<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

夏の終わりに

異常気象や温暖化などと言われて久しいですが
それでも地球は自公転を淡々と繰り返し季節は巡っているようです。
あれほど暑かった日々も、この数日の爽やかな気候で忘れてしまいそうですね。

忘れてしまわないうちに夏の出来事を書いておきましょう。

今年のように暑いと趣味の旧車はとてもじゃないけど昼間は乗れません。
そこで友人の提案で、早朝山に集まって涼しいうちに帰るというツーリングをしてみました。
三瓶山に午前7時集合。 
f0179073_13564119.jpg
松江、出雲、広島、尾道とさまざまなところから仲間がやってきてただ雑談 笑)
f0179073_1357385.jpg
その後三々五々に帰宅、あるいは延長ツーリングを楽しみました。



別の日は噂のラーメン屋さんに行ったついでに海まで。
f0179073_13571123.jpg
f0179073_13573487.jpg
f0179073_1357495.jpg
f0179073_13582357.jpg
f0179073_13583744.jpg
f0179073_13585821.jpg
夏の日本海は透明度も高くてきれいです。 水着持っていけばよかった。



バイクだと旧車ほどは暑さが気にならないうえ
涼しいところに行けば気持ちよく走れるので山に行きました。
f0179073_13591764.jpg
蒜山界隈で景色のよいスポットを探したり、
f0179073_135943100.jpg
いつものパーキングでアイスを楽しんだり。


8月終わりの週末には単身赴任中の大阪からMKさんが来訪。
ご希望のラーメン屋にお連れしたあと、島根半島~大山とご案内しました。
f0179073_13595880.jpg
f0179073_1402226.jpg
この蒼いカスタムマーニ、ちょっと乗せていただいたのですが、素晴らしく楽しいバイクになっています
f0179073_1403539.jpg
f0179073_1405644.jpg
この日の朝は4輪の早朝ミーティングもあったのですが体調不良で欠席。
でもちょっと休んだおかげで日中は大丈夫でした。 4輪メンバーのみなさんゴメンネ。



まだ暑さの残る9月はじめはアルファロメオチャレンジ参戦のため岡山国際へ。
3月に引き続き家内との「夫婦対決」。
f0179073_1415022.jpg
f0179073_1421428.jpg

結果は(遅いほうのレースで)ポールtoウィン。 家内はクラス3位(総合?位 笑)
f0179073_1424385.jpg
レースでは大きなトラブルもなく2台とも好成績でhappyでした。



先週はふと思い立って家内とグッチ2台で中国山地へ。
頂上まで車で登れるという山に行ってきました。
f0179073_1461088.jpg

山頂からの景色もよかったのですが、そこに行くまでに通った沢沿いの道が
ちょっと奥入瀬を思わせるような場所でした。
f0179073_147223.jpg
f0179073_1465736.jpg
雨のあとで、水が濁っていたのが残念でしたが、家内のお気に入りのスポットになったようです。



そうそう、8月初めに思わぬお客様がありました。
サーキットでたまたまお会いしてから知り合いになった この人
f0179073_14103067.jpg
f0179073_1410485.jpg

取材で山陰に来るのでお店に立ち寄ってもよいかと。
仕事の合間に顔を見に来てくれるのかなと思ったら記事になってしまいました。 汗)
詳しくはバイク雑誌 Bike JIN 10月号 108ページからの記事をご覧ください 笑)


そんなこんなでこの夏も終わり。
これからは2輪も旧車4輪も気持ち良い季節。 
いろいろやりたい事やイベントが山盛りで、選ぶのに苦労しそうですね。

あ、その前に#35のシリンダーヘッドを修理しなくては。
レース後のチェックでちょっと問題を見つけたので対処です。
f0179073_1417736.jpg
次のイベントまで時間がないのでストックのノーマルヘッドをオーバーホールして使うつもりです。  ちょっとデチューンになっちゃうけど仕方ないです。

いいことばかりは続かないってことですかねえ。
[PR]

  by studio_argento | 2012-09-22 14:22 | 日常 | Comments(6)

エタニティ

エタニティリングと呼ばれる指輪があります。
おもにブライダルリングに見られるものですが、
指輪の表面にダイヤモンドがぐるりと一周留められているものです。
f0179073_15111651.jpg
                                   画像はWebで拾ってきたものです

始めも終わりもない、その留め方が永遠を思わせるということから
その名がついたのだと思います。

一般的に店頭に並んでいる既成品は、一度金属で原型を作り、
それをもとにゴム型などを製作して複製しているものがほとんどです。
各サイズを製作しておいて、お客様の指に合うものを探すのが普通ですね。
手のひら側にはダイヤを留めずにサイズ直しに対応しているものもあるようです。

しかし、オーダーメイドでこれを作るには、指のサイズから指輪の外周を計算して
そこに隙間なく留められるサイズのダイヤモンドを選択、それを留める「座」の部分を
一周作りこまなければならないので制作はなかなかに大変な作業になります。
また、その形状から完成後のサイズ直しができないので
サイズ計測にはかなりの神経を使います。

その分、出来上がりのフィット感は他にないものになりますね。
(普段使いという観点からはあまりおすすめしないのですが 笑)

でも、ダイヤモンドを並べたものだけがエタニティリングというわけではないのでは?
f0179073_1530751.jpg
f0179073_15301529.jpg
このリングは奥様がお持ちだった立て爪のリングをリフォームしたものです。
かなり大ぶりなダイヤモンドでしたから立て爪の部分の高さも相当あり
おそらく特別なお出かけの時ぐらいにしか使えなかったと思います。

今回、爪が引っ掛からないようにというご希望と、お好みのデザインの画像をいただいて
基本的な形はすぐに決まりました。

そこにご主人のご希望で「四つ葉」のデザインを入れることになりました。
思いついたのが「エタニティ」。 つまり四つ葉をぐるりと一周表面に刻み込むことです。
f0179073_1536127.jpg
f0179073_15304571.jpg
f0179073_15305268.jpg
f0179073_15314240.jpg
平面でしたらレーザー加工で彫ることもできるのですが、リングの表面がかまぼこ型に
出っ張っているので難しそうです。

結局刻印を特注してひとつずつ手打ちすることに。
といってもきれいに割りつけることも含めて曲面への刻印は相当難しい。 
かなり苦労して一周8個の四つ葉を刻印しました。

生えている茎の向きは4方向すべての向きで2セット。
ぐるりと取り巻いた、様々な向きの四つ葉が「エタニティ」とか「ユニバーサル」といった言葉を
連想させるリングになりましたね。

あ、ここをご覧のほとんどの方はもうおわかりでしょうが、ご主人は生粋のアルファロメオ好き。 
昔からアルファロメオのフェンダーに貼られてきた幸運のシンボル、そこからのモチーフです。
奥様への愛とアルファロメオへの情熱が宇宙に満ちて永遠に続きますように。





ウチの工房では四つ葉のモチーフの作品のオーダーが多いんですよね。
なんでかな? 笑)
[PR]

  by studio_argento | 2012-09-15 15:44 | ジュエリー | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE