タグ:ブライダル ( 30 ) タグの人気記事

 

リプロダクト

先日、今年初めにウェディングリングをオーダーしていただいたお客様が
奥様おひとりで来店されました。

お話をうかがってみると、ご主人のほうのリングが見えなくなってしまったとのこと。
どこに行ってしまったのかまったく分からないので
もし可能であればもう一度同じリングをつくれないものかと相談されました。
お作りしたものは2本のリングがぴったりとかなさり合い、大きなカーブを描く部分には
凹んだ部分が光のアクセントになっていたものでした。
f0179073_1441420.jpg


自分で作ったものですからもう一度作るのは可能です。
(手作りですから完全に同じものは無理ですけれど)
ただ、カーブを合わせるために奥様のリングを預かる必要がありました。
でも、奥様はこのリングをご主人へのクリスマスプレゼントにするので秘密にしたいとのことでした。
ですからこの指輪を何日もお預かりすることはできません。

そこでこの指輪のカーブを写し取りました。
具体的にはテーパー状の木の丸棒に薄い板状のソフトワックスを巻き、
リングを入れてそのカーブに合うようにワックスを切り取りました。

その日はそれでリングをお返しして、後日製作時にソフトワックスを開いてカーブを平面に写し取り
用意したプラチナ地金をそれに合わせて曲げました。

これを丸めるとほぼ希望通りのカーブを持ったリングができます。
もう一度ご来店いただき、数時間指輪をお預かりして荒削りのリングと奥様のリングをぴったりと合うように調整しました。

その後表面の凹みを入れて全体を磨き上げ、内側の下穴にペリドットを留めて完成しました。
もちろんはじめに作ったものと同じ刻印を入れてあります。
(画像は名前を消してあります)
f0179073_1452187.jpg
f0179073_146778.jpg


昨日か今日、このリングはご主人の指に収まっているはずです。
もとあったものと同じ形で、そして同じ、いやもっと深い奥様の想いとともに。
(奥様のおなかにはBabyが! 想いも1.5人分というところでしょう)
[PR]

  by studio_argento | 2009-12-25 14:08 | ジュエリー | Comments(0)

アニバーサリー

前職から転向して、この仕事を始めてからもう10年を裕に過ぎていました。
そうあらためて思い起こさせる仕事をさせていただいたのでご紹介します。

10年前の秋に挙式されたカップルがアニバーサリーリングのオーダーをくださったのです。
当時もそうだったのですが、80キロも離れた隣県の町からわざわざお越しいただきました。

10年つかっていただいたウェディングリングはこちら。
f0179073_18102565.jpg

金色に光る夕映えに浮かぶ雲のイメージです。
表面についたたくさんの傷が愛用していただいていることを思わせて嬉しくなります。
もちろん磨き直させていただきましたが、あえてすべての傷を消すほどは磨いていません。
それにしても10年前作ったものを今見るのはなんだか恥ずかしいですね。

そしてこのたび作らせていただいたアニバーサリーリングがこれ。
f0179073_18114391.jpg


ご主人がお小遣いをやりくりして奥様にプレゼントされました。
デザインのイメージは「黄道」 太陽の通り道です。
星座早見盤などに描かれていますよね。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、プラチナ製のリング表面を
斜めに一周する峰の上に10個のダイヤモンドが等間隔で留められています。
f0179073_18125269.jpg
f0179073_18131387.jpg
f0179073_18132912.jpg
f0179073_18134528.jpg


ウェディングリングと同じく、天体をイメージしたデザインをご希望されたので
ご提案したところ、とても気に入っていただけました。

奇しくも今年は皆既日食で盛り上がった年。
それを思い出すように内側に ECLIPSE YEAR の刻印も入れました。
f0179073_18141095.jpg


きっと何年たっても今年のことを、そして結婚当初のことを思い出していただけることでしょう。

私も初心を忘れず、喜んでいただけるものづくりを続けなければと
あらためて思わされたありがたい仕事でした。
[PR]

  by studio_argento | 2009-11-05 18:19 | ジュエリー | Comments(2)

7&1

今日ご紹介するウェディングリングのテーマは「7」と「1」。

結婚されるお二人の誕生日が年月日まで一緒とのことで、
その数字を使って作りたいとのご希望でした。

いろいろとご提案する中、あるひとつのアイデアをいただきました。
7を象徴する北斗七星と、1を象徴し、天空の中央にある北極星。
この二つをそれぞれのリングに入れるというものでした。
f0179073_1454373.jpg


そこで男性用のリングに北斗七星をドットで、女性用のリングにはダイヤで北極星を表しました。
f0179073_145626.jpg

お二人が向き合って左の手のひらを合わせて指を組んだときに北斗が北極星を指すように
デザインの向きにこだわって、新郎ご本人にドットの位置を指定していただきました。
ドットの大きさも星の等級にあわせて変えてあります。
f0179073_1457745.jpg


そしてリングの両脇には銀河をイメージさせる「地模様」を
f0179073_154968.jpg
内側にはルビーを留めました。
f0179073_14594694.jpg

男性用リングはストレートで、女性用はやわらかくカーブさせて作ってあります。
2本で一つのテーマを表すこのリングですから、形が違っていても不自然な感じはありませんね。
f0179073_14592486.jpg


このリングの製作に当たっては、ご両人の希望で刻印の打刻にも参加していただきました。
f0179073_1512350.jpg

相手のリングに自分の名前を入れて交換する、ケーキ入刀に先立つ二人の共同作業ですね。

オリジナルデザインで製作、そしてその一部に参加するとなれば
出来上がったリングは2人にとってかけがえのない絆になることでしょう。
そのお手伝いをさせていただくことはとても喜ばしいことですね。
[PR]

  by studio_argento | 2009-10-07 15:08 | ブライダル | Comments(0)

裏表のない

メビウスの輪というのをご存じでしょうか?

リボン状の紙の片方の端を180度ひねって(裏返して)反対の端と張り合わせて作った輪です。
このとき、中央に長手方向に線をひいていくと、リボンの表面すべてを通って元の位置に帰ってきます。  つまりくっつける前にはあった表と裏が無くなっているのです。

ドイツの数学者メビウスが発見したこの図形は工業や化学、デザインなど幅広い分野で利用されています。

今回ご紹介する結婚指輪は、そのメビウスの輪のイメージを取り込んだものです。
f0179073_14233370.jpg

ただ、普通断面が四角形(あるいはそのバリエーション)であるリングにこの性質を取り込むには
ちょっと考えないといけません。
リングには4つの面があるので、180度ひねると表裏と側面の2面ができてしまいます。
これでは一本の線ですべての面をつなぐことができませんね。
ですからひねりは90度か270度でないといけないことになります。
f0179073_14241444.jpg

デザイン的には90度が自然ですからそのデザインをリングの正面になる部分に入れました。
f0179073_14243391.jpg
左から右に向かって表面は上側面に、下側面は表面に移行していくのがおわかりでしょうか?
新婦のリングはひねりの他に全体に柔らかいカーブを持たせて女性らしさを表現しています。

ケースに収めて完成。
f0179073_142513100.jpg

これから始まる2人の人生にお互い表裏なく暮らしていけるよう誓いを込めたともいえる
デザインのリングが出来上がりました。
[PR]

  by studio_argento | 2009-09-15 14:29 | ブライダル | Comments(0)

夏のブライダルリング

この夏に挙式されたカップルのウェディングリングをご紹介しましょう。

最近人気のあるシャンパンゴールドのリングです。
それぞれに艶消しの部分と円が4つ集まったデザイン。
これは何を意味するのでしょう?
f0179073_10555541.jpg


実は新郎は造園を仕事にしてらっしゃいます。
それでご自身の好きな針葉樹のデザインを取り入れたいとのご希望でしたが、
ただ、新婦のほうにはあまりそれとわかるデザインを入れたくないとのことでした。

そこで2つのリングにまたがる大きな樹を艶消しで表現することにし、
なおかつそれを少しずらして、幹を新郎側にもっていきました。
これで新婦側のデザインはすぐには樹木とわからないものになりました。
f0179073_10575776.jpg
そして4つの円ですが、これは木の周りを飛ぶ蝶のイメージ。
なおかつお二人の挙式の日をあらわしています。 そう、8月8日ですね。
新婦側にはダイヤモンドを留めて華やかに、新郎側は中央を凹ませて印象づけています。

新婦のデザインは波間を飛ぶ蝶のようにも見えますね。

挙式の日付が表に表わされたので、普通は年月日を入れる内側の刻印は年号だけ。
その他にハートで挟んだお二人のイニシャルと、「永遠の愛」を意味するイタリア語をいれました。
f0179073_1059126.jpg
f0179073_10593160.jpg


このデザインは新郎のご希望を主に聞いて仕上げたものですが、
相談している横でニコニコしながらうなずく新婦のやさしい笑顔がとても印象的でした。
[PR]

  by studio_argento | 2009-09-02 11:03 | ブライダル | Comments(2)

裏に凝る 2

先日紹介したリングに続いてもうひと組、内側にこだわりを持ったリングをご紹介しましょう。

f0179073_12581816.jpg
男女で地金の種類を変えたウェディングリングです。
男性用はプラチナ、女性用はシャンパンゴールドの金合金、
正面部分に四つ葉をイメージしたデザインがありますが、全体に細く、シンプルなリングです。
f0179073_12585717.jpg


さて、このリングの内側はというと・・・
f0179073_12592514.jpg
赤いラインが入っています。
もちろん2人を結びつける「赤い糸」ですね。
そしてこのライン、2本合わせるとハートのモチーフが現れます。
シンプルながら、運命の赤い糸、ハート、幸せのクローバーと
ハッピーなモチーフ満載のリングになりました。

今回はお二人の強い希望でデザインが決まりました。

こんなデザインのリングがほしい、こんなこだわりを実現してほしい、
そういった方にオーダーメイドはぴったりだと思います。
もしはっきりしたイメージがなくても、お話をうかがいながらデザインを決めていきますので
ぜひ一度ご相談ください。
[PR]

  by studio_argento | 2009-07-15 13:03 | ブライダル | Comments(0)

裏に凝る 1

結婚指輪はほとんどの方が日常ずっと身に付けておられますよね。
ですからデザイン的にあまり極端なものは使いにくいものになってしまいます。
よほどのこだわりがない限りシンプルなものをお求めになる方が多いですね。

でもせっかくオーダーメイドで作るのですから、シンプルな中にも何かお二人の気持ちを
あらわす部分があるといいですよね。

f0179073_15495034.jpg
このリング、以前から何度かご紹介しているシャンパンゴールドの金合金で製作したもので、
それぞれの指のサイズに合わせてちょっとボリュームが変えてありますが
みたところごくシンプルな甲丸(断面がかまぼこ型)のリングです。

でも横にしてみると、内側の一か所に何かへこんだようになっている部分がありますね。
f0179073_15502955.jpg

何だかもうわかりますよね。
f0179073_15505889.jpg

2本の指輪をこの部分で合わせてみると、内側にハートのモチーフが現れるのです。

2人の名前に挟まれて現れるハート。
内側に施したこんな小さなことが、このリングを2人にとって特別なものにしてくれました。

ブライダルリングのデザインを考えるというのは、外から見える形だけではなく
お二人の気持ちがそれに込められているということを表すということなのですね。

思いのこもった形を作り出すお手伝いをさせていただく、それがこの仕事の喜びです。
[PR]

  by studio_argento | 2009-07-07 15:52 | ブライダル | Comments(0)

おわった~

この2か月製作をしていた仕事が無事終わり、昨日納品しました。
300個という私にとってはとても大きな数のご注文をいただいていたのです。
お話をいただいた時に、数の多さに外注も考えたのですが、
やはりひとつづつ手作りしてこその作品と思い平常の仕事と並行してコツコツ製作しました。
手に取った300人の方が笑顔になれるようそれぞれに心を込めて仕上げました。
巾着袋に入れて
f0179073_13443983.jpg

さらにパッケージに収め
f0179073_1345170.jpg

箱詰めして発送しました。
f0179073_13454054.jpg

喜んでいただけるとうれしいのですが。

もちろん通常の仕事もきちんとしていますよ
これはプラチナ製ウェディングリングです
f0179073_13461051.jpg
立体的なデザインの中に表現したのはイニシャル。
お二人のイニシャルを筆記体でデザインし、背中あわせ、上下さかさまに寄り添わせました。
f0179073_13474844.jpg

f0179073_1348107.jpg
TとY、わかります?
こういう立体の鏡面仕上げは難しいのですが、きれいに仕上がりました。

単独でもなかなか面白いデザインのリングですが、
その中に2人のつながりを含んだ意味深いリングが出来上がりました。


*ゴールデンウィークの営業のお知らせ
 5月4日~7日、 9日、10日はお休みさせていただきます。
 8日は営業しております。
 よろしくお願いいたします。
[PR]

  by studio_argento | 2009-05-02 13:56 | ジュエリー | Comments(7)

特注刻印 ~雪と桜のブライダルリング~

これはいったい何でしょう。
f0179073_1372775.jpg
これはお客様のご注文で特注した刻印です。

結婚指輪のそれぞれに雪の結晶と桜をイメージした模様をちりばめたいとのご希望でした。
そこで各々のイメージされるの模様の資料をいただき、図案化して原稿を作りました。
f0179073_1375938.jpg
そしてそれを工具屋に送って特注刻印の製作を依頼しました。


そして出来上がったリングがこちら。
f0179073_1383668.jpg
正面に当たる部分には、2人のつながりをあらわすように
お互いにまたがる形で桜と雪を刻印してあります。

女性のリングのテーマは雪。
f0179073_131058.jpg
雪の結晶の間に粉雪をイメージしてメレダイヤを留めてあります。

男性のリングのテーマは桜。
f0179073_13113642.jpg
桜の花びらの刻印を散らして、花吹雪のようなイメージです。
(もちろんメレダイヤも花びらもどのように入れるかはお客様と相談の上決定しました。)

指輪を納めるときにこれらの刻印も一緒にお渡しします。
ですからこの刻印の入ったリングはこの世にこの2本だけです。

刻印製作費が別途かかりますが、
2人だけのオリジナルリングをつくるのにこんな方法はいかがでしょう。
[PR]

  by studio_argento | 2009-02-19 13:24 | ブライダル | Comments(0)

チェッカー模様のリング ~ブライダル~

あけましておめでとうございます。
今年もスタジオアルジェントの作品を中心に、のんびりと日々をつづっていこうと思いますので
よろしくお願いいたします。

さて、新年初めてご紹介するのは昨年秋に製作したブライダルリングです。
f0179073_13364892.jpg

市松模様ともいわれるチェッカー柄をイメージしたデザインです。
チェッカー柄と言えば車好きの私としてはチェッカーフラッグですね。
なぜ使われているのかちょっと調べてみましたが、こんな返答はあったもののはっきりしたことはわかりませんでした。
しかし、ここに書かれているようなチェッカー模様の意味を考えると、これから始まる2人の人生に起こるであろうさまざまなことを象徴しているようでとても意味深いですね。
f0179073_13371973.jpg
32等分した縦溝と中心の横溝は糸鋸を使って
f0179073_13374256.jpg
艶消しになっている部分はケガキを作ってヘアラインを入れてあります
f0179073_1338394.jpg
お2人でゴールをめざして仲良く連れ添ってくださいね。

製作に当たっては、リングを一周するマス目の割り付けに苦労しました。
結局友人のstudio Rossoさんの助けを借りて、氏の工房の旋盤で「割り出し円テーブル」という
アタッチメントを使わせてもらい、正確に等分したラインを引くことができました。
そしてそれをガイドにきれいなチェッカー模様をあらわすことができました。
Wさん、その節はお世話になりました。 
おかげさまでお客様にも喜んでいただけました。


私事ながら昨年は趣味のヒストリックカー(草)レースで人生初のポールトゥウィンを経験し、
トップチェッカーの快感をしみじみと感じました。
f0179073_13435416.jpg

ひとつひとつの仕事もこれと同じく、それぞれのゴールを目指して気持ちよくチェッカーが受けられるよう今年も頑張ろうと思います。
更新ペースは遅いですが、少しづつでも紹介していきますので本年もよろしくお願いいたします。
[PR]

  by studio_argento | 2009-01-05 14:18 | ブライダル | Comments(5)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE