「ほっ」と。キャンペーン

タグ:アルファロメオ ( 24 ) タグの人気記事

 

Burn out

すっかりウェブの傍観者となってしまっていましたが、久しぶりに書いてみます。

夏の間は仕事よりもあるイベントのことで頭がいっぱい。
直前に難しい仕事が無事終わってほっとしたのもあるのですが、
久しぶりに遊びのプランニングに熱中してしまいました・・汗)

話は10年近く前になりますが、その頃家内は関東の友人に誘われて
筑波サーキットのヒストリックカー耐久レースに女性3人で出ていました。
f0179073_16203263.jpg


当然私も付き添いで遊びに行くので、自然にレース仲間やメカニックさんとも親しくなります。
一度岡山国際(当時はまだTI)サーキットを走ってみたいというお仲間のリクエストにこたえて、
友人2人とメカニックさんを私の35番に、私達夫婦と地元の友人2人が73番スパイダーに乗って、3時間耐久レースに参戦しました。

楽しく走ったレースの様子を、あとで東京で聞いていたのが当時グループに入りたてのH君。
その後「僕も乗りたいです~」と言うH君の希望を「いつかは」と思っていましたがなかなか
実現できずにいました。


今年になって、以前エントリーした耐久レースが8月に岡山国際であると知り、
4月に上京した時にH君と食事をして「出ない?」と誘ってみると
もちろん即答でOK。 
同席していたKさん(元ジュリア乗り)もご一緒してもらえることになりました。

それからレースのあった8月25日まで、私の脳内地図はどんどん「3耐」と言う文字に
埋め尽くされていきました。

もう一台、家内のスパイダーも走らせることにしたのでそっちのドライバー募集からはじめて
懇意にしてもらっているメカニックさんにサポート依頼、フェイスブックを利用して友人の中からスタッフ集め、持参するもののリスト作り、レギュレーションを見ながらドライバーの割り振りやスタッフの仕事割りなどフェイスブック上にグループを作ってすすめました。 
ガレージでは休日を利用しての車両の整備など様々な準備を。
戦略面では綿密にピットインのタイミング等を決めたチャートを作ったりして、
もうレース前から走り終わった気がするぐらいでした。

迎えて当日。
f0179073_1636360.jpg
 午前中のウェット路面も決勝が始まるとすぐにドライになり、
2台とも順調に周回を重ねて無事完走。 35台ほどの参加車のほとんどがミニの中、
重いハンデを課せられたにもかかわらず35番は見事総合5位。
f0179073_16364371.jpg
f0179073_16371165.jpg
f0179073_1637388.jpg
f0179073_16475022.jpg
73番はセイフティカーのあおりをくらって中盤に沈みましたが、ドライバー7人はもとより
メカニックさんやスタッフもみんなニコニコで両車を迎え入れました。
f0179073_16515233.jpg
f0179073_16525729.jpg
f0179073_16525851.jpg
f0179073_16452645.jpg



マシントラブルが出たら申し訳ないなと思っていましたが、大きな問題もなく
ドライバーはみんな「乗りやすい」とほめてくれました。
スタッフの中にはレースを見ることもあまりなく、チームスタッフとしてピットに入るのは
初めてという人が何人かいましたが、口をそろえて「楽しかった~」と。
f0179073_16303792.jpg

来年は5時間耐久かも という話を表彰式で聞きましたが、この調子だと
また出ることになりそうですね。


う~ん、また仕事にならない・・・苦笑)
単独のレースとは違う楽しさがありますからやめられないかも。




余談
サーキットの行き帰りには積載車でレース車両を運ぶのですが、
f0179073_16461790.jpg

土曜日の夕方サーキットに向かう途中の米子自動車道で2台の積載のうち
私が運転していたのがなんとパンク。
「バーン」という凄い音でハンドルを取られました。

さいわい登りでしたし直前にタイヤから変な振動が出ていたので速度は低く、
すぐ目の前だったパーキングエリアまでゆっくり走行。
もう一台の積載に積んであった工具でスペアと交換して事なきを得ました。

「いや~、2台つるんでてよかったね。 Sさんがいてくれたから交換もできたし」
前夜の宴の話題ができたと笑いながらサーキット入りしてレースに臨みました。

さて、レースが終わって「楽しかったね、またやろうね。 じゃあ」と別れた帰路。

 











            「バーン」










米子道のトンネル出口でまさかの再パンク。 交換したスペアでした。
レスキューを呼んで、ダブルになっているリアから1輪を前に回してもらい
最寄りのインターで降りてゆっくりゆっくりと帰りました。

「禍福はあざなえる縄のごとし」と言いますが、アンハッピーな出来事とラッキーなことが
絡み合った印象深い3時間耐久レースでした。

私自身もすっかり「バーンアウト」 
気持ちも「バースト」してしぼんだ風船みたいになりました。 笑)

でもまた次の「イベント」が脳内地図を埋めつつあるのですけどね。

   
[PR]

  by studio_argento | 2013-09-19 14:39 | ヒストリックカー | Comments(0)

プラス11 

先日サルベージした106におまけみたいに付いてきた156ですが、
その後友人の工場で一通り整備してもらい、我が家にやってきました。
f0179073_14462866.jpg
f0179073_14464848.jpg
f0179073_14465719.jpg
今後は家内の仕事のアシになる予定です。
さすがにデビューからずいぶん経ちますから中古車市場でも安い個体が見られるようになりましたね。

この個体はもともと京都のショップで丁寧にメンテナンスされていたようです。
その道ではけっこう有名なお店で、アルファロメオの愛にあふれたお方ですから 笑)
色も珍しいブルーメタ。 「赤だったら乗らなかったかも」とは家内の弁。
73スパイダーにも近い色ですから気にいったんでしょう。

今までは145でしたからプラス11で156。
ご縁があってきてくれたので、かわいがってやろうと思います。
 
145はお役御免と言いたいところですが、まだ車検が1年半も残ってます。
もったいないから誰かいかがですか? 笑)

そうそう、同じ時期に引き取ったボルボ940は近くお見合いとなりそうです。
縁談がうまくまとまるといいのですが。
[PR]

  by studio_argento | 2012-03-19 14:49 | 日常 | Comments(12)

ぼちぼちと

寒いけれど少しずつエンジンのOHを進めています。

近く加工発注する予定のものを用意して
f0179073_16382547.jpg
先方のOKもらえたので
次の休みにガレージに行ったときに梱包&発送かな。

帰ってくるまでの間に腰下のほかの作業を進めておかなくちゃ。

ヘッドのほうは街の内燃機屋さんでバルブガイド抜き。
抜けたらポート作らなきゃならないし・・

あ、パーツの手配も。(円高のうちに!)

先は長いけどコツコツとやりましょう。
[PR]

  by studio_argento | 2011-01-27 16:40 | ヒストリックカー | Comments(6)

傘がない

♪都会では~
f0179073_1892928.jpg

あ、いやいやそうじゃなくて

ここ山陰地方ではこの時期、冬型の気圧配置になると「時雨」と呼ばれる
不安定な天気になります。
そのため「弁当忘れても傘忘れるな」といわれるぐらい。
f0179073_1895374.jpg

ちょっとそこまで出かけるだけでも帰りに降られてしまうことも多々あります。
先日も出かけた先で傘が・・・・

あ、いやいやそうでもなくて




今日の話はこれ
f0179073_18144860.jpg

先日ブローした#73スパイダーのエンジンです
その後ガレージでチェックしたところ1番の排気バルブが
傘の付け根からぽっきりと折れていることが判明。
f0179073_18123494.jpg

そう、「傘がない」だったんです。
落ちた傘が燃焼室で暴れまわり、一瞬にしてヘッド側を破壊
ピストントップにも大穴をあけていました。
ヘッドをめくってみると、ピストンにあいた穴にバルブの傘がちょこんと。
う~ん、泣けますね。 ヘッドは再利用不可能でしょう。
腰下への悪影響がないといいのですが。

とりあえず全バラにして一からやり直しですね。
チューニングに関してはオーナーの家内が「梅コースで」と言うので
知恵と手間を使ってコツコツやることになりそうです。 
#35と同じぐらいのパフォーマンスが出ればいいかな。

プロにお願いするという選択肢もあったのですが、さいわい手元にスペアエンジンもあり
自分でバラしてしまった手前、今回はセルフビルドでいくことにしました。
「梅コース」ですしね。 笑)
でも壊れたエンジンを見ているとまたいろいろと教えてくれそうで
この冬も楽しいオフになりそうです。(ガレージは寒いけど)

がんばって作り上げればきっと家内も喜んでくれるでしょう。
まさか「傘がない」のB面みたいなことは無いとおもいますが・・・
[PR]

  by studio_argento | 2010-12-18 18:18 | ヒストリックカー | Comments(10)

京都へ

京都に行ってきました。

この時期は空気も澄んで気持ちよく、紅葉もいいでしょう。
のんびりぶらぶらするにはいい季節ですね。

しかし今回は別件。 車がらみです。
5月のレースで割れたガラスのリカバーの行ってきました。 (やっと)
欲を出してイギリスからライトウェイトタイプのガラスを輸入することにして
送料を少しでも浮かせるためにと仲間内で6枚をオーダー。
しかしこれがアダとなり、在庫足らずでバックオーダー。
足りない分の製造も最低ロットが集まらないと作らないのではないかと、
いつやってくるかわからない状態に。

オーダーを代行してくれた京都のフクダオートチューニングさんに相談したところ
「うっとこにある中古のノーマルでよかったらとりあえず入れといたら? うちで入れたげるし。 おいでや」
と、ありがたい言葉。
お言葉に甘えて日帰りで京都エクスプレスしてきました。
積載車で行くことも考えたのですが(というか普通そうでしょうね)いろいろ考えてフロントガラス無しで自走を蛮行。
バイク並みの防寒をして、高速ではヘルメットまでかぶって行きました。(いいのか?  笑)
f0179073_1410777.jpg

紅葉の蒜山あたりはさすがに寒かったのですが、黄砂で煙る太陽が
それでもすこし気温を上げてくれたようでなんとか冷え切らずに通り抜けられました。

はめ込みはガラス掃除から始めて2時間半ほどで完了。
f0179073_14102592.jpg

無事元の姿に戻りました。
福田さん、ありがとうございました。

福田さんの作業のお手伝いをしたのですが、ガラスのはめ込み、勉強になりました。
ライトウェイトが届いたら自分でいれてみようかな。 (割れたりして・・・)





ところで行きの名神高速でのこと。
左右ルートに分かれるあたりで突然エンジンが不調に。
出口の近い左ルートを選んだのですが出口までたどり着けず
なんとかトンネルを避けて非常電話のスペースまで。
f0179073_14112248.jpg

車をチェックするとどうやらガス欠。
トリップメーターからするとまだまだ走るはずなんですが・・
(ゲージが調子悪くて信頼できないんです)
仕方なくJAFを呼んで10リッターの給油。
エンジンは無事息をふき返しました。
大山崎で降りてスタンドで給油すると45リッタータンクなのにJAFでいれたのと合わせても30リッターしか入りません。
安全タンク内のピックアップホースが底までいってなくて15リッターは吸い上げられないのではと推測しました。 昨年タンクの蓋をあけてホースを出したことがあったのでその時にホースを底まで入れていなかったのでしょう。 これも冬の宿題になりました。  笑)

ところでJAFのスタッフに聞いたのですが高速道路でガス欠で止まると交通違反キップ切られるって知っていました? 今回はセーフでしたが。

*その後タンクを調べたところ、ピックアップは底まで沈んでいました。
 ガスはあるのにポンプは空打ち。 ホースが何かで詰まっているのかな??
 
 
[PR]

  by studio_argento | 2010-11-14 14:19 | ヒストリックカー | Comments(5)

アルファロメオチャレンジ Rd.4

晴天で低湿度、気温も低め。さらに数日前のWTCCレースでコース上に乗ったラバーも残っているという絶好のコンディションに恵まれたアルファロメオチャレンジ関西第4戦。

チャオイタリア同様、家内のレースカーを借りてエントリーしました。
前回の不調を払拭すべく臨んだレースでしたが結果は・・・・・

エンジンブロー

決勝2ヒート制第1ヒートの最終ラップ、最終コーナーのひとつ手前でエンジンが息絶えました。
f0179073_13584015.jpg

おもえば今回は前日のテストランからどこか集中力がなく、メインポストの旗を見落としていたり
サスペンションを勘違いしてセッティングしていたり。
予選ではスピンまでする始末。

その結果がブローで、惨憺たるレースとなりました。 (でも意外とメゲていない・・バカ?)

同じレースAを走った36番ことHさんや
f0179073_1359866.jpg
今回145で臨んだ28番ことSさんも
f0179073_13595155.jpg
(変な写真ですみません)
共にリタイアといいとこなしでした。
特にHさんは凄いベストタイムを出しただけに惜しかったですね、残念。

そんな中、今回のヒストリッククラスのヒーローはレースBを走った2台。
まずは29ばんさんことIさん。
f0179073_1402343.jpg

久しぶりのアルファチャレンジ復帰から約1年。
ついに2分の壁を大きく破る自己ベストタイムを記録して、わが35号車とほぼ横並びに。
その経験値の高さと地道なマシンの進歩が結実した日になりました。
最終コーナーで見た彼の速さは、家内に「鳥肌たった。カッコいー」と言わせるほど。
f0179073_1405137.jpg

家内にも良い刺激になったようです。

もう一人はこの春からヒストリックアルファに乗り始めたばかり、まだ固定ゼッケンも無い
1750GTVのSさん。
f0179073_1412628.jpg

車自体は前オーナーが2分を大きく切るタイムを出していたのでポテンシャルはある車なのですが、それにしても2度目のレースで予選2分フラットの好タイム。
その日の朝の練習走行で2分4秒台だった人とは思えない伸びでした。
ダートラで鍛えたスキルが生きているのでしょうね。
きっとまだタイムが伸びるでしょう。

こうしてみると来年はかなり面白いメンバーで走れそうです。
家内の73番も何とかオフの間に復活、あわよくばチューンアップを施して
いわゆる「U120」(2分以下)の仲間で戦えるようにしたいですね。
・・・・・・・エンジンが治れば・・ああ、冬の仕事が増えてしまった・・・

あ、ここで当日現場に居た方に業務連絡です。
当日決勝までの間に現場で#73スパイダーのハンドリングに関して私が発したコメントは、
すべて私のセッティングの勘違いに起因するもので、タイヤの性格やドライビング
ましてや車の出来不出来に関するものではないことをココに明記して撤回いたします・・・・・
のでよろしくね。  
[PR]

  by studio_argento | 2010-11-04 14:17 | ヒストリックカー | Comments(8)

明日はチャオイタ

年に一度のイタリア車の運動会、「チャオイタリア」が明日にせまってきました。
旧TIサーキットで開催された第一回から何らかの形で続けていた連続エントリーも
残念ながら昨年途切れてしまいましたが、今年は一からってことでまた参加します。
と言っても5月のこれ以来いまだガラスの入らない#35はお休み。
この時期仕事が忙しい家内にレースカーを借りることになりました。
f0179073_1126144.jpg
f0179073_11263167.jpg

昨年9月のユーロカップ以来1年ぶりのセントラルサーキット。
日頃ユーロで鍛えている人たちについていけるよう頑張ります。
よろしくおねがいしま~す。

天気もよさそうだし、楽しんできます。
パドックで見かけたら気軽に声をかけてくださいね。
(ただし物忘れがひどいお年頃なので、どなたかわからない場合もあります。 
失礼があってもご容赦くださいませ・・・汗)
[PR]

  by studio_argento | 2010-10-16 11:30 | ヒストリックカー | Comments(10)

社会実験

雨が上がった昨日、久しぶりにガレージで遊んできました。

まず、アルミ板で製作中だったバッテリーボックスを仕上げて取り付け。
溶接が出来たらいいのですが、まあこのぐらいの物ならリベットで充分でしょう。
f0179073_1346541.jpg

アルミなので表面がすぐに酸化してしまいます。
それを防ぐためには塗装やアルマイト処理、ガンコートなどいろいろありますが
今回はいちばんリーズナブルな方法、「カッティングシート」仕上げです   笑)
ガレージに転がっていた切れ端を表面に貼りこみました。
f0179073_13465322.jpg

内側はどうせ見えないからとそのまま。 
とてもお見せできないので開けた写真は無しでご容赦を   汗) 
固定方法はかっこよくDzuzuファスナーなども考えたのですが、
ちょうどボンネットフックの在庫があったのでそれを利用。
仕上げにこれも在庫の「FIAMM」のステッカーを貼りました。
プラスマイナスのマークが実際のバッテリー端子と合っていていい感じです。
f0179073_13471567.jpg

でもリベットの上からカッティングシートを貼ったので仕上がりはそれなり。
2m以上離れてご覧ください。  苦笑)
使ったお金はアルミLアングルと蝶番で500円ぐらいかな。
うんうん、リーズナブルに出来て満足満足。



その後、空模様を見てMonzaにチョイ乗り。
今まで山道などをトコトコ走るだけだったので、高速での様子をチェックするために
社会実験で無料化されている山陰道に行ってきました。
f0179073_13474959.jpg


山陰道は途中に無料区間であるバイパスを挟んでいるため
最寄りのICから乗るときにはETC無しでもチケットを取る必要が無く
ボタンを押せばゲートが開くようになっているので2輪でも楽々です。

夕方だったので通勤車も多く、ほぼ一般国道化してましたが、
合間を見てアクセルを開けてみました。

「ぬふわ」キロぐらいでは特に何ともなかったのですが
「ぬうわ」キロになるとハンドルが振れはじめておさまりません。

先行車に追いついたこともあってそれ以上出すことはできませんでしたが
これはちょっと問題ですね。

「グッチの神様」と呼ばれる人の愛弟子、鳥取のMさんによると
「そこを我慢すれば「ふわわ」出ますよ、Monzaは。」といわれましたが
それにしても振れが大きいような・・

解決しておかないと、いつの日か「ルマンミーティング」に参加することがあっても
極悪なおじさまたちについて行くことができません  笑)
普段の用途では「ぬふわ」も出れば十分なんですけどね。


でもそれより問題なのは・・・・
30キロほど走った帰り道、高速から降りて一般道を走っていると
5000rpmあたりで「パスパス」と音がするようになりました。
アクセル開けてもスムーズに吹け上がらす、パスパスいいながら苦しそうにまわります。
ガソリンが薄い症状です。
あまり負荷をかけないようガレージにかえってプラグをチェックすると・・・白い。
やはりかなり薄いようです。

上のほうの回転だからアイドル系の問題ではないと思います。
エアクリーナーがK&Nになっているからと、ニードルはいちばん高い位置にセットしているのですがMJなどはノーマルのまま。  まだ足りないのかなぁ。
ニードルやMJを濃い方向に振ってみようかとは思いますが他にも何か原因があるのかも。
走り始めには症状が出ていなかったのでタペットクリアランスも怪しいかも。
点火時期などもチェックしてみないといけませんね。
ここをご覧の先達の方々、何かお知恵を拝借できませんか?

う~む、それにしてもやはり2輪でも4輪と同じことになりつつある・・・・
まあ、機械に関しては、一度直したところは次壊れてもすぐ直せるし、
自身の経験値が上がるからいいんですが、回り道好きのこの貧乏性は治りませんねぇ。

*青字の部分の速度表示は自主規制です 笑)
 メーターがあまいので実際にはもっと低いと思いますけどね。
[PR]

  by studio_argento | 2010-07-13 14:05 | 日常 | Comments(8)

Sniped

先週末は岡山国際サーキットへ。
アルファロメオチャレンジ第2戦に参加してきました。

年明けからオーバーホールしていたエンジンの馴らしのために土曜日の走行枠を1本。
徐々にレブリミットを上げて、最終的にエンジンをフルに回して走りましたが問題はなく
ラップタイムも満足いくものでした。

翌日の予選では場所取りが上手くいったので早めに目標タイムを出すことが出来てこちらにも満足。
(最後にもう1ラップアタックしたかったのですが、チェッカーが出てしまい・・残念)

グリッドは中盤ですが、1秒に6台が入る状況なので予選の感触からして
ポジションアップのチャンスはありそうです。
レッドランプのブラックアウトでスタート。 
クラッチミートも上手くいき1コーナーの陣取りでもまずまずの位置をキープしました。
タイムが上がってこないうちに先行車を一台づつパスして順調な展開。
いつもはずっと先に居るヒストリッククラスの先輩方も、どうやら本調子ではないらしく
徐々に追いついて、ついにはパス。
(いくら相手が不調とはいえ、これは嬉しかったですねぇ)
その後先行する現代車3台とのバトルになり、2台かわしてあと1台。
その先は少し開いていますがもう1台のヒストリックアルファ。
「あそこで前の1台をパスできそうだからその先は・・・」
と思ったとたん
「ボムッ」
という音とともに視界が真っ白に。
跳ね石があたったらしく、フロントガラスが割れてしまったのです。
なんとか視界を確保してラインを保ち、どうにかこうにかピットまで戻りました。

7周目でリタイア。
調子よかっただけに残念でした。

それにしても割れた瞬間の音はかなりの大きさで、
視界を奪われたことと併せてびっくりしました。
まるでオズワルドに狙撃でもされたかのような。(fromジャッカルの日)

強化ガラスだったのでしょうが(安全ガラスとは違うのかな?)
割れた破片には鋭利な部分もあり、後片付けをしながらちょっと怖くなりました。
さいわい、ジュリアクーペには合わせガラスを使ったモデルもあったようなので
次のガラスは必ずそれにしようと思います。
(レースをしている人には交換を強く勧めます)

今回は写真を撮りそこねました。
車載ビデオは残っているのでそのうちアップできるかもしれませんが・・

それにしても 
「好事魔多し」
この言葉を思い浮かべた今回のレースでした。

動画アップしてみました(5月20日)

2コーナーに進入していなかったのが幸運でしたね。
[PR]

  by studio_argento | 2010-05-18 13:44 | ヒストリックカー | Comments(6)

エンジンチェックその後

お正月休みに始めたジュリアクーペのエンジンチェックですが、その後の様子をお知らせしましょう。

家内が仕事で遅くなる日を見計らってこっそりガレージに出かけ、エンジンを降ろしました。 笑)
補機類は前もってとりはずしてあったので、1時間ちょっとでミッション分割~エンジン摘出まで出来ました
f0179073_14443394.jpg
でも一人で重整備をするときは必ず電話を携帯して、何かあったらすぐにヘルプコール出来るようにしています。 
さいわい、すぐ隣に友人のアトリエがありますから心強いですね。

降ろしたエンジンからクラッチをはずし
f0179073_14425497.jpg
(これ、見る人が見たら・・わかりますよね  笑)

エンジンスタンドに架けて
f0179073_14424195.jpg

シリンダーヘッド、オイルパン、ウォーターポンプなどが付いたフロントカバーをはずします。
f0179073_1446521.jpg
f0179073_14452321.jpg

これでエンジンの心臓部へアプローチ出来ますね。エンジンを反転してピストンなどを取りはずしながら各部の状態やクリアランスをチェックします。
f0179073_144892.jpg
f0179073_14482963.jpg
その結果各メタルはおおむね良い状態だったのですが、一部少しゴミを噛んだ跡などがあったので大事を取って交換することにしました。
f0179073_14512253.jpg
一番フライホイールに近くてキビシイであろう5番キャップでこのぐらい

シリンダーライナーやピストンはそのままでOKと判断しましたが、
f0179073_14495871.jpg
f0179073_14484935.jpg
ピストンリングは交換することに。
シリンダーヘッドは1年ほど前にOHしていましたので燃焼室のクリーニングぐらいで良しとしました。
f0179073_14525911.jpg
チェックの結果はおおむねOKでしたので、そのほか必要なパーツをリストアップして手配しました。

先週になって部品がそろい始めたので
f0179073_1455123.jpg
近いうちに組み上げに取りかかれると思います。
今年の冬は寒さがあまり厳しくないのでガレージでの作業が楽です。
暖かくなるまでにエンジンを組み上げて早くナラシをしたいですね。
その前にやりかけのトランクルームのリニューアルも済まさなくては・・

そうそう、近々こんな油臭いガレージにテレビの取材が来ることになりました。
お店、自宅、ガレージと撮るそうです。
詳細はまたお知らせしますね。

明日、明後日は家内と奈良に遊びに行ってきます。
昨年泊まりそこねた奈良ホテルの本館、楽しみです。
[PR]

  by studio_argento | 2010-02-14 15:00 | ヒストリックカー | Comments(6)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE