<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

ストレート

運命的な出会い(私にとってはですが 笑)からMotoguzzi 850 LeMansが
我が家にやってきて早いものでもうひと月とちょっと。

私が乗った距離も1000キロに届こうとしています。
定説になっているスロットルの重さもリンク部に注油することでかなり改善されましたし
(慣れたこともありますが)、遠かったブレーキレバーも好みの位置に調整。
ひとつ問題になりそうだったオイル漏れもとりあえずの処置ですが止まっています。

400キロのロングを一回、あとは近場を走ってきたのですが大きな問題もなく、
乗るほどにその楽しさ、気持ちよさをかみしめています。


お休みだった月曜日は早朝に大山を走ってきました。
ガレージのある安来市から直線的に蒜山に抜け、鬼女台(きめんだい)展望駐車場でひと休み。
f0179073_16304068.jpg
f0179073_16311186.jpg
f0179073_16331278.jpg

f0179073_16334124.jpg
う~ん、どのアングルから見てもいいですねぇ。


オイルが漏れてたところは・・・・
f0179073_16335851.jpg
大丈夫ですね。

蒜山ジャージー乳のコーヒー牛乳でのどを潤し、
f0179073_16342021.jpg
蒜山高原に下りて反時計回りに大山を1周。

標高の高いところはさわやかですが、里に下りてくるとやはり・・・
でも片方に雄大な大山、
f0179073_16345221.jpg
f0179073_16351125.jpg
反対に青々とした日本海を見ていると少しは暑さを忘れます。
f0179073_1635425.jpg
そうそう、先日山口からお越しになったルマンⅢ乗りの方からいただいたステアリングダンパーを
早速取り付けてみたのですが、なんだかちょっとしっとりしたような良い感じです。 
そういった感覚は正直なところニブイほうなのですけどね。 汗) 
Wさんありがとうございました。

昼前まで走ってガレージに戻ってからは
最近トンと進んでいないエンジンOH作業のつづき。
やっと先が見えてきたところに思わぬ部品不良でストップ。
それではと始めたヘッドの作業も工具が壊れてこれも中断。
仕方なく日の高いうちに引き上げました。

帰ってから時間があったのでちょっと近所に偵察に。


f0179073_16362316.jpg

大型2輪にチャレンジ中の家内です。
f0179073_16364819.jpg
f0179073_1637319.jpg

6月末から通い始めて半月、昨日ついに卒検に臨み合格!
入校から一度の補習もなく卒検も一発。 見事なストレート勝ちでした。
我が事のように嬉しくて誇らしいですね(←親バカならぬ○○バカ?)
卒検での一本橋のタイムが教習中のファステストラップだったらしいですが 笑)

これでガレージに控えているV50にも乗れます。
V35ではちょっとこころもとなかった遠距離もルマンと2台で行けそうです。
旧車に乗るのは辛い季節ですが、2輪ならなぜか結構我慢できちゃいます。
楽しい夏になりそうですね。
[PR]

  by studio_argento | 2011-07-16 16:43 | 日常 | Comments(23)

ティファニーセッティング

ティファニーセッティングとは、ティファニー社が1個石ダイヤモンドを最も美しく魅せる方法として
1886年に6本の立爪のセッティングとして開発した石留め法です。
ダイヤモンドが持ち上げられているため、光があらゆる方向から入り、
輝きがより強く引き出されています。
現在では婚約指輪(エンゲージリング)の代表的な石留め法の名称のひとつとなっています。
f0179073_1823349.jpg
f0179073_18254171.jpg


ただ、私が思うにこのデザインはあくまでパーティーなどへの『おでかけ用』なのではないかと。

その証拠にお客様が持ち込むダイヤのリフォームの多くがこのタイプのリングで、
その理由が「普段使えないから」というものがほとんどだからです。

もちろんティファニーセッティングやそのバリエーションのセッティングは 
ダイヤの良さを最大限に発揮する素晴らしいデザインですし
それを贈った人の気持ちもうつくしいものであったとは思いますが
どんなに素晴らしいリングもライフスタイルに合わないものではそれこそ宝のもちぐされですね。

今回もそんな立爪のリングのリフォームのご依頼をいただきました。
1カラットと0・22カラットのふたつをひとつに合わせて作り直しです。
f0179073_18241655.jpg
f0179073_18251411.jpg


お客様がはずしたくなくなるようなデザインを考えないといけないですね。
[PR]

  by studio_argento | 2011-07-12 18:29 | ジュエリー | Comments(2)

この週末

金曜日は近くまで行ったついでに、新築した友人の工場を見学に。
f0179073_17302026.jpg
f0179073_17304384.jpg

建築会社に勤める別の友人A氏の渾身の作(?)。 おしゃれでしょ。
A氏に工場入口の柱に何かしゃれた言葉を と頼まれたので、イタリア語で
f0179073_1731989.jpg

えんすーのための修理工場って意味。
そんな車ばかり集まっても困るだろうけど。 笑)
今まで一人でやってたけど、広くなったので一人雇うとか。 
アルバイトで使ってくれないかな。 笑)
工場開きには何に乗っていこうか?  今一番旬なのはルマンですが・・・





土曜日はネットでつながった方々が曇天の中、山口県より来襲。
f0179073_1731518.jpg
f0179073_17323084.jpg




MHR、CB1100R
f0179073_17331051.jpg
新車のような1100Rに驚愕。 MHRのコンチの音と、想像にたがわぬ走りにニヤリ。

LeMans3
f0179073_17333150.jpg
一度V7仕様にカスタムした後、オリジナルに戻したとか。 スゴイ情熱。

R100RS
f0179073_17335984.jpg
旅をするにはイイでしょうねぇ。どこまでも行けそう。 カウル内にペットボトルホルダー装備 笑)

と濃いラインナップ。


お、このステッカーは。
f0179073_1734153.jpg
近く高山で開催される某祭りの創始者メンバーだそうです。

夜は地元宍道湖産の食材をメインにしたオリジナル料理を出す店で歓談。
初めて会う人なのにすぐうちとける。 趣味とネットのありがたみですねぇ。

今日は本来なら尾道や関西からも集まって大山ツーリングの予定でしたが、
天気が怪しかったのでそっちは中止。(Fさん、Kさん、残念でしたがまた次回!)
皆さんをささやかな庶民のガレージにお連れしてLeMans他を御開帳。
隣にある大家さんのガレージのほうも見せていただいて、こっちには驚いていただきました。 謎)

バリスタ日本一のカフェ訪問もあきらめて、降りそうな天気の中元気に帰って行きました。
f0179073_17344348.jpg

Kazuさん、ワッキーさん、Sさん、Uさん、M君(次はトラでね)、今度はそっちに行きますね~。


*追伸  その後の連絡でなんと雨に会うことなく無事帰られたとのこと。 
     キョーレツな晴れ男がいるみたいですね。 ウラヤマシイ
[PR]

  by studio_argento | 2011-07-03 17:48 | 日常 | Comments(12)

saxophone

中学時代の3年間吹奏楽部でトランペットを吹いていただけなのですが
おかげでいまだにクラシックやジャズにわずかながらも興味があります。

当時はまだ部員も多かった時代、男子生徒は金管、女子は木管となんとなく決まっていました。
そんな中でサックスが木管に入っているのはなんだか不思議な感じがしていました。

もうトランペットを吹かなくなって数十年ですが、また楽器をやってみたいとときどき思いますね。
今度はじめるならトランペット以外なら断然サックス。
あの色っぽい音色は吹く人もきっと気持ちイイでしょうね。
ジャズスタンダードとか吹けるといいだろうなあと妄想しています。

最近は女性プレイヤーも多いようですが、特に寺久保エレナがカッコいいですね。

今回ご紹介するエンゲージリング
f0179073_13363427.jpg
f0179073_13372119.jpg

これを贈られる女性はアマチュアサックスプレイヤーです。
デザインの相談を受けた時、すぐにこのデザインが浮かびました。
横向きではわかりにくいかな?
f0179073_13374339.jpg
これ、サックスをイメージしているのです。
朝顔と呼ばれる開口部に0.3カラット+の最上質のダイヤモンドを留め
f0179073_13381260.jpg

キーの位置を小さなメレダイヤで表現しました。
f0179073_13383790.jpg
左の薬指にこれを付けてサックスを持つと、デザインが楽器の向きとシンクロするようになっています。


まだその方の演奏を聞いたことがないのですが、チャンスがあったらぜひ(リングをつけた)演奏を聴いてみたいものですね。
[PR]

  by studio_argento | 2011-07-01 13:42 | ブライダル | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE