タグ:リング ( 22 ) タグの人気記事

 

午年

明けましておめでとうございます。
相変わらずのスローなブログですが今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年は午年。 
昨年末にまさに今年にちなんだようなジュエリーの制作をさせていただきました。


I様はクルマ好きということで以前から親しくしていただいていたのですが、
昨秋、奥様と一緒にご来店いただきリングのオーダーメイドのご相談をいただきました。

聞けば奥様は20年以上も欲しいデザインのリングがあったそうで、
今まで自分のイメージに合うそれに出会えたことがなかったとのこと。
そこで結婚25周年の年に記念の意味もこめて当店にオーダーしてくださいました。

話の流れからもうおわかりだと思いますが、ご希望は「馬」のリング。
奥様のイメージを探るべく何度も打ち合わせをしたり、I様がパソコンで
イメージ写真を制作してくださったりして、それをもとにデザインを練っていきました。
クレイでのモデル製作やワックス原型の作り直し、手直し等を経て
f0179073_11333944.jpg
f0179073_11335526.jpg
出来上がったのが




f0179073_11202139.jpg
f0179073_11311531.jpg
f0179073_11305962.jpg
指に対して少し斜めに向いた顔、たてがみの量感、左頬にかかった尾とその毛並み、優しい表情、耳の向きなど奥様のこだわりをひとつひとつカタチにしました。左の人差し指に付けたときに馬の鼻筋を優しくなでてあげられるような、そんな雰囲気です。
f0179073_11304345.jpg
高さを抑えるために頬骨より下は指に埋まってる感じですね。 
f0179073_11302850.jpg
f0179073_11301486.jpg
f0179073_1129471.jpg
f0179073_11293212.jpg
f0179073_113253.jpg

馬に詳しい方ならお分かりだと思いますが、実はこの耳の向きは怒っているときや
全力疾走している時のもの。(全力疾走時はさらに鼻の穴が大きく開いています。)
普段は耳が立っているものなのですが、かなり高さのあるリングなので奥様のご希望で
この向きとしました。

リングの内側には25周年を表わすギリシャ数字とイニシャルを彫刻。
f0179073_11314245.jpg

指の腹に当たる部分に平らなところを設けて、外したときにきちんと自立するようになっています。

完成まで数カ月かかりましたがなんとか年が変わる前にお納めさせていただきました。
奥様が喜んでおられた様子を後日I様より聴かせていただいて、
20数年来のご希望をかなえることができてこちらも嬉しい仕事でしたね。

制作にあたり、沢山の資料写真を集めたりしたのですが
一番参考になったのはやはり生きた馬でした。
寒い中鉄馬に乗って大山のライディングパークまでいったかいがありましたね。
鉄馬でっていうのは単なる自己満足なんですけどね。 馬への敬意というか。 笑)

午年の今年、あの美しい生き物のように華麗に駆け抜けていきたいものです。
[PR]

  by studio_argento | 2014-01-06 11:44 | ジュエリー | Comments(2)

Li anelli dolce   ~甘い指輪~

そのカップルは新郎となる男性が関東にお住まいでした。
式の予定日のかなり前から帰省のたびにご来店いただき、
何度も相談しておふたりのこだわりをリングにデザインしていきました。

そして無事リングが完成。 仕上がりにも御満足いただけました。
f0179073_194588.jpg
f0179073_1943326.jpg
f0179073_1945048.jpg

数日後、新婦となる女性が来店され「リングのデザインのデッサンが欲しい」とのこと。
ラフスケッチで話を進めていたので、あらためて最終段階のデザインを描きなおしてお渡ししました。

式のあと、しばらくしてから一通のメールが式場から届きました。
添付してあった写真を見ると
f0179073_1952674.jpg
f0179073_195408.jpg
f0179073_1955180.jpg
f0179073_19607.jpg

ウェディングケーキの上に結婚指輪のデザインで作られた飾りが。

なんでもおふたりの指輪への思い入れが強く、ケーキの飾りにそれを形作ってほしいとパティシエにオーダーしたそうです。
デッサンはパティシエにデザインを伝えるためだったのですね。

頼まれたほうも驚いたかもしれませんが、その写真を見た私も驚きました。
そしてとても嬉しくなりました。
ここまで愛してもらえるリングを創るお手伝いが出来たのですから。

ケーキの上のリングは式の日のおふたりと同じくらい「甘い指輪」だったのでしょうね。
[PR]

  by studio_argento | 2011-11-09 19:07 | ブライダル | Comments(0)

Buco della chiave 

ある日一本の電話をいただきました。
「ある人からご紹介いただいたのですが、結婚指輪のオーダーができるとか」
「そうですね。ご希望のデザインで制作可能です。 デザインの相談から始めるのですぐには出来上がりませんが、そのぶんおふたりだけのオリジナルのものが出来上がります。
制作にあたって何度かお会いしてお話ししながらデザインを決めていくのが一般的です。
場合によってはメールなどでの打ち合わせも可能ですが。」
「そうですか。 それではこれから相談にうかがってもかまいませんか?」
「いいですよ。ご来店お待ちしています。 松江近辺の方ですか?」
「いえ、大阪です。」

「ああ、大阪ね」
f0179073_1584559.jpg
f0179073_1594675.jpg
f0179073_15101421.jpg
f0179073_15122650.jpg




・・・・・・





「えええ~!! 大阪ですか!? これからお越しになるのですか??」
「ハイ、クルマで行きます。では。」






数時間後、ご来店いただきました。
大阪の知人に紹介いただいたその方はすでにお相手と同居中。
一刻も早くリングが欲しい、でも既製品ではなくオリジナルのものを
お相手には内緒で作りたいとのことでご来店いただいたのでした。

相談した結果作りあげたリングが
f0179073_1515020.jpg
f0179073_1532291.jpg

シンプルで優しいカーブを描くリングの表面にはお互いのイニシャルを彫り込んであります。
そしてその文字をつなぐ部分には鍵穴のデザイン。
f0179073_1522485.jpg
これはお名前にちなんだデザインでもあります。
女性のリングのほうにはピンクサファイアが留めてあります。
男性のリングには内側にダイヤモンドを。
f0179073_158998.jpg


大阪から、ごく近所の店にでも行くようにお越しになったのですが
往復500キロは大変だったと思います。
でもそれを苦にもせずオリジナルのリングをプレゼントしたい。
お相手を想う気持ちの表れですね。
もちろん出来上がったリングにはご満足いただけました。

これから2人のキーでどんな明日の扉を開けていくのでしょうか。
おしあわせに。

Hさん、ご紹介いただきありがとうございました。
おかげでまた嬉しい仕事がひとつできました。
ちょっとびっくりしましたけどね。 笑)
[PR]

  by studio_argento | 2011-10-01 15:16 | ブライダル | Comments(4)

水の流れ

大分県竹田市に白水溜池堰堤(白水ダム)というダムがあります。
f0179073_1210415.jpg

日本で一番美しいダムともいわれ、CMでも使われたことがあるそうです。
f0179073_12102192.jpg







1年前にご来店いただいたご夫婦。
今年迎える結婚20周年の記念リングの制作依頼でのご来店だったのですが、
そのデザインモチーフとして希望されたのがこのダムを流れる水でした。

f0179073_12103955.jpg


水の流れに地球上を巡る水の循環をイメージして人生に重ね合わせ、
また計算して配置された敷石の上をはじけるように流れる水の景色に
人工物(人間)と自然との「協調」を感じてのご希望でした。



途中、春にはお嬢様の進学祝いのジュエリー制作などをさせていただきながら
時間をかけてじっくりとデザインを練っていき、そうしてこの夏に出来上がったのが


f0179073_12112699.jpg
2本を重ねて水の流れを表現しています。

f0179073_12155724.jpg
一周ぐるりと施されたデザインは水の循環を思わせます。




ご夫婦で同じサイズだったのでまず一周を同じ数で分割。
f0179073_12114976.jpg

それぞれの上下に曲線部分を付けて流れをイメージ。
f0179073_12121816.jpg

境界部に段差を付けて立体的に表現。
f0179073_12124219.jpg

さらに上下で段差を入れ替えて面にねじれを付け、
敷石に跳ねあげられてまた下に潜り込んでいく水の動きを表現してみました。

重ねた2本をずらすことによって流れの表情に変化が現れます。
f0179073_1213862.jpg
f0179073_12132297.jpg

f0179073_12134960.jpg
内側には葉の上にダイヤを乗せた四つ葉のデザインと
「いつも一緒に」との思いを込めたご主人からのメッセージを。
f0179073_12184073.jpg

アニバーサリーイヤーのうちにお納めできました。

「いそぎませんから」と言っていただいてはいましたが、
1年もお待たせしてしまって恐縮です。

今回のデザインは難しくて、なかなか「これ」といったものが出てこなかったのですが
最終的にはお客様からも「希望通りのものになりました」とお褒めいただき、
また私も満足のいくものが出来上がりました。
努力が報われましたね。
 
またひとつ嬉しい想い出を、そして次への力をいただいた仕事でした。
[PR]

  by studio_argento | 2011-09-06 12:25 | ジュエリー | Comments(4)

べゼル

また2輪ネタかと思った人もいませんか?
「ベゼル」です。 「べベル」じゃないですよ。 笑)

ベゼルと聞いて普通思い浮かべるのはコレでしょうね。(時計好きだけかな?)
f0179073_13312315.jpg

あるものを取り巻くバンド状のものの呼称のようです。



日本語で言うと「覆輪」。
甲冑や刀剣の縁を包んで傷みを防止するための金属の帯です。
彫りなどの装飾がされていることが多いですね。
f0179073_13315225.jpg
鉄地銀覆輪菊図鐔

他にも着物の袖口や植物にその名を使われるようです。
f0179073_13322235.jpg
富貴欄 織姫覆輪




さて、ここでいうベゼルは地金に宝石を留める方法を言います。
宝石のセッティング方法にはさまざまなものがありますが、ベゼルセッティング
あるいは覆輪留めというのは宝石の周りをバンド状の地金で取り巻いて、
その縁を宝石の上に倒しこんで「かしめる」留め方です。

利点としては
 全周を地金で取り巻くのでもろい石が欠けるのを防げる
 爪がないので小さな出っ張りがなく引っかかりにくい
欠点としては
 石の上に地金が被さるので石が小さく見えてしまう

といった特徴があります。

さて、先日書いたダイヤモンドのリフォームですが、お客様のご要望が
「出っ張りが少なくて引っかからない、普段使いやすいリング」
とのことでしたので今回は覆輪留めでデザインを考えました。
f0179073_1342273.jpg

大きいほうのダイヤは1カラット以上ありますので、その大きさを大事にして
石に被さる地金を極力少なく仕上げました。
f0179073_13422449.jpg
f0179073_13424764.jpg
ダイヤの配置にリズム感を持たせ、どちらを上にしても面白いデザインに。 細い腕も特徴です。

当初のリングでは「いらな~い」と言っていたというお客様のお嬢様も
これならきっと欲しがってくれることでしょう。
リフォームは宝石が受け継がれていくお手伝いにもなると思いますね。





そうそう、覆輪といえば、LeMansの鍵にお守りを付けました。
f0179073_13342630.jpg

2輪の大先輩で鳥取に住むグッチマニア、Mさんからいただいたコイン。
シルバーでベゼルを作ってキーホルダーに通しました。
f0179073_13344123.jpg
f0179073_13345355.jpg
 バイカーの聖地、マン島のコインですからきっと護ってくれることでしょう。





あ、結局2輪ネタになってしまった・・・・汗)
[PR]

  by studio_argento | 2011-08-11 13:54 | ジュエリー | Comments(17)

一難去ってまた一難

といってもこの場合、「難しい仕事」って意味です。 笑)

例年1月から3月ぐらいまでは仕事が少なく、暇なことが多いのですが
今年は少し様子が違っています。
ありがたいことにいろいろな仕事をご依頼いただいてかなり忙しく過ごしているのです。

その仕事の中のひとつで昨年末から手掛けていた「難しい」オーダーがやっと出来上がりました。
このリングです。
f0179073_14212870.jpg

f0179073_14215116.jpg
これは私自身のデザインではないのですが、ご依頼いただいたお客様は強いこだわりを持った方で、どうしてもこのデザインで「私に」製作してほしいとのことでした。

一度は様々な理由からお断りしたのですが、どうしても諦めきれないとのことでしたので
その思いにこたえるべく製作することにしました。

現物を横に見ながら作ることもできず、お預かりした数枚の写真と、製作途中での数回の打ち合わせだけでご本人のイメージするものに近付けるのはなかなか大変でしたが、なんとか私なりの形になりました。

今週末には引き渡しです。(もうご本人は写真を見てらっしゃるので掲載しても問題ないでしょう)
喜んでいただけるといいのですが。



「一難(笑)」は去ったのですが、またすぐ次の難しい仕事が待っています。
時間的に厳しいものや、今までにないほど気を使わなければならない仕事など
それぞれハードルが高いものばかりです。  ふ~・・・汗)
f0179073_1424467.jpg

ひとつづつ着実に仕上げて喜んでいただきたいですね。
お客様の笑顔が何よりのエネルギー源ですから。

また、今日はひとつウェディングリングを納めました。
ふたりの笑顔を描いたイラストを刻印したリング。
f0179073_14223271.jpg

イラスト通り満面の笑みで受け取っていただけました。
おかげでこちらも充電完了。 次に向けて力が湧いてきました。
[PR]

  by studio_argento | 2011-02-15 14:28 | ジュエリー | Comments(2)

オパールのリング ~リフォーム~

オパールのリングをリフォームしました。

オパールという宝石はとかく年配の人というイメージがあるようですが、
それはデザインが古いジュエリーばかりご覧になっているからかもしれません。

今回のリフォームも、もとは古いデザインのリングでした。
ご依頼主のお母様が大事になさっていたリング、それをご本人のために作り替えました。

ご希望はシンプルで普段使えるもの、指が長く見えるデザインとのこと。
2度のプレゼンでデザインが決まりました。
f0179073_1613342.jpg

f0179073_16133031.jpg
リズム感のある腕が軽快に指の上でループしています。
オパールは中央から少しずらして変化を持たせています。
f0179073_16142480.jpg
f0179073_1614383.jpg

普段使いですのでメレダイヤなどは留めずにスッキリと仕上げました。
オパールの表面には少しシミがありますが、
この場合その宝石に対するご本人の想いのほうが宝石の市場価値に勝りますね。


出来上がって指にはめていただいた時の嬉しそうなお顔は
やはりこの仕事をしていて良かったなと思える一瞬であり、
次の仕事へのエネルギーですね。
[PR]

  by studio_argento | 2010-08-10 16:19 | ジュエリー | Comments(0)

カスタマイズ

クルマやバイクを好きな人にとって「カスタマイズ」という言葉はもう馴染みがあるものと思います。

メーカーから出荷されたクルマやバイクを好みにドレスアップや改造することで(もちろん違法にならないように)世界に1台の自分のマシンを作りだそうとすることを言います。

「カフェレーサー」などと呼ばれるスタイルは今でもちょっと旧い欧州車やクラシックスタイルのバイクに人気がありますし、トコロさんの世田谷ガレージなどで紹介されるアメリカンスタイルのカスタムもまたポピュラーですね。

さて、今回はシルバーアクセサリーのカスタムと言える仕事をご紹介しましょう。
お客様のご主人は今山梨県甲府市に単身赴任中。
甲府と言えば宝飾産業の街。 
もともと宝石が好きなその方はそこでご主人用にとラウンドカットされた水晶を買い求められました。
その水晶は、かなり昔にカットされたもので、戦中は難を避けるため土中に埋められ終戦後に掘り起こされたものだとのこと。 少なくとも80年以上前にカットされたもののようです。

その水晶と市販のリングを持ってご来店されたお客様のご希望は
デザインが気に入っているそのリングの石をはずして水晶を入れてほしいというものでした。
f0179073_13573848.jpg
まずは「覆輪」と呼ばれる部分を切ってムーンストーンを取りはずし
f0179073_13575828.jpg
石が納まっていた「石座」の部分を削り落します
f0179073_13581668.jpg
削った跡はきれいに仕上げておきます
f0179073_135833100.jpg
ロストワックス法で製作することにしたので、ワックスで水晶の石座を作ります
f0179073_1358508.jpg
石が納まることを確認して
f0179073_1359778.jpg
シルバーで鋳造します
f0179073_13592574.jpg
これを元のリングに入るよう調整して
f0179073_13594698.jpg
磨いて仕上げた後リングとロウ付けします。 
水晶を元のリングと同じように覆輪留めで留めて完成です
f0179073_140798.jpg
f0179073_1402791.jpg
もともとそうであったかのようにリングのデザインに溶け込みました。
奥様の思いや、長い歴史を持つこの石のパワーがご主人に伝わるように、水晶のキューレット(下の尖った部分)がかすかに指に触れるようにしてあります。
もちろん痛くない程度にですが。

リフォームのご依頼をいただくとき、多くは石を再利用して地金部分は新たに作り直します。
そういう意味では元のリングをベースに作り替えた今回のご依頼はカスタマイズと呼べるのではないかと思うのです。
地金の種類や処理方法によっては不可能な場合もありますし、多少のリスクを覚悟していただく場合もありますが、アクセサリーのカスタマイズというのも面白いのではないでしょうか。
[PR]

  by studio_argento | 2010-03-25 14:41 | シルバーアクセサリー | Comments(2)

ちいさなお客様

2月半ばのある日曜日にはるばる大阪からちいさなお客様がおみえになりました。
小学生の彼のご希望はお母様へのプレゼントのリング。

実は少し前にお父様から、お誕生日と結婚記念日のお祝いに息子さんがお母様(奥様)にプレゼントをするというので力を貸してやってほしいとメールをいただいていて、この日父子でご来店いただいたのでした。

お父様(と言っても私より年下ですが 汗)は大阪でカフェを営業しておられるのですが、イタリア車好きのそのブログは以前から拝見していて、一度おじゃましてみたいと思っていたところでした。
奈良の帰りに寄ろうと思ったのですが・・・)

車談義になるのを我慢しながら、息子さんとプレゼントするリングのデザインについてお話をしました。
出来るだけわかりやすく、簡単なスケッチを描きながらご相談して決めていただきました。
それを元に製作したのですが、その過程を依頼主さんにも見ていただくことにしましょう。

まず、デザインから製作方法を決定します。
今回はワックスで原型を作ってそれを金属に置き換える、ロストワックス法で作ることにしました。
チューブ状のワックスを鋸で切り出します。
f0179073_15552494.jpg
f0179073_15553897.jpg
希望のサイズになるようにリーマーという工具でその内側を削ります。
f0179073_15561187.jpg
 
f0179073_16154582.jpg
サイズは10号、ゲージに入れて確認します。
f0179073_1621275.jpg
横の面をヤスリで削って平らにし
f0179073_163911.jpg
余分な厚みも鋸でカットしてそのあとヤスリや彫刻刀で形を整えていきます
f0179073_1634963.jpg
f0179073_1641411.jpg
f0179073_1653987.jpg
f0179073_16114512.jpg
サンドペーパーで表面をきれいにしておきます。
f0179073_1612863.jpg
f0179073_16122975.jpg
次は指輪の上に乗る部分。ワックスをカットして正方形を作り、
ガイドになる線を入れて彫刻刀で少しづつ削っていきます。
f0179073_16134066.jpg
f0179073_16135654.jpg
f0179073_16141279.jpg
f0179073_16143012.jpg
f0179073_16145112.jpg
形が決まったらふっくらした感じを出すように凹みや丸みをつけていきます。
f0179073_1617324.jpg
f0179073_16172487.jpg
リングの部分に乗せてバランスを見ます。
先にリング部分を作ったのは全体の大きさのバランスを確認しながら作りたかったからです。
f0179073_1617505.jpg
OKだったので指輪とくっつく部分を四角くのこして四つ葉の裏側を削って薄くします。
f0179073_16181547.jpg
ここも何度もリングに乗せてみてバランスを確認しながら削ります。
f0179073_16263650.jpg
f0179073_16223761.jpg
リングも四つ葉も出来上がったので次は言葉を彫りこみます。
f0179073_1623167.jpg
サインペンで下書きをして、リングの内側にはひらがなで「おかあさんへ」と息子さんのお名前。
f0179073_1630128.jpg
四つ葉の裏側にはそれぞれのお名前をローマ字で彫りこみました。
f0179073_16242115.jpg
彫りこんだらいよいよリングと四つ葉をドッキング。熱でとかしたワックスを流し込んでくっつけます。
f0179073_1628187.jpg
f0179073_16282520.jpg
そして最後にお父様のご希望で、四つ葉に茎をつけます。
f0179073_1631597.jpg
茎は指輪になったときに何かに引っかからないように端をリングにつなげておきます。
f0179073_16313735.jpg
f0179073_16331038.jpg
これでワックス原型の出来上がり。
f0179073_16333687.jpg
これを耐熱性の石膏型に埋め込んで
f0179073_16354179.jpg
固まったら電気炉で加熱(700℃ぐらい)して
f0179073_1636817.jpg
ワックスをとかし、できた空間に熔かした金属を流し込みます。
冷えたら型を壊して取り出し、磨きます。ホワイトゴールドの場合は仕上げにメッキに出します。


そして出来上がったのが
f0179073_16365863.jpg
f0179073_16372380.jpg
f0179073_16375168.jpg
f0179073_16383313.jpg

長くなってしまいましたが、Rくん、あの指輪はこんなふうに作られたんですよ。
おかあさんは喜んでくれましたか?

かわいいお客様からのご依頼は、こちらもハッピーになる素敵な仕事でした。
[PR]

  by studio_argento | 2010-03-13 16:45 | ジュエリー | Comments(7)

リプロダクト2

そのお客様は、昔自分が持っていたリングを同じデザインで作ってほしいとご来店されました。

お話をうかがってみると、それはあるブランドのリングなのだけれども現在は販売されていなくて
あちこち探してみたけれどみつけることができなかったそうです。

参考になる写真もお持ちではありませんでしたし、WEBで検索してみてもそれらしい画像はみつかりませんでした。
そこでお客様の記憶からデザインを推定してワックス原型を削り出しました。
これをお見せして形とサイズを確認していただきました。
少しの手直しが必要でしたがおおむねOKが出て、ロストワックスでシルバーに置き換え。
研磨して出来上がったリングがこちら。
f0179073_13324227.jpg
f0179073_1333833.jpg
f0179073_13332994.jpg

2つの楕円が指の表裏で直角にクロスするリングです。
左右どちらからでも指を通せますが、内側の形に工夫をして
一方向からはめるようにデザインしてあります(違う方向からでも入りますが)から
指へのあたりが柔らかくてよくフィットします。

私自身は当時のリングを知らなかったので少し不安もあったのですが
出来上がりにはとても満足していただけた様子。
お客様の記憶のなかにだけあったリングを現実のものにするお手伝いができた、うれしい仕事でした。
[PR]

  by studio_argento | 2010-01-14 13:44 | シルバーアクセサリー | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE