<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

良い年を

年内の仕事も済ませて仕事場の掃除も終わり
f0179073_11164950.jpg

ガレージの掃除とほこりをかぶっていたスパイダーをきれいにして
夜は車仲間の忘年会。
f0179073_1117569.jpg
f0179073_11171948.jpg


ぎりぎり年内にスパイダーのエンジンが組みあがりました。
来年は家内や友達に乗ってもらえそう。

無事な復活を祈りつつしめ飾りをかけてっと


f0179073_11174357.jpg




皆様もよい年をお迎えください。
[PR]

  by studio_argento | 2011-12-31 11:23 | 日常 | Comments(10)

S100

前回のアップからずいぶんたってしまいました。
クリスマス&年末であれこれ忙しかったというのもあるのですが、他にも理由が。
長年使っていたコンパクトデジカメが先日のツーリングの前についに壊れてしまい
f0179073_15511884.jpg

日常気軽に写真を撮れる環境がなくなってしまったのです。

当初は「レフつかえばいいや」などと思っていたのですが、マクロレンズも持っていないので
作品撮影など難しいですし、その都度三脚とか出すのも大げさです。
家内のコンデジを借りたりしていたのですが、やはり自分のがないと不便です。

「どうにかしないといけないなぁ」と思っていたところ、先日家内が数冊のカタログをくれました。 見ると各メーカーのコンデジのもの。 「誕生日に買ってあげるから」とうれしい言葉。ワーイ
素直に甘えることにして機種選択を楽しみました。


候補になったのはいくつかあったのですが、
f0179073_1551356.jpg
f0179073_15514714.jpg
f0179073_15515163.jpg
単焦点は使いづらそうだなあ、マニアじゃないし。 苦笑) 

f0179073_1552440.jpg
f0179073_1604990.jpg
の2つは最後まで悩みましたが、二つともちょっと大きい。






決めたのはこれ。
f0179073_15541195.png

Canon powershot S100



写真を撮るのは好きですが、カメラマニアではないのでそのコンパクトさから期待できる
使いやすさを重視しました。
おまけにweb限定のレザーケースもオーダーしてもらって言うことなしです。
(まだ届いてないのですが・・・いつとどくのかな?Canonさん)


うれしくていろいろ撮ってみました
f0179073_15551348.jpg
f0179073_15561213.jpg
f0179073_1556265.jpg
f0179073_15564028.jpg
お誕生日ディナー❤ 松江市内のレストランHaraにて  

f0179073_15565292.jpg
堀川越しにみる旧日銀

f0179073_1557544.jpg
f0179073_15572258.jpg
f0179073_15573333.jpg
ドラ猫「ジリ」 

f0179073_15574642.jpg
イブの朝の道

f0179073_15575856.jpg
雪雲の切れ間


f0179073_15581255.jpg
ピッコラマッキナ まだ磨く前の599GTB

f0179073_15582222.jpg
磨きあがったもの

f0179073_1558317.jpg
アルファ8Cスパイダー

f0179073_15584062.jpg
アストンDB9

f0179073_15584827.jpg
フェラーリ599GTB

f0179073_16105262.jpg
携帯ストラップに組んで納品。 それにしてもこれみんな納車プレゼントです。 すごいですねぇ
あ、ご注文いただければほぼどんな車種でも作ります。



写真の質はともかくこれでまたブログアップができます。 
といっても相変わらずのスローペースなのでしょうけど。 汗)
きっと年内は最後のアップになるでしょう。
皆さんよいお年をお迎えくださいね。
[PR]

  by studio_argento | 2011-12-26 16:19 | 日常 | Comments(18)

サイクロプスの目玉

先月のおわりに友人に誘われて滋賀県まで行ってきました。
旅の相棒はルマン。 
道連れは例によって家内とモンツァ。

高速~湖西道路経由で琵琶湖西岸を北上。
マキノ高原でメタセコイア並木を見たり
f0179073_14542526.jpg
f0179073_14493181.jpg
f0179073_14515411.jpg
紅葉と夕日で真っ赤に染まる奥琵琶湖を楽しんだ後
f0179073_1455574.jpg
長浜で友人と合流して鴨鍋。
f0179073_14552197.jpg
 何度かあったことのある人や初めての人など今の時代ならではの宴会を楽しみ
翌日は2輪での参加者とまた奥琵琶湖をツーリング。
f0179073_14554931.jpg
f0179073_14561293.jpg

その後山陰に帰る私たち2台は小浜に出て福知山~鳥取~安来と主に一般道で帰りました。

帰りはさすがに日没までにたどり着けず、すっかり暗くなってからの帰着でしたが、両日とも天気はまずまず。冷え込みも予想したほどひどくなかったのでシーズン最後となるであろうロングツーリングを楽しみました。


ルマンで夜道を走ったの今回が初めてだったのですが
う~ん、暗い。
そう、ヘッドライトが行燈みたいなのです。

前オーナーさんはこれでユーザー車検で通していたとおっしゃっていたのですが、
当地の車検場で通るかどうかちょっと不安になりました。
そこで先日車検場近くのテストセンターに出向き、調べてみることにしました。

ルマンの車検は来年2月。 悪天候が予想されますし、どうせオフなので来春取りに行くつもり。
そうなると臨時運行ナンバーでの移動になりますから(トランポないですし)当日あわてなくて済むように石橋を叩いたわけです。(こういうことに関しては気が利くなあ 笑)

結果は・・・・テスターを動かしてくれたおじさんに鼻で笑われました。
ぜんぜん光量が足りないと。

それではと高効率バルブを入れようとしましたが、ばらしてみると使われているのは一般的なH4ではなくて、H8(だったかな?)とかいういわゆるヨーロッパ球。(写真右)
f0179073_14565513.jpg

簡単には高効率バルブも手に入りそうにありません。
さいわいなことにバルブ穴がH4より大きかったので、銀の板を糸鋸で切りだしてアダプターを制作。
f0179073_14572136.jpg
(こういうことに関しては手が早いなあ 苦笑)

たまたま手元にあったH4を入れ、ランプの内側も出来る限り掃除して
用心のためにワット数の高いバルブも用意して再チャレンジ。
f0179073_14591368.jpg
バルブの青い色が映ってカッチョワルイなどという余裕などありません 汗)

日にちが開いていたのでテスト料金をまた支払う覚悟で行ったのですが
「調整済むまではイイですよ」と優しいお言葉。 

いざリベンジとテスターの前に進み、エンジンをかけてハイビームにしたところ


・・・・・・・・×
それではと用意したバルブにかえていざいざ




・・・・・・「前より暗いです」
(ワッテージが高くてもきちんとしたメーカー品でないとダメなことが多いそうです)

配線にはすでにリレーも入っていて、あと出来ることといえば電源ラインを太くすることぐらい。
でそれぐらいのことではどうにもなりそうもありません。

打ちひしがれて帰る道すがら、今年の春に車検を通したV35のことを思い出しました。
「をを!あのランプを移植すれば通るはず。!!」
(こういうことに関してはひらめくなぁ 汗)

ガレージで眼球移植となりました。
f0179073_14583423.jpg
この青は空の色が映ってるだけです。 バルブは少し青いけど気にならない程度かな。

結果は・・・・・・・わーい! 通りましたぁ。 感涙)
まあ、エンジン回転とかハンドルの向きとか細かいとこはいろいろありますが
とにかくこのままであれば車検場に行っても大丈夫そうです。

当初ルマンについていたのはアプリリアというブランドのランプ。
f0179073_1502640.jpg
f0179073_1505396.jpg

あのバイクのアプリリアでしょうか?
レンズカットからすると左右両通行用に作られたモノのようです。
また、ランプ内中央に傘があり(ルーカスの3ポイントみたいに)中央の光を前に出さず
反射させるようになっています。

現在のバルブは頭にコーティングがされていて中央部がまぶしくないので傘は必要ないのですね。
たぶんこの傘のせいで光量が出ないのでしょう。
傘の内側にメッキでも掛ければいいかもしれないですね。

思い切ってばらして傘を取り払って使おうかとも思いましたが、レンズの雰囲気もいいし
たぶんそうそう手に入るものでもないはず。   そのまま置いておくことにしました。

V35から借りてきたのはS.I.E.M製。
f0179073_1515189.jpg
 これはたしかイタリアのランプ屋さん。今はどこかに吸収されちゃってるのかなぁ。
こっちはちゃんと左側通行用のカットになっていますし傘もありません。
アプリリアとは一時代違うのでしょうね。
とりあえず車検を通すまでは借りておくことにしました。
f0179073_1521472.jpg
そんなに違和感ないかな? 
ついでにイモラミラーに交換。 前のは振動で後ろが見えなかったので。 
姿勢が低くなったように見えてこっちのほうが好きかも。

今週末から寒くなるとの予報。
あちこちで凍結防止の塩を撒かれるようになったら旧車シーズンは終わりということにしています。
これからまたガレージにこもってメンテナンスの季節ですね。
スパイダーのエンジンもやっと目処がついてきたので早くやっつけてしまわないと。
ツーリングのために買った使い捨てカイロののこりが役に立ちそうです。


*ある方からのアドバイス。
 アダプターを使ったせいでバルブの位置が変わり、(奥まって)
 レンズの焦点位置とのずれができて暗くなったのかも・・と。
 もしそうならフィラメントの位置を合わせるようにアダプターを作り直せばいける可能性もあるかな?
[PR]

  by studio_argento | 2011-12-07 15:21 | 日常 | Comments(16)

いい夫婦

少し前の話ですが、11月22日は「いい夫婦の日」だったそうですね。
むかしはあまり聞かなかったと思い調べてみたところ
1988年に提唱されたそうですから23年前からということになります。
一般的になったのはここ数年といった気もするのですけれど
実はずいぶん前からあったんですね。

さて、10月末にご来店いただいたお客様のご依頼。
手持ちのリングから取り外したエメラルドとダイヤモンドを使ってタイピンを作ってほしいとのこと。
デザインはお任せとのことでしたので、シンプル&シックに、でもダイヤの輝きが映えるように
考えて作ってみました。
f0179073_17116100.jpg
プラチナでの製作でしたのであまり重くならないように薄目の板を使い、なおかつ強度が保てるようにボックス状に。
中を艶消しで仕上げてそこにバゲットカット(長方形)とスクエアカット(正方形)のダイヤを
端のエメラルドからの並びにリズム感を持たせて配置しました。
f0179073_17113982.jpg
f0179073_17115494.jpg


納品の期限は11月22日。
この日が22回目の結婚記念日なのだそう。
2回目の「いい夫婦の日」に式を挙げたおふたり、当時そのことをご存じだったかどうかは聞きそびれましたがタイピンを作りながら、きっとそのとおりのご夫婦なのだろうなと感じました。

ちなみに今回のダイヤモンドは、以前お嬢様の婚約指輪制作のためにお母様のリングから取り外した宝石の残りでした。
自分の大切なリングから宝石をはずして娘に、そして夫にプレゼントをつくる、優しく素敵な女性ですね。 
「いい夫婦の日」に「いい家族の絆」を見せていただいたような気がする、そんな仕事でした。
[PR]

  by studio_argento | 2011-12-03 17:16 | ジュエリー | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE