にしました。
存在感もあるのに重すぎず、エレガントなリングに仕上がりました。

もうひとつは18金ホワイトゴールドのペンダントトップ。
f0179073_15394240.jpg

リングとおそろいのペリドットで、周りをダイヤが取り巻いています。
これも当初のデザインより一回り大きく戸のご希望でしたのでそのように仕上げてありますが、
ボリュームのわりに重さは軽くて、使い心地のよさそうなものになりました。
チェーンはお客様がお持ちのものを使う予定です。

今回のリフォームに使用した地金は、すべてお客様にお預かりした下取り品でまかないました。
また、2個のペリドットやリング中央のダイヤも古いジュエリーから取り外したもので、飾りに使ったメレダイヤ(小粒ダイヤ)のみ新たに使用しました。
2点製作しても、プラチナもホワイトゴールドも地金がかなり残りましたので
それを買い取らせていただく形で制作費から差し引かせていただきました。
結果としてお支払いいただく金額をすごく抑えることが出来ました。

古くて使えなくなったデザインのジュエリーから石を外して、地金を再利用するリフォームは
デザインも新しくなって石も生きますし、地金が余れば下取りして価格を抑えることにもなりますのでお勧めです。
古来貴金属は溶かして作り直すのが当たり前でした。
宝石には思い入れがあるけれどデザインが古いとか、イヤリングが片方しかないとか
使えないジュエリーをお持ちではありませんか?
リデザインして生かすお手伝いをさせていただきますのでお気軽にご相談ください
[PR]

  by studio_argento | 2008-09-07 15:32 | ジュエリー | Comments(0)

ブリキのミニカー

友人の立案で進んでいたプロジェクトが出来上がってきました。

ITALIAN CAR - Antique Tin Car Collection
f0179073_18413787.jpg


60年代イタリア車のブリキのミニカーのコレクションボックスです。
5車種、各2色で10台でコンプリート。
f0179073_1842094.jpg


友人に依頼されてこれらの原型製作をさせてもらいました。
原型はサフェーサーの状態で送っていたのでグレーだったのですが、
出来上がったものは友人の選んだ色で塗られていて、そのセレクトもさすがのセンスだし、
小箱の箱絵もすばらしくてとてもいいものになりました。
f0179073_18431756.jpg


中身はというと・・
写真でご判断ください。
f0179073_18453655.jpg
f0179073_18455871.jpg
車名がわからない人でもほのぼのした感じを喜んでいただけると思うんですけど、どうでしょう?

今後あちこちで販売されることになると思います。
詳細がわかったらまたご報告しますが、気になる方はページ左のタグの欄にある
「お問い合わせ」をクリックしてご連絡ください。
[PR]

  by studio_argento | 2008-07-31 18:50 | ヒストリックカー | Comments(6)

ピッコラマッキナシリーズ製作

ここのところバタバタして更新できませんでしたが、
ピッコラマッキナをたくさん作っていました。
昨日1件納品が出来ました。

まず最近話題のnew FIAT500
f0179073_1149359.jpg

正確にはnuova-nuova500(newnew500)っていうべきなのかな?
誰が見てもフィアット500。かわいらしいですね。

アルファロメオSZ(ES30)
f0179073_11492611.jpg

Mostoro(怪物)とも呼ばれていましたね。
昔にもSZと呼ばれるモデルがありましたが、デザイン的には何の関係もなし。
かっこいいということだけが共通点かな?
(両方持っているうらやましい友人もいますが)

フェラーリ328GTB
f0179073_11494648.jpg
この時代のピニンファリーナは色っぽいですね。
友人のGTSをちょっと運転したことがありますが、「グランツーリスモ」って感じでしたね。

アルファロメオ147
f0179073_11501082.jpg

5ドア版です。
我が家のアシとして活躍している145の後継車。
ウチも次はこれあたりがいいのかな。ドア4枚は便利そう。
確か左マニュアルがあったはずですが・・・

ジュリアGTAグリルリング
f0179073_11502878.jpg

いわずと知れたGTAのグリルを模したリング。
地金をたっぷり使って贅沢な感じで仕上げています。
ちゃんと透かしになっているんですよ。

エンブレムタイピン&カフス
f0179073_11504736.jpg

ミラノ市章で、ヴィスコンティ家の紋章でもある十字架と人を飲み込む大蛇。
それを使ったタイピンとカフス。 夏らしくラバーを使ったチョーカーにも。
f0179073_1151570.jpg



f0179073_11513434.jpg
これらをまとめて納品しました。
まだもう1件受注があるのですが、とりあえず一段落。

今日の夕方から岡山国際サーキットに出かけます。
あす開催のアルファロメオチャレンジ第3戦に参加してきます。
暑いだろうけれど頑張ってきます。
[PR]

  by studio_argento | 2008-07-20 12:08 | シルバーアクセサリー | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE