タグ:ブライダル ( 30 ) タグの人気記事

 

結婚指輪~デザインの違う2本

結婚指輪というとお2人でペアのリングというのが一般的ですね。

でもそれは誰が決めたことでも、もちろん法的に決められていることでもありません。
お2人で好みのデザインが違ったり、体格や指の太さで似合うもの似合わないものがあったりします。
基本的にずっと左の薬指につけられている結婚指輪ですから、自分の気に入ったデザインでという方もいらっしゃいます。

今回はそんな一例です。
f0179073_1561781.jpg

男性用には平打ちというバンドタイプのリングを、女性用は甲丸と呼ばれる断面がカマボコ型のリングを作りました。
男性用は幅があり、直線基調でシャープなデザイン。
ラインの下半分はヘアライン仕上げでつや消しになっています。
女性用は細身で、全体がカーブした柔らかなデザインです。

内側に入れる刻印はお2人に意味のあるものになっていますが、ただそれだけではちょっと物足りません。
今回はそれぞれに斜めのラインを入れて、デザイン上の共通点をとりました。

正面から見たときに男性用は一周入った溝が、女性用は面取りになっている峰の部分がそれぞれ斜めのラインを表現しています。
f0179073_1563784.jpg


それぞれに好みのデザインの指輪を手にされたお2人はとても満足そうでした。
せっかくの結婚指輪なのに別々のデザイン・・・と思われるかもしれませんが、
いくつか共通点を作ることによってお2人にとってはペアのリングになるのだと思います。

柔軟な発想をすれば、2人の記念でありまた自分のためでもあるリングを作ることができますね。
[PR]

  by studio_argento | 2008-10-25 15:08 | ブライダル | Comments(0)

オーダーメイドの結婚指輪~デザインのヒント

先日お納めしたウェディングリングです。
f0179073_1859234.jpg


特徴的な面の構成で、角度によってそれぞれの面が光るので存在感があります。
リング全体は柔らかくカーブしていて、2本を重ねるとぴたりと合わさるようになっています。
各面の稜線はやや丸めて仕上げてありますので、デザインのわりにあまりゴツイ感じになっていません。
また、新婦のリングのほうにはひとつの面にメレダイヤを留めてあり、女性らしさを出しています。
f0179073_18592578.jpg


当初お客様がいらっしゃったときには具体的なデザインの希望をお持ちではありませんでした。
初回はどのような方法で作るかとか、過去のデザインの説明をしました。
ご自分達のイメージに近いものや、デザインのヒントになるものがあればお持ちいただけたら
それをベースにアレンジできますともお伝えしました。

次にご来店されたときにご希望のデザインのヒントになるものを持ってこられました。
それがこれ。
f0179073_1904072.jpg

この面の構成がイメージに近いとのことで、それをもとにして製作することになりました。

チューブ状のハードワックスで原型を作ってお見せして、完成後のイメージをしていただきます。
今回は2パターン製作して良いほうを選んでいただきました。

具体的な形のイメージがあったことと、ワックスでの完成形の確認が出来ていたので
出来上がったものはとてもきにいっていただけました。

今回のケースは別にペットボトルをテーマに作ったわけではありません。
お客様の頭の中にあるイメージを私に伝えていただくための「ことば」として使ったのです。

人の頭の中にあるイメージは口ではなかなか伝えられません。
伝わったつもりでもそれぞれの受け取り方で誤差が出ます。
それを小さくするために、できるだけお客様のイメージに近い形を探し出して
製作するようにしています。
それがイラストだったり、写真だったり。 いろいろなパターンがありますね。

その作業は結構大変なこともあるのですが、お2人にとって大切なリングを作り上げていく
お手伝いをさせていただくという喜びでもあります。
[PR]

  by studio_argento | 2008-10-17 19:14 | ブライダル | Comments(2)

共に歩こう

先日納品したブライダルリング。
以前作ったものと同じシャンパンゴールドの合金で製作しました。
お2人のサイズの差が大きくてぴったりと重ね合わせることは出来ませんが、
1ヶ所、2本をあわせたときにハートのイメージが見えるようにデザインしました。
f0179073_14155723.jpg

このリングは以前製作したエンゲージリングとのセットになります。
カーブをあわせてありますので重ね付けしたときに自然に見えます。
色が違うのでコンビネーションリングのように見えるでしょうね。
(一緒の写真を撮りそびれました)
3本あわせて2つのハートモチーフのあるリングになりました。


そして内側の刻印は、
f0179073_1418425.jpg

「共に歩こう」という意味のイタリア語。
イタリア語だからほかの人にはわかりにくいでしょうね。 
でもそれが2人だけの絆になると思います。
ずっと仲良く「共に歩いて」いってくださいね。

*友人のイタリア人に確認を取ったのでへんなイタリア語にはなってません  笑)
[PR]

  by studio_argento | 2008-08-20 14:27 | ブライダル | Comments(0)

シャンパンゴールド色の結婚指輪

雑事に忙殺されて更新がままなりませんが、仕事は進んでいます。

先週末は結婚指輪を納品しました。
シンプルで細身のデザイン。
f0179073_1354095.jpg

2本を重ねるとお二人それぞれのイニシャルが現れるようになっています。
f0179073_13541379.jpg


今回使った金属はちょっと特殊なもので、色合いが普通の18金のゴールドと比べてうすく、
シャンパンゴールドといった感じのものです。
金の品位としては約16金(70%)と少し低いのですが、普通の金合金には銀や銅が混ぜられているのに比べ、プラチナやパラジウムが入っていて非常に強度が高くなっています。
もちろんきちんとした貴金属会社が作っているものですので成分にまちがいはありません。

高強度なので細いデザインで作っても変形することなく、また表面に傷もつきにくいので
軽く磨くだけですぐに元のようなツヤが戻ってきます。

私自身の結婚指輪もこの金属ですが、肌の色にもよくなじむので自然でいい感じです。
趣味の車いじりをしてもまったく変形もなく、15年間きれいに使っています。

近々もう一組、この金属で製作する予定です。

ちょっと変わったリングをご希望の方、いかがでしょうか?
[PR]

  by studio_argento | 2008-08-06 13:59 | ブライダル | Comments(0)

エンゲージリング製作過程 ファイナル

リングの腕の向かって右部分にはハート型の面取りを施します。
ヤスリで慎重に削ってから磨いておきます。
その後石座と腕をロウ付。
f0179073_9484196.jpg

これでリングの完成です。
ハート型の面取りがわかるでしょうか?
f0179073_949373.jpg

最後に爪の長さや形を整えて、ダイヤを留めます。
f0179073_9493820.jpg

爪と石の間に隙間がないよう、石が傾いたりしないよう何度も確認しながら
爪を倒して留めていきます。
布製のバフに研磨剤をつけて全体を磨き上げ、ついに完成です。
f0179073_9501115.jpg

流れるようなラインの中にきれいなダイヤとハートのモチーフを取り込んだ婚約指輪です。
リングの部分は内側の縁を丸く仕上げて、柔らかな付け心地に仕上げてあります。
f0179073_9504221.jpg

結納前日の納品になってしまい少しあわただしかったのですが、
サイズもぴったりで、とても喜んでいただけました。
結婚式の日取りが決まったら、今度はこの指輪にあわせて結婚指輪のデザインをさせていただくことになっています。
どんなデザインになるか、今から楽しみです。

今回ご紹介したのはジュエリーの製作としては基本的な技術です。
ほかにもさまざまな技術、技法があります。
場合によっては私の工房では出来ない技術もあります。
その場合は専門の加工屋さんにお願いしたりして協力してもらっています。

これらを積み重ねて、もっと複雑なものや高度なものを作っていくのです。
といっても基本の部分をきちんとしておかないといいものはできないのですけれど。

*ブライダルリングつながりでlancistaさんにトラックバック
[PR]

  by studio_argento | 2008-07-01 09:53 | ジュエリー | Comments(1)

エンゲージリング製作過程

ロウ付したらこんどはヤスリで形を整えていきます。
f0179073_9185939.jpg

粗い目のもので大まかな形を削り出し、徐々に細目のものをかけて傷を取っていきます。
石座を置いてバランスを見ながら作業します。
f0179073_9201352.jpg

おおよその形が出来たら、内側に刻印を打っておきます。
f0179073_9202832.jpg

今回はダイヤの石目(カラット数)と素材(Pt900)を入れています。


極細目のヤスリまでかけたら磨きに入ります。
サンドペーパーやヘラという道具などいろいろ使ってツヤを出していきます。
地味な作業が続きますが、それぞれのステップをきちんとしておかないと下の傷が消えません。
f0179073_9205766.jpg

まだ磨き足りないですね。もうちょっと頑張りましょう。
f0179073_9213440.jpg
ダイヤを置いた石座と組み合わせると、完成がイメージできますね。
[PR]

  by studio_argento | 2008-06-29 09:24 | ジュエリー | Comments(2)

エンゲージリング製作過程&フェラーリF512M

エンゲージリングは腕の部分を作っていきます
出来上がりのカーブを考えながら地金を曲げて、サイズに合わせて必要な長さに切ります。
不要な部分をマークしておいて
f0179073_18224278.jpg

ヤスリで削っておきます。
f0179073_1823328.jpg

それを芯金という道具に巻きつけるように曲げて丸くします。
f0179073_18233352.jpg

サイズが合っていることを確認しておきます。
f0179073_18244368.jpg

その後、接点をロウ付しておきます。



一方フェラーリF512Mのほうはというと
スジ彫りとボディの形とのバランスをとりながら徐々に細部を作りこんでいきます。
タイヤハウスのオープニングも削ります。
f0179073_18252332.jpg

かなりそれらしくなりました。

満足いく形になったらライトを入れます。
ライトは最後に入れることが多いです。仏像の開眼みたいな気持ちでしょうか? 笑)
別に作っておいたタイヤをくっつけて出来上がり。
f0179073_18363347.jpg

どうでしょう?
f0179073_18364962.jpg

これを原型にシリコン型を作りますが、今回はもうひと手間。
このままムクで金属にするとすごく重くなってしまうので、裏側を削って薄くしておきます。
鋳造後、銀板で蓋をロウ付します。
[PR]

  by studio_argento | 2008-06-27 18:49 | ジュエリー | Comments(0)

エンゲージリング製作過程

エンゲージリング製作の続きです。
石座にダイヤを留めるための爪を付けていくのですが、その前に爪用の丸線を作ります。
f0179073_13272857.jpg

ローラーで角線を作っておいて、線引き板という道具を使って丸線にしていきます。
いろいろなサイズの穴が開いていて、希望のサイズになるまで少しずつ小さい穴を通していきます。
出来上がった丸線はヤスリで面取りをしておいて、石座に一本づつロウ付していきます。
f0179073_1328171.jpg

今回の爪の数は6本。バランスよく割り付けるのはなかなか難しいですね。

6本ロウ付し終えました
f0179073_13285093.jpg

その後爪の間の石座部分を三日月形に削っていきます。
削った部分と爪の下部を磨いて仕上げます。
f0179073_13292184.jpg

こうすると上から見たときに石座がほとんど見えませんし、三日月の部分に光が反射してダイヤがよりきれいに見えるのです。
f0179073_13294683.jpg
三日月の部分に景色が写りこんでいるのがわかるでしょうか?
これで石座のパーツは完成です。
次は指輪の腕(リング)の部分の作成です。
[PR]

  by studio_argento | 2008-06-26 13:36 | ジュエリー | Comments(0)

エンゲージリング完成&フェラーリ

先日より製作していたエンゲージリングが完成しました。
あすにはお客様にお渡しできると思います。
許可がいただけたら製作過程をアップしようかなと思っています。
f0179073_20411232.jpg


一昨日作っていた猛獣はちょっと中休み。
外注加工が必要なので、外注先との打ち合わせに入ります。

次にはじめたのは
f0179073_20414536.jpg

フェラーリF512M。(写真はテスタロッサですけど)
ピッコラマッキナシリーズなんですが、通常よりちょっとグランデ(大きい)です。
お客様の希望で約1/130のサイズで製作します。(いつもは1/220ぐらい)
長さはいつもの2倍は無いのですが、体積でいうと4倍弱。
で、元になったワックスブロックがこれ。
f0179073_20424618.jpg

削る量も多くてけっこうたいへんです。  汗)
[PR]

  by studio_argento | 2008-06-20 20:46 | ジュエリー | Comments(0)

ダイヤモンドエンゲージリング for ジューンブライド(?)

昨夜は少し遅くまでお店を開けて、エンゲージリングのオーダーをいていただいているお客様と最終の打ち合わせでした。
f0179073_8522427.jpg

ジューンブライドとはちょっと違うけれど、今月中の結納です。
使うダイヤモンドはお客様の持ち込みですが、とてもきれいないい石です。
デザインは決定したので、あとは作るだけ。2~3日中にとりかかる予定ですが、
これをはじめると集中しないといけないので、ほかの仕事が進まなくなります。
今のうちにすこし片付けておかないと・・・
それにしてもいくらラフとはいえスケッチブックがきたないなぁ 汗)
[PR]

  by studio_argento | 2008-06-04 08:57 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE