<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

雨の音で目が覚めた
強く降っている
4時・・・いや5時か 
時計を見なくても明け方とは判る

何故今日雨なのか
止むのか
止まなくても行くのか
それともまたしても叶わないのか

逡巡しながらまた眠りに落ちた。




路面は少し濡れている
だが東に向かうクルマの窓には
乾いたアスファルトの明るいグレーが広がり始めた

山は見えない
「高いところは濡れているかもしれないな」
だがおそらくもうこちらに向かっているだろう

ダンストールに付いたままになっていた雨の痕をウエスで拭ってから跨る

いつも通りの儀式のあと
右手首をそっとひねり
左の掌をゆっくりと開いて足を浮かせる。



野太い音を1時間ほど後に流して着いた其処に









すでに来ていた。



f0179073_14251457.jpg

MAGNI AZZURRO
f0179073_14253665.jpg

いままでの2度の雨はこの日のためにあったのだろう。




夏の一日を共に過ごしてくれた新しい友に感謝を。
そしてその美しい「蒼」を味あわせてくれた彼の心意気に最大の敬意を。

f0179073_1547454.jpg
photoglaph from MK                              
[PR]

  by studio_argento | 2011-08-17 14:42 | 日常 | Comments(11)

べゼル

また2輪ネタかと思った人もいませんか?
「ベゼル」です。 「べベル」じゃないですよ。 笑)

ベゼルと聞いて普通思い浮かべるのはコレでしょうね。(時計好きだけかな?)
f0179073_13312315.jpg

あるものを取り巻くバンド状のものの呼称のようです。



日本語で言うと「覆輪」。
甲冑や刀剣の縁を包んで傷みを防止するための金属の帯です。
彫りなどの装飾がされていることが多いですね。
f0179073_13315225.jpg
鉄地銀覆輪菊図鐔

他にも着物の袖口や植物にその名を使われるようです。
f0179073_13322235.jpg
富貴欄 織姫覆輪




さて、ここでいうベゼルは地金に宝石を留める方法を言います。
宝石のセッティング方法にはさまざまなものがありますが、ベゼルセッティング
あるいは覆輪留めというのは宝石の周りをバンド状の地金で取り巻いて、
その縁を宝石の上に倒しこんで「かしめる」留め方です。

利点としては
 全周を地金で取り巻くのでもろい石が欠けるのを防げる
 爪がないので小さな出っ張りがなく引っかかりにくい
欠点としては
 石の上に地金が被さるので石が小さく見えてしまう

といった特徴があります。

さて、先日書いたダイヤモンドのリフォームですが、お客様のご要望が
「出っ張りが少なくて引っかからない、普段使いやすいリング」
とのことでしたので今回は覆輪留めでデザインを考えました。
f0179073_1342273.jpg

大きいほうのダイヤは1カラット以上ありますので、その大きさを大事にして
石に被さる地金を極力少なく仕上げました。
f0179073_13422449.jpg
f0179073_13424764.jpg
ダイヤの配置にリズム感を持たせ、どちらを上にしても面白いデザインに。 細い腕も特徴です。

当初のリングでは「いらな~い」と言っていたというお客様のお嬢様も
これならきっと欲しがってくれることでしょう。
リフォームは宝石が受け継がれていくお手伝いにもなると思いますね。





そうそう、覆輪といえば、LeMansの鍵にお守りを付けました。
f0179073_13342630.jpg

2輪の大先輩で鳥取に住むグッチマニア、Mさんからいただいたコイン。
シルバーでベゼルを作ってキーホルダーに通しました。
f0179073_13344123.jpg
f0179073_13345355.jpg
 バイカーの聖地、マン島のコインですからきっと護ってくれることでしょう。





あ、結局2輪ネタになってしまった・・・・汗)
[PR]

  by studio_argento | 2011-08-11 13:54 | ジュエリー | Comments(17)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE