「ほっ」と。キャンペーン

ウルフ

先日の記事でアップした写真のカフス&ラペルピン。
友人に頼まれてある方へのプレゼント用に作ったものです。

その方というのは Walter Wolf氏。
車やバイクが好きな40歳代以上の人なら一度は名前を聞いたことがあるはずですよね

先日都内某所で開催されたウルフカウンタックのレストア完成披露に遥々カナダからお越しになるとのことで、同じ会場にウルフのF1マシン”WR1”を展示する友人が氏に何かプレゼントを、とご相談いただき制作させていただきました。
f0179073_14453248.jpg
オープンホイールの車を作るのはなかなか大変でしたし、形が似通ったフォーミュラを作るのは難しいのですがさいわいWR1はノーズ廻りに特徴があり、なんとかそれらしく見えるように出来ました。
f0179073_13134468.jpg
f0179073_13130392.jpg

f0179073_13125195.jpg
f0179073_13123114.jpg
f0179073_14431319.jpg
通常はキーリングに仕立てることが多いのですが、今回はカフスとラペルピンのセットとしました。
ケースに納めたときも見栄えがいいですしね。

実はレセプションにはWolf氏はお越しになれませんでした。
ご高齢ということもありますし仕方ないですが
友人にお願いしていた氏と作品とのツーショットは叶いませんでした。
しかし主催の方が他のプレゼントと一緒にカナダに送ってくださることになりました。
近いうちにこれがWolf氏の手に乗ると思うとドキドキしますね。








撮れなかったツーショット写真の代わりに友人が送ってくれたのはこの写真。
f0179073_13181688.jpg
レセプションに出席したおられたArturo Francesco Merzario 氏。
そして手にしておられるのはあの大事故の時のニキ・ラウダのヘルメットそのもの。
詳しい経緯は書きませんがおよそ40年ぶりにあの燃え盛るフェラーリの中から彼を救い出したメルツァリオ氏の手に。

歴史的な瞬間の写真を見ることができて感激しました。
(できれば現場に居合わせたかったというのが本音ではありますけどね 笑)

ご依頼いただいた友人に感謝です、ありがとうございました!














[PR]

  # by studio_argento | 2015-04-27 13:28 | ジュエリー | Comments(1)

きっかけ

久しぶり、本当に久しぶりにまたここに書こうと思わせてくれた出来事がありました。

先日工房に一本の電話が。

「出版関係の仕事をしている井上といいますが、この度ウェブサイトをつくりまして、つきましては以前作っておられたブリキのミニカーを紹介させていただきたいと思うのですが」

当初怪しい出版物の広告案内かと思ったのですがどうやらそうではない様子。
それどころか話をするほどに「あ、この人クルマ好きだ」とわかる。
いろいろ話が盛り上がって長話になり、最後にはなんだか昔から知っている人のように気軽に話して楽しい気持ちで電話を切りました。

一息ついてから教わったサイトを覗いてみて驚きました。
いのうえ・こーいちさん。
写真家・乗り物愛好家との肩書き通り 鉄道やクルマへの造詣が深く
愛情溢れる写真を見せてくださる大先輩。
我が家の書棚にも何かあったはず。

後日アップしてくださった記事がこちら。 さらにこちらにも。

いのうえさんの審美眼にかなったという嬉しさと、いろいろ調べていただいたことへの
申し訳なさが今、これを書かせています。

自分が作ったモノって完成すると手を離れてしまうし、作る過程を全て見ているから後悔や自責の念がいつまでも残って人に気軽に紹介するのがはばかられていたのですが、これからはなんでも記事にしてたくさんの人に見ていただいて知っていただこうと思った次第です。

いのうえさん、良いご縁ときっかけをありがとうございました。

ということで最新作の一つをご紹介。
ちょっとわけがあって今は詳しく言えませんが来週あたりにはお伝えできると思います。 笑)
f0179073_14453248.jpg


f0179073_14563784.jpg


f0179073_14431319.jpg










[PR]

  # by studio_argento | 2015-04-17 14:46 | シルバーアクセサリー | Comments(0)

巡礼と卵と鎌倉と (そして現代美術と羊肉)



広告関係の仕事をしているクルマ仲間の友人から誘われて上京してきました。
誘われたのはお台場で千秋楽を迎えた「オーヴォ
別の友人夫妻と4人で見に行きました。
公演内容は詳しく書きませんが、そのパフォーマンスに「人間って本当にすごい」と
素直に感動しました。
その域に達するまでの努力たるや想像を絶するものなのでしょうが
それで得た能力というのは常人にはわからない感覚で動くことを
可能にするのでしょうね。

お子様にも喜ばれそうな演出でしたからこのあとの大阪公演に
ご家族でおこしになるのもいいと思います。 
幕間の休憩中にお台場の空がにわかに曇り、雷鳴のあと土砂降りに。
f0179073_14280475.jpg
f0179073_14293296.jpg
なんと公演中のテントが雨漏り。 後半の公演が30分押してしまいました。
千秋楽だったというのが不幸中の幸いでしょうか。
大阪までには修理されるでしょうね。
  

同日の朝は別の友人とある場所に行く予定だったのですが雨のため断念。
ブログでつながったバイク乗り達が日曜の朝に集うあるPA.
仲間内では「サンクチュアリ」などとも呼ばれています。
一度は見に行ってみたいと思っていたところ
「ウチにあるバイク貸してあげるから一緒にどう?」と
ありがたい提案をいただきました。
家内のも合わせて、バイク2台にヘルメットまで。
これは念願の聖地巡礼がかなうと喜んでいたのですが、
土曜の夜から降り始めた雨が日曜朝まで残ってしまいました。
オーヴォの時間もあるのでじっくり待つわけにもいかず、
また友人にあまりご迷惑をかけてもと思い早々に断念しましたが
10時頃からは晴れ間も出て暑いぐらいに。
タイミングが悪かったですね。
家内もちょっと楽しみにしていたようなので残念でした。
また次回の楽しみってことですね。


明けて月曜は一日空いたので家内の希望で鎌倉へ。
家内は20年以上ぶり、僕は初めての訪問でした。
シラス丼でおなかを満たしたあと竹林で有名な報国寺へ。
f0179073_14372167.jpg

f0179073_14371193.jpg

f0179073_14382576.jpg
f0179073_14372948.jpg
f0179073_14362963.jpg

f0179073_14363617.jpg
f0179073_14364239.jpg


折り返して鶴岡八幡宮。
f0179073_14385708.jpg
ちょうど七夕祭ということで
「茅の輪くぐり」をしていました。
各地で行われていますが、実際に見るのははじめて。
f0179073_14385255.jpg
お神酒に誘われて並ぼうかとも思いましたが暑かったのでパス。
お守りだけいただいて鎌倉駅へ。 江の電で鎌倉大仏に向かいました。
f0179073_14390619.jpg
f0179073_14391476.jpg
はじめてお会いする大仏様は静かに座っておられました。
しかし露座のお姿にはなんとはなく申し訳ないような想いがわいてしまいました。
大仏殿、建立できないものでしょうかね。

出発が遅かったのでここで時間切れ。 
平日というのに結構な人出でしたから、紫陽花のこの時季
週末はさぞや大変なことになるでしょうね。

翌在京最終日はまず竹橋の国立近代美術館にこれを見に。
地方ではなかなか見られないナマの現代美術を体験できて大満足。
広島や京都にも巡回するようですね。
広島ならまた行けるかな。

お昼には以前友人と行きそびれた神田の中華料理店へ。
羊肉が好きな家内のリクエストで。
夜しか出ないメニューも魅力的だったので、今度は多人数で行ってみたいですね。

聖地巡礼がかなわなかった以外は頭もおなかもいっぱいになった数日でした。
誘ってくれた友人、バイクの手配をしてくれた友人に感謝。
巡礼で空振りさせてしまった友人には陳謝です。

しかしやっぱり東京は濃い。
帰ってきてほっとしたような気がしたといったら言い過ぎかな?
もう若くないから住む気にはなれないけど時々ならよい刺激になりますね。



















[PR]

  # by studio_argento | 2014-07-02 15:01 | 日常 | Comments(4)

角島

今まで何度か企画しながら実現できていなかった
角島へのバイクツーリングがやっと実現しました。

朝ガレージを出て、往路は高速道路を西進。
f0179073_17574097.jpg
f0179073_17593352.jpg
f0179073_17595084.jpg
300kmほど走って高速を降り、秋吉台へ北からアプローチ。


カルストロード入り口にあるここにまず立ち寄りました。
f0179073_18001549.jpg
f0179073_18003654.jpg
f0179073_18005366.jpg
洞窟ってちょっと怖いけどおもしろいですね。


出入口近辺の森の緑がすごく濃くて美しかったのが印象的。
f0179073_18011418.jpg
f0179073_18012542.jpg
f0179073_18014621.jpg
f0179073_18013421.jpg



この駐車場はブログで知ってる人たちの溜まり場のはず 笑)
f0179073_18015379.jpg


その後南に下ってカルスト台地へ。25年ぶりぐらいに来たのですが、
道の記憶はありませんでした
f0179073_18021048.jpg
f0179073_18021807.jpg
そのぶん新鮮な感動を得られてラッキー(? 笑)

思ったより短かったカルストロードを抜け、道中で決めた宿に向かう途中
別府弁天池という湧水池があるというので寄ってみましたが
ここが我が家的には「アタリ」
f0179073_18022957.jpg
f0179073_18023718.jpg
f0179073_18024470.jpg
f0179073_18025489.jpg
しばらくぼんやり見つめていました。

隣の公園にはこんなものが。
f0179073_18030248.jpg
f0179073_18030976.jpg
エンジンが載っていたので見ると空冷フラット6。
f0179073_18031714.jpg
おお、さすが富士重工と思いましたが、よく見るとエンジンは別会社製。 苦笑)
いつ頃まで使われた機種かわかりませんが、なんともいい感じの機体でした。
こんなの乗ってみたいですね。

その後長門湯本の宿に逗留。
昭和の雰囲気満点のひなびた温泉街でしたが、
お湯は良いようで(ちょっとぬるかったけど)肌はツルツルになりました。

翌朝は長門市に出てR191を西へ。
千畳敷という高台に登るも霧で視界ゼロ。

f0179073_18032692.jpg
看板の絵だけで我慢して山を下ります。

そこから20キロぐらいかな?
お目当ての角島に到着です。
f0179073_18033844.jpg
f0179073_18035594.jpg
f0179073_18040276.jpg


f0179073_18034765.jpg
天気もよくて景色は最高。
ガス欠の心配があったのですが島の灯台まで走りました。
f0179073_18041497.jpg
灯台に登ろうかと思ったのですが、周りの駐車場がみんな有料。
夏の海水浴場みたいな感じです。
ちょっとめんどくさくなったので周りをぐるっと走ってUターン。
f0179073_18042240.jpg
一応本州(?)最北西端辺りまでは行きました。 笑)

あとはガソリンを入れてひたすら走るだけ。
国道を走ってもつまらないので「みのりロード」と呼ばれる農道で長門市街をパス。
f0179073_18043345.jpg
f0179073_18044530.jpg
途中にこんな地球儀が。 工場の看板のようですね。

萩まで無料高速を使ったあと日本海側を走らずに県道11号へ。
ツーリングマップルに「仏像ルート」と書かれたこの道が最高の快走路。
f0179073_18045734.jpg
R315に出たらちょっと北上して今度は県道14号へ。
このルートも信号も交通量もきわめて少なくて路面も悪くなく
いいペースで島根県西部の益田市へ。
萩〜益田間のこのルートはおすすめです。 
ってなかなか行かないところですけどね 汗)
f0179073_18050650.jpg
益田で遅めのランチを取ったあともメイン国道の9号線は一切通らず、農道、県道をメインに
中国山地を浜田市〜邑智郡〜雲南市〜安来市と走り抜けました。
f0179073_18051484.jpg
実は益田からのこのルート、昨秋クルマのツーリングで使ったルートです。
設定してくれたT君(改 謎笑)のおかげで今回も楽しめました。 ありがとね。

この日の走行450km。 休憩と食事込みで10時間弱でした。
一般道で一日にこの距離はなかなかのものではないかな? と自画自賛。 笑)
体は「バキバキ」に固まっちゃいましたが。

ガレージからの帰りに日帰り温泉に立ち寄りましたが、
そこから自宅までの車中でもう次の行き先について家内と話してました。



やきもち焼かれないうちにクルマの方もかまってやらないと・・汗)








[PR]

  # by studio_argento | 2014-05-24 18:20 | モーターサイクル | Comments(4)

GW

PC機種変、タブレット導入と環境が大きく変わってしまって
旧来のブログアップが思うに任せません。
練習のつもりでゴールデンウィークの様子をアップしてみますね。

26日土曜日に4月から就航した米子〜羽田線を利用してスカイマークで東京へ。
その足で友人と東北新幹線に乗り郡山まで。
遅くなって「高湯温泉」の宿に入りました。

f0179073_16102132.jpg


第一の目的は翌日に開催される「Tour de EBISU」に参加すること。
秋に行われる「アルペンクラシックカーラリー」にエントリーを決めた友人の
ナビゲーターとしてラリー競技のいかなるものかをレクチャーしてもらうためです。

今回のクルマはこれ
f0179073_16152776.jpg
完成したばかりの友人のレースカーのシェイクダウンを兼ねて。
本番はまた違うクルマになる予定です。

世界的ラリースト新井敏弘さんの指導&デモ走行と
初めてのラリーナビ体験を楽しみました。
f0179073_1621563.jpg

会場には356や911をはじめとするポルシェ軍団やランチアフルヴィアやミニ、ヒーレースプライトなど様々なヒストリックカーが。
f0179073_1736324.jpg

秋の本番にはもっとたくさんの珠玉のラリーカーが集まって全力で走ることでしょうね。
今から楽しみです。

それにしても今までナビの仕事ってあまりよくわからなかったのですが
今回でドライバー以上に大変なことだとわかり、ちょっと安請け合いしちゃったかなと
脂汗がにじんでます。 笑)






明けて月曜日は東雲のバイク用品店をぶらぶらしてから
渋谷でジャック・タチの映画を鑑賞。
今回は一本だけしか見られませんでしたが、この後地方もまわるとのこと。
近くに来たら見たかった「トラフィック」を楽しみに行きたいですね。


夕方からバイク仲間と新宿で会食。
モトグッチに乗るようになってからブログで知り合った人たちです。
お初の方も数名いましたがそこは予備知識あり。 
すぐに楽しくお話させていただきました。
そのうち4名は2次会にここへ。
f0179073_16364157.jpg

その夜の宿のお世話になったYさんが先日出版した本がらみです。
初めて足を踏み入れましたが、外国人と若い女の子の多さにびっくり。
好奇心の強い人たちの溜まり場になってるみたいですね。

終電ぎりぎりでYさん宅に転がり込み、一宿一飯の恩義に預かりました。
翌日はご子息Jくん同伴でYさんのニューマシン見学と、
前夜もご一緒したFさん邸のガレージ訪問。
f0179073_1732385.jpg
Jくん、もう自分のバイクのようにまたがってますね 笑)

Fさんのガレージではブログでつながるきっかけとなった彼のルマン他
「まにあ」のコレクションを拝見。
なんとありがたいことにルマンのキーを預けてくださいました。
f0179073_1752856.jpg

街中なのでちょっとだけでしたが、彼のこだわりが乗り味に反映されていて、
私のバイクと比べて乗りやすい、そしてきっと速いバイクになっていました。
(でも私は現状でやせ我慢しますけどね 苦笑)
ガレージには他にも羨ましいお宝が。
f0179073_1772350.jpg

ためしにキックさせてもらいましたが、私のような軟弱ものにはとてもエンジンをかけられそうにない男のバイクでした。
居間ではもうひとつのブログつながり、柴犬の「小鉄」くんにもご挨拶。
f0179073_1782561.jpg
ころころして可愛い子です。 
Fさん、昼食までごちそうになってありがとうございました。

皆さんとお別れしてから一人でぶらっとここへ。
f0179073_171215100.jpg
その後代官山のTSUTAYAで時間をつぶして、夕方上京する家内と横浜で合流。
その日の宿となる姉夫婦と夕食に出かけました。

翌日は友人が取ってくれたチケットを手に池袋へこれを見に。
f0179073_17214838.jpg
さすがは三谷幸喜、最初から最後まで楽しめました。
優香、可愛かったなあ。 
彼女は初めての舞台での喜劇とのことでしたが素晴らしいパフォーマンスでした。
もちろん片岡愛之助、藤井隆、迫田孝也も。
場所を変えてまだ公演は続くようですから興味のある方はぜひどうぞ! おすすめです。

夜はチケットを取ってくれた友人を含め3夫婦で会食。
こちらも元々はまったくつながりのなかったメンバーですが、
ひょんなことからずっと親しくしてもらっています。
酒席の話題は昨年夏にみんなで楽しんだレースのこと。
今年もまたやろうと意思の確認を(酔っぱらいながら)しました。
またあの夏が来ます。 これも楽しみですね。 

最終日は午後のフライトまでの時間をエビみたいな名前のデパート(笑)で
家内とブラウジング。
でも心から欲しくなるものなかったなあ。
好奇心の対象がどんどん狭くなってることを確認しただけかも  涙)

ともかくよく遊びました。
おつきあいいただいた方達、ありがとうございました。

新しいPCでのアップの練習にもなったのでまたすこしづつ書いていきましょうかね。
気まぐれなブログですが時々のぞきに来てやってください。


ではまた。
[PR]

  # by studio_argento | 2014-05-09 17:45 | 日常 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE