ギャラリー  ピッコラマッキナ BMW M3(E46) 群馬県 I様

f0179073_10592055.jpg
f0179073_10593304.jpg

f0179073_10594041.jpg

f0179073_10594401.jpg

f0179073_10595004.jpg
f0179073_10595853.jpg
f0179073_11000395.jpg

f0179073_11000800.jpg

f0179073_11001601.jpg
f0179073_10585262.jpg


[PR]

  # by studio_argento | 2017-06-28 12:00 | ギャラリー | Comments(0)

いのうえ こーいちさん

ひと月ほど前、ある雑誌に取材を受けました。

取材にお越しになったのは「いのうえ こーいち」さん。
古くからのヒストリックカーファンには聞き覚えのあるお名前。
カーマガジン誌がまだスクランブルカーマガジンと名乗っていた頃の編集者。
また、メーカー別に編集された「世界の名車」シリーズの編者。
他にも車を取り巻く人々を取材した本などたくさんの本を出版しておられるその筋では有名な方。
(いわゆる「鉄分」も多く、鉄道関係の書籍もいろいろ出しておられます)


ことのはじめはいのうえさん、どこかで私の過去の作品を手に入れられて制作者が気になり、
好奇心に火がついたようで、ある日突然「いのうえと申します」とお電話いただいたのが2年ほど前。
その後東京で一度お会いしたのですが、その時「近く新しい自動車雑誌を出そうと思っているので取材したい」
とおっしゃっていました。
そして今年、前日に舞鶴であったイベントから足を伸ばして本当にこちらまでお越しになりました。
しかも東京から246Dinoで!
f0179073_15002336.jpg
f0179073_14595149.jpg
f0179073_14590760.jpg



取材当日はあいにくの雨模様でしたが、お店とガレージでいろいろとおはなしさせていただきました。
f0179073_14592867.jpg
ショップの前で

f0179073_15004962.jpg
仕事を抜けてきたTくんとガレージの隣のカフェで

昨年発刊された「趣味人倶楽部」という季刊の雑誌も次で6号。
その号に私の「ピッコラマッキナ」と私たち夫婦のカーライフを記事として載せてくださるようです。


発売の6月末がいまから待ち遠しいです。














[PR]

  # by studio_argento | 2017-05-12 15:05 | 日常 | Comments(0)

受け継いでゆく

おばあさまから譲られたという金の指輪。
結婚を機にエンゲージリングに作り直させていただきました。




f0179073_1250209.jpg


f0179073_12505359.jpg
ダイヤモンドを丁寧に取り外して地金の方は熔解して再利用。

同時にオーダーいただいた結婚指輪とフィットするように作りました。
f0179073_1251433.jpg
孫を思うおばあさまの気持ちがこもった素敵なリングになりました。

当店ではオーダーいただいた方が持ち込まれたジュエリーについては
地金の再利用や下取りをさせていただいています。
下取りに関しては分析をした上で制作費から相殺させていただいています。
買取店ではそのまま出してしまう宝石も、丁寧に取り外してお返しします。
もちろん地金も宝石も、新たなジュエリーに使えます。
(再利用に適している場合に限りますが)

デザインが古かったりサイズが合わなくて使えない、
でもそのジュエリーに想いがあるようなときぜひご相談ください。
渡す人、受け継ぐ人の気持ちを大事にリフォームさせていただきます。
[PR]

  # by studio_argento | 2016-04-25 12:57 | ブライダル | Comments(0)

ロンドンブルートパーズ

1カラットというのは宝石の場合重さを表す単位です。

他にもゴールドの純度を表す時に使ったりします。
18Kとか14Kとかいう時のKもカラットですがこちらはまた違う単位です。

宝石の1カラットは0.2g。
ダイヤモンドも1カラットあるとかなり大きいですが、(直径6.5mmぐらい)
それでも0.2gしかありません。
鉱物によって比重も違いますから変わってきますけれど。

とはいえ50カラット近い宝石というのはかなり巨大なものです。
そんな大きな宝石を持ち込みされたお客様に18Kゴールドのペンダントトップを制作しました。
f0179073_13582244.jpg
とても大きなロンドンブルートパーズです。

カットも面白いので、石の存在感を際立たせるためにあえて周りの装飾は控えめに。
f0179073_1359183.jpg
地金をたくさん使うと費用もかかりますのでご予算を考えながらデザインを練りました。

お手持ちのオメガチェーンを使って、胸元にうまく落ち着くように裏側も工夫して。
f0179073_13594073.jpg

f0179073_140360.jpg
出来上がり写真を撮り忘れちゃいました・・汗)

おかげさまで喜んでいただけました。


ただひとつ心残りが。
当初の見積額より少し安く出来上がってしまったのです。
地金の価格は1gでも数千円違いますのでなかなか厳密な見積りは難しいのですが
今回は使う地金の量を多く見積もりすぎました。
予算額であればもうすこしデザインの可能性があったのですが・・・

あ、もちろん最終的なお値段も安くなっていますので
お客様にご迷惑をかけるようなことはなかったと思うのですけれど。
[PR]

  # by studio_argento | 2016-04-14 14:07 | ジュエリー | Comments(0)

カバリーノ・ランパンテ

後肢で勢い良く立っている、いわゆる「跳ね馬」の絵柄というとほとんどの方は
イタリアのあの自動車メーカーを思い起こす方が多いことでしょうね。
実は同じ馬はドイツのメーカーのマークの中にも入っているんですね。
そのいわれに興味がある人は調べてみると面白いと思います。
(過去にも書いたことあったかな)

あるお客様(男性)がペンダントのリフォームを依頼してこられました。
拝見するとあの「跳ね馬」のデザインにダイヤをちりばめた素晴らしいもの。
製作はイタリアの高級ジュエリーブランドです。
f0179073_1363085.jpg
ペンダントは使わないから男性用に他のものにリフォームしてくれとのこと。




ご提案して作ったのがこちら。
f0179073_137912.jpg

ラペルピンと呼ばれる、上着の襟に刺す男性用ジュエリーです。
キャップにつけたダブルのチェーンも、Fから始まるメーカー名の入った小さなプレートも
オリジナルからの再利用です。
f0179073_1374964.jpg

f0179073_1381975.jpg

お納めしたその日、早速パーティーに付けていかれたとのこと。
良いご提案とリフォームができてこちらも嬉しい仕事でした。

ちなみにこのペンダント、跳ね馬の本拠地からご本人への直接のプレゼントだったとか。
つまりオフィシャルグッズってことですね。
こんなものをメーカーからプレゼントされるなんて
日本にもすごい方がいらっしゃるものですね。
[PR]

  # by studio_argento | 2016-03-31 13:12 | ジュエリー | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE