タグ:シルバーアクセサリー ( 20 ) タグの人気記事

 

フォント

文字というのは文明社会のインフォメーションの重要なツールですよね。
文字を持たない文明もあったようですが、やはり文字がないと当時の様子を解明するのに苦労するようですね。

そんな文字もその意味を取り去れば形として面白いかったり美しかったりします。
フォントと呼ばれる文字のデザインってみていて飽きないですよね。

そんなフォントを使ったペンダントを2点ご紹介します。

まずは1900年台初頭のアールデコ期に使われたフォントをイメージしたもの。
f0179073_13414778.jpg
ご家族の頭文字を取り合わせて、ランダムに配置。
表面を鏡面仕上げにしてあります。
一見して文字だとわかるとは思いますが、
頭文字の羅列なのでその意味はわかりませんよね。
フォントが繋がってできるデザインがそれの持つ意味より前に出た感じですね。



もう一点はこちら。
f0179073_1340130.jpg
f0179073_13403698.jpg
こちらは文字のならびから「SUIRAN」と読むことができますね。
実はこれはお客様の雅号。
書家であるお客様に「おまかせ」でご依頼いただいたのですが、
ふとその方から頂いた封筒をみると、本名の他に雅号が書いてあります。
その文字をそのまま切り出してもよかったのですが、それだと意味がわかりすぎますね。
そこであえて音を表すアルファベットで、しかも横並びではなく
全体が一つの塊になるように集めてデザインしてみました。

日頃見慣れている文字も、フォントという視点でみると優れたデザインがたくさんあります。
それをヒントに、文字そのものの意味を薄めたデザインのアクセサリーにすると
面白いものが出来上がりますね。

使うフォントやレイアウト、意味づけはあなた次第です。
ニヤリとするような面白いペンダント、作ってみてはいかがでしょう?
もちろんプレゼントなどにもいいですよね。
[PR]

  by studio_argento | 2015-05-24 13:44 | シルバーアクセサリー | Comments(0)

きっかけ

久しぶり、本当に久しぶりにまたここに書こうと思わせてくれた出来事がありました。

先日工房に一本の電話が。

「出版関係の仕事をしている井上といいますが、この度ウェブサイトをつくりまして、つきましては以前作っておられたブリキのミニカーを紹介させていただきたいと思うのですが」

当初怪しい出版物の広告案内かと思ったのですがどうやらそうではない様子。
それどころか話をするほどに「あ、この人クルマ好きだ」とわかる。
いろいろ話が盛り上がって長話になり、最後にはなんだか昔から知っている人のように気軽に話して楽しい気持ちで電話を切りました。

一息ついてから教わったサイトを覗いてみて驚きました。
いのうえ・こーいちさん。
写真家・乗り物愛好家との肩書き通り 鉄道やクルマへの造詣が深く
愛情溢れる写真を見せてくださる大先輩。
我が家の書棚にも何かあったはず。

後日アップしてくださった記事がこちら。 さらにこちらにも。

いのうえさんの審美眼にかなったという嬉しさと、いろいろ調べていただいたことへの
申し訳なさが今、これを書かせています。

自分が作ったモノって完成すると手を離れてしまうし、作る過程を全て見ているから後悔や自責の念がいつまでも残って人に気軽に紹介するのがはばかられていたのですが、これからはなんでも記事にしてたくさんの人に見ていただいて知っていただこうと思った次第です。

いのうえさん、良いご縁ときっかけをありがとうございました。

ということで最新作の一つをご紹介。
ちょっとわけがあって今は詳しく言えませんが来週あたりにはお伝えできると思います。 笑)
f0179073_14453248.jpg


f0179073_14563784.jpg


f0179073_14431319.jpg










[PR]

  by studio_argento | 2015-04-17 14:46 | シルバーアクセサリー | Comments(0)

ツール

当店は商業地域でもない、表通りからも少し入った住宅地にあり
同じ市内の方でもわかりにくい場所にあります。
それでもウェブで検索していただいたりして、ナビを頼りにご来店いただく方もいらして
スマートフォンやタブレット、カーナビなどのおかげでこんな店でもたどり着ける(笑)
便利な世の中になってありがたいものです。

先日初めてお越しいただいた若い男性のお客さまも検索に引っ掛かったとのことで
恋人にプレゼントするためにピアスを探しに来られました。

「あいにく当店はほとんどがオーダーメイドなので店頭在庫はルース(宝石の裸石)ぐらいしか
ございませんが、もし日にちに余裕があるようでしたらお創りできます。」

とご説明差し上げ、オーダーメイドの概要をお話ししました。
幸いなことに時間には余裕があり、またプレゼントするものとして1点ものというのはとても
魅力的だと言ってくださってオーダーしていただくことになりました。
デザインをご相談している当初は「なんだか雲をつかむような話だ」というような
お顔をしておられました。
おそらくジュエリーをオーダーされるのは初めてだったと思いますので仕方ありませんね。
せっかくですからお二人を象徴するようなモチーフをカタチにされたらいかがですかとご提案して
いろいろと訊いているうちにあるお話が出てきました。
それをもとに制作したのがこちら。



f0179073_1356015.jpg
f0179073_13561448.jpg


大切なデートの想い出があるというイベントにちなんで「下駄」のピアスです。
ご希望いただいたブルートパーズを使って。
女性用の下駄の形に合わせてオーバルカット(楕円形)の石を選択して
デザインの連続性を出しています。
ぶら下がりタイプですので各部にリンクを設けてよく動くようにしてあります。
涼しげなブルートパーズの輝きが耳元できらめきますね。

下駄の部分は各パーツを手作りしてハナオをロウ付け。
表面にはそれぞれのイニシャルを刻印してあります
f0179073_1357205.jpg
f0179073_1358448.jpg
f0179073_13572966.jpg
f0179073_13573796.jpg
f0179073_13574530.jpg
f0179073_13575442.jpg
f0179073_1445826.jpg

変色を防止するためにロジウムメッキ仕上げ。
温泉にも安心して行けます 笑)

遠距離恋愛というお二人は、プレゼント当日に降った雪のせいでその日は会えず
もしかしたらまだご本人の手には渡っていないかもしれません。
聞いた話では写真はご覧いただいたようですし
ご本人の許可をいただきましたのでブログにはアップします。 
こちらをご覧いただいて想いをはせていただければと思います。
気持ちのこもったプレゼント、よかったですね。


ところで今回、デザインの打ち合わせ中にお相手のイメージを聞いたところ
おもむろにタブレット端末を取りだされて中に入っていた写真を見せてくださいました。
いつも工房のPCで用を済ませている私には新鮮でしたが、おかげさまで
ご本人のイメージを感じながら制作を進めることができて楽しかったですね。
(とてもかわいらしい女性でしたのでよけいに。 笑)
これも新しいツールのおかげということでしょうか。
[PR]

  by studio_argento | 2014-02-20 14:14 | シルバーアクセサリー | Comments(2)

ココアちゃんのペンダント

車好きにとって箱根の聖地ともいえる『café Giulia』
f0179073_15373639.jpg
                                            photo by lancistaさん
残念ながら先ごろ店をたたまれたそうです。
何度かお邪魔したことがあったのですが、そのたびに某自動車誌のメンバーにお会いしたり
f0179073_1537501.jpg

たまたま会ったバイク乗りの方とその後つながったりと
f0179073_15381586.jpg
「好き者」どうしの引力を感じる居心地の良い場所でした。
マスターのTさんの料理の腕と車好きは変わらないでしょうから、きっとまたどこかでお会いできるものと信じています。

さて、東がcafé Giuliaだとすれば西には「CAFE MONZA」があります。
f0179073_15384297.jpg
f0179073_15385966.jpg


大阪は淀川区にあるここのマスター、Hさんは自分と同い年だからという理由で
イタリア山中に打ち捨てられていた(?)ジュリエッタスパイダーをレストアして輸入したり
f0179073_15393775.jpg
                                           Hさんのブログより拝借
イタリア人から個人売買でFiat600を購入したりとなかなかバイタリティあふれる人です。

ジュリエッタのレストアはアルファロメオのアフターパーツ販売で超有名なAFLAに依頼。
レストア後もAFLAの一族とは友人としてのお付き合いを続けているようですし
600の前オーナーさんとも家族ぐるみのお付き合いをされています。
ただモノを買うだけではない、自ら努力して得て、その上そこでできた縁を大切に育てていく
そのスタンスはいつも憧れています。

さて、そんなHさんは昨年、奥様へのプレゼントとして四つ葉のリングをご注文してくださったのですが(正確にはご子息からお母さんへのプレゼントとしてです)
この春は姪御さんのためにご注文くださいました。

就職が決まったお祝いに作ったのは
f0179073_15415511.jpg

飼い犬のミニチュアダックスフント「ココアちゃん」のペンダント。
f0179073_15421958.jpg

いくつかデザインを提案したうち、やはり若い人に向く一番かわいらしいデザインを選ばれました。
低い位置から飼い主を見上げるようにして小走りでついていく。
f0179073_15424323.jpg
飼い主とペットとのつながりをイメージして描いたデザインだったので
私としてもこれを選んでいただいたのは嬉しかったですね。
裏面には姪御さんのお名前とcocoaちゃんの刻印
f0179073_15433152.jpg


日頃両親や近い親族への気配りを忘れがちな私にはなかなか「耳が痛い」話ですが
Hさんの思いやりが良く表れたいいプレゼントでした。

CAFE MONZAにもまた行きたいですね。
箱根と違って街中ですが、センス良く飾られたポスターやインテリア、そして何よりHさんの
人柄がとても居心地よくしてくれますから。
[PR]

  by studio_argento | 2011-05-10 15:57 | シルバーアクセサリー | Comments(8)

ニューイヤーミーティング

少し前の話になりますが、昨年秋のチャオイタリアのパドックでのこと。

メンテナンスショップ「Y」の若きメカニックM山君がつけてくれている
ジュリエッタスパイダーのペンダントについて話をしていたところ、
何度かレースをご一緒しているO原さんが
「そういえばさっきドラミでカッコいいリングしている人を見た」と。

f0179073_18204541.jpg
「M山君のペンダントもそのリングも僕が作ったんですよ。」というとO原さんは
まさかこんな身近に作者がいたとは、と驚いた様子でした。

その後話は盛り上がり、なんとその場でオーダーをいただいてしまいました。
後日送られてきたデザインを基に作ったのが
f0179073_18265092.jpg

f0179073_18282540.jpg
f0179073_18291510.jpg
f0179073_18293599.jpg
f0179073_18305536.jpg
f0179073_18311815.jpg
キーリングとペンダントそれぞれ1点ずつ。
中央の盛り上がった部分はくるくると回るようになっています。

そういえばパドックでも自分から特にアピールしたことは無かったかなあ。
よく会う人でも意外と何をしているのか知られていないみたいですね。



ということですこしでもアピールになるかなと
こんなところ作ってみました。
気に入ったものがありましたらぜひ「ポチ」っとしてくださいませ。
O原さんからのオーダー品も御本人の許可をいただいたので
近いうちにアップして販売する予定です。
お楽しみに。



そしてさらに。
チャオイタリアのパドックでの会話を聞いていたある業者さんが私の作品に興味を持ってくださり、今週末ニューイヤーミーティングでパンフレットや作品を並べていただけることになりました。
残念ながら私は行くことができないのですが、お出かけの方はご覧になってください。
ちなみにブースはBMW2002専門店、「シンプルオート」さんの一角だそうです。

自己アピールは苦手なほうなのですが、やはり知ってもらうというのは大事ですね。
今後はずうずうしくならない程度に頑張ってみようと思います・・汗
[PR]

  by studio_argento | 2011-01-25 18:43 | シルバーアクセサリー | Comments(0)

泣いてまうやろ~!!

昨日ご来店の青年。
クリスマスに恋人へのプレゼントをご希望でした。

ペンダントということ以外あまり決めていなかったようなのですが
話をしているうちにデザインが決まりました。

モチーフは「柴犬」
実は彼女の実家で飼われていた柴犬がさきごろ天に召されたとのこと。
幼稚園時代から飼い始めて16年、月に一度実家に帰省するその日に息を引き取ったそうです。

その犬をデザインにするのは辛くないかなと思ったのですが
プレゼントするのがクリスマスとのことなので、そのころには少しは気持ちの整理が
できているだろうと、レリーフ状のペンダントトップを作ることに決まりました。

実は我が家にも柴犬がいるので
f0179073_13254180.jpg
                                          山陰柴の「アミカ」7歳♀
この話はいずれ私たちにも来るだろう別れを想わせ
お話を聞きながら涙をこらえるのが大変でした。
ほんとうに
「泣いてまうやろ~!! この話は犬好きが必ず泣いてしまうパターンのヤツや!!」
と言いたくなりましたね。

これから製作しますが、作りながら落涙しないか心配です。  笑)
彼の、彼女の、そして犬好きの心をこめて作りたいと思います。
[PR]

  by studio_argento | 2010-11-12 13:32 | シルバーアクセサリー | Comments(14)

記念日のモチーフ  6月6日

結婚記念日に奥様にプレゼントするためのペンダントのオーダーをいただきました。

奥様がお好きだという「ムーンストーン」を使ってとのご希望。
6月6日という記念日と併せて考えたデザイン
f0179073_11144031.jpg

中央のムーンストーンから出た2本のラインがハートをかたどります。
その2本のラインはそれぞれ「6」のイメージ。
つまり2つの「6」が記念日をあらわしていて、なおかつそれが2人の気持ちをあらわしています。

デザイン画より少し小ぶりにとのご希望を受けて完成したのがこちら
f0179073_1115838.jpg
f0179073_11153021.jpg
f0179073_1116384.jpg

裏面の中央にはこれも奥様がお好きだという「勾玉」のイメージを彫りこみました。
f0179073_11162541.jpg


結婚記念日、そしてgiro直前の金曜日に無事納品しました。
今回はご主人がお忙しいため、ご来店いただいての打ち合わせが難しいとのことで
デザイン画や手直しのやり取りはメールでさせていただきましたが
イメージ通りの出来に喜んでいただけました。

こまめにやり取りをすれば直接お会いしなくてもオーダーメイドが出来そうですね。
もちろん自分自身のためのオーダーもいいでしょう。
特別なひとつを作るお手伝いをさせていただきますよ。

そうそう、普段奥様に後ろめたい遊びをしているそこのあなた(笑)、
こっそりオーダーして点数稼ぎ奥様を驚かせててみてはいかがですか?
お問い合わせはemoticon-0154-mail.gifへどうぞ
[PR]

  by studio_argento | 2010-06-29 11:18 | シルバーアクセサリー | Comments(0)

φ螺旋のイヤリング

知り合いの建築家の方に、奥様へのプレゼントにとイヤリングを頼まれました。
デザインはおまかせでとのこと。

いろいろ考えた結果やはりデザインの中に建築的要素を盛り込んでみることにしました。
「φ螺旋(ファイらせん)」
西欧の造形、もちろん建築にも多くみられる黄金分割、それから導きだされる螺旋です。

f0179073_1347475.jpg
黄金矩形の中に表れるこの螺旋のイメージを楕円の外形で切り取ってイヤリングにしました。
螺旋の向きは左右で逆に。 
ちょっと地球規模な感じでもある(南北各半球で渦巻きの向きは逆ですね)かな。
f0179073_13475696.jpg
そしてもう一つ、鳥取県に自宅がありながら松江に惚れこんで単身松江市に住むご主人のイメージを隣町玉造(現松江市)の象徴、勾玉に表して中央に配置しました。
f0179073_13485231.jpg


今は離れてお住まいの奥様も、このイヤリングでご主人を想っていただけるでしょうか。
[PR]

  by studio_argento | 2010-06-10 14:15 | シルバーアクセサリー | Comments(0)

カスタマイズ

クルマやバイクを好きな人にとって「カスタマイズ」という言葉はもう馴染みがあるものと思います。

メーカーから出荷されたクルマやバイクを好みにドレスアップや改造することで(もちろん違法にならないように)世界に1台の自分のマシンを作りだそうとすることを言います。

「カフェレーサー」などと呼ばれるスタイルは今でもちょっと旧い欧州車やクラシックスタイルのバイクに人気がありますし、トコロさんの世田谷ガレージなどで紹介されるアメリカンスタイルのカスタムもまたポピュラーですね。

さて、今回はシルバーアクセサリーのカスタムと言える仕事をご紹介しましょう。
お客様のご主人は今山梨県甲府市に単身赴任中。
甲府と言えば宝飾産業の街。 
もともと宝石が好きなその方はそこでご主人用にとラウンドカットされた水晶を買い求められました。
その水晶は、かなり昔にカットされたもので、戦中は難を避けるため土中に埋められ終戦後に掘り起こされたものだとのこと。 少なくとも80年以上前にカットされたもののようです。

その水晶と市販のリングを持ってご来店されたお客様のご希望は
デザインが気に入っているそのリングの石をはずして水晶を入れてほしいというものでした。
f0179073_13573848.jpg
まずは「覆輪」と呼ばれる部分を切ってムーンストーンを取りはずし
f0179073_13575828.jpg
石が納まっていた「石座」の部分を削り落します
f0179073_13581668.jpg
削った跡はきれいに仕上げておきます
f0179073_135833100.jpg
ロストワックス法で製作することにしたので、ワックスで水晶の石座を作ります
f0179073_1358508.jpg
石が納まることを確認して
f0179073_1359778.jpg
シルバーで鋳造します
f0179073_13592574.jpg
これを元のリングに入るよう調整して
f0179073_13594698.jpg
磨いて仕上げた後リングとロウ付けします。 
水晶を元のリングと同じように覆輪留めで留めて完成です
f0179073_140798.jpg
f0179073_1402791.jpg
もともとそうであったかのようにリングのデザインに溶け込みました。
奥様の思いや、長い歴史を持つこの石のパワーがご主人に伝わるように、水晶のキューレット(下の尖った部分)がかすかに指に触れるようにしてあります。
もちろん痛くない程度にですが。

リフォームのご依頼をいただくとき、多くは石を再利用して地金部分は新たに作り直します。
そういう意味では元のリングをベースに作り替えた今回のご依頼はカスタマイズと呼べるのではないかと思うのです。
地金の種類や処理方法によっては不可能な場合もありますし、多少のリスクを覚悟していただく場合もありますが、アクセサリーのカスタマイズというのも面白いのではないでしょうか。
[PR]

  by studio_argento | 2010-03-25 14:41 | シルバーアクセサリー | Comments(2)

リプロダクト2

そのお客様は、昔自分が持っていたリングを同じデザインで作ってほしいとご来店されました。

お話をうかがってみると、それはあるブランドのリングなのだけれども現在は販売されていなくて
あちこち探してみたけれどみつけることができなかったそうです。

参考になる写真もお持ちではありませんでしたし、WEBで検索してみてもそれらしい画像はみつかりませんでした。
そこでお客様の記憶からデザインを推定してワックス原型を削り出しました。
これをお見せして形とサイズを確認していただきました。
少しの手直しが必要でしたがおおむねOKが出て、ロストワックスでシルバーに置き換え。
研磨して出来上がったリングがこちら。
f0179073_13324227.jpg
f0179073_1333833.jpg
f0179073_13332994.jpg

2つの楕円が指の表裏で直角にクロスするリングです。
左右どちらからでも指を通せますが、内側の形に工夫をして
一方向からはめるようにデザインしてあります(違う方向からでも入りますが)から
指へのあたりが柔らかくてよくフィットします。

私自身は当時のリングを知らなかったので少し不安もあったのですが
出来上がりにはとても満足していただけた様子。
お客様の記憶のなかにだけあったリングを現実のものにするお手伝いができた、うれしい仕事でした。
[PR]

  by studio_argento | 2010-01-14 13:44 | シルバーアクセサリー | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE