<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

今日は

今日は鳥取市在住でモトグッチの大先輩(年下ですけどね)、Mさんの結婚式の日。
日も暮れてきたこの時間にはきっと式もとどこおりなく終わり
人生最大の式典の余韻と疲れに浸っておられるころでしょう。

お二人の婚約指輪と結婚指輪はMさんのおばあさまとお母様のリングからリフォームしたもの。
おばあさまの婚約指輪からダイヤを取りはずして新婦への婚約指輪に。
残った地金とお母様のリングを二人の結婚指輪に使いました。


出来上がったリングはこちらでご覧ください。

家族の想いの詰まったブライダルリング、Mさんの優しさがあふれていますね。


Mさん、今日からは趣味と仕事だけには生きていけない身です。
あなた一人の体でもない。 
うまくバランスを取って仲良く暮らしてくださいね。
(わが身のことは棚に上げてます。 大きい棚を持ってるんですよ、私。  笑)


お二人の幸せを祈ります。
[PR]

  by studio_argento | 2010-11-21 18:11 | ブライダル | Comments(2)

京都へ

京都に行ってきました。

この時期は空気も澄んで気持ちよく、紅葉もいいでしょう。
のんびりぶらぶらするにはいい季節ですね。

しかし今回は別件。 車がらみです。
5月のレースで割れたガラスのリカバーの行ってきました。 (やっと)
欲を出してイギリスからライトウェイトタイプのガラスを輸入することにして
送料を少しでも浮かせるためにと仲間内で6枚をオーダー。
しかしこれがアダとなり、在庫足らずでバックオーダー。
足りない分の製造も最低ロットが集まらないと作らないのではないかと、
いつやってくるかわからない状態に。

オーダーを代行してくれた京都のフクダオートチューニングさんに相談したところ
「うっとこにある中古のノーマルでよかったらとりあえず入れといたら? うちで入れたげるし。 おいでや」
と、ありがたい言葉。
お言葉に甘えて日帰りで京都エクスプレスしてきました。
積載車で行くことも考えたのですが(というか普通そうでしょうね)いろいろ考えてフロントガラス無しで自走を蛮行。
バイク並みの防寒をして、高速ではヘルメットまでかぶって行きました。(いいのか?  笑)
f0179073_1410777.jpg

紅葉の蒜山あたりはさすがに寒かったのですが、黄砂で煙る太陽が
それでもすこし気温を上げてくれたようでなんとか冷え切らずに通り抜けられました。

はめ込みはガラス掃除から始めて2時間半ほどで完了。
f0179073_14102592.jpg

無事元の姿に戻りました。
福田さん、ありがとうございました。

福田さんの作業のお手伝いをしたのですが、ガラスのはめ込み、勉強になりました。
ライトウェイトが届いたら自分でいれてみようかな。 (割れたりして・・・)





ところで行きの名神高速でのこと。
左右ルートに分かれるあたりで突然エンジンが不調に。
出口の近い左ルートを選んだのですが出口までたどり着けず
なんとかトンネルを避けて非常電話のスペースまで。
f0179073_14112248.jpg

車をチェックするとどうやらガス欠。
トリップメーターからするとまだまだ走るはずなんですが・・
(ゲージが調子悪くて信頼できないんです)
仕方なくJAFを呼んで10リッターの給油。
エンジンは無事息をふき返しました。
大山崎で降りてスタンドで給油すると45リッタータンクなのにJAFでいれたのと合わせても30リッターしか入りません。
安全タンク内のピックアップホースが底までいってなくて15リッターは吸い上げられないのではと推測しました。 昨年タンクの蓋をあけてホースを出したことがあったのでその時にホースを底まで入れていなかったのでしょう。 これも冬の宿題になりました。  笑)

ところでJAFのスタッフに聞いたのですが高速道路でガス欠で止まると交通違反キップ切られるって知っていました? 今回はセーフでしたが。

*その後タンクを調べたところ、ピックアップは底まで沈んでいました。
 ガスはあるのにポンプは空打ち。 ホースが何かで詰まっているのかな??
 
 
[PR]

  by studio_argento | 2010-11-14 14:19 | ヒストリックカー | Comments(5)

泣いてまうやろ~!!

昨日ご来店の青年。
クリスマスに恋人へのプレゼントをご希望でした。

ペンダントということ以外あまり決めていなかったようなのですが
話をしているうちにデザインが決まりました。

モチーフは「柴犬」
実は彼女の実家で飼われていた柴犬がさきごろ天に召されたとのこと。
幼稚園時代から飼い始めて16年、月に一度実家に帰省するその日に息を引き取ったそうです。

その犬をデザインにするのは辛くないかなと思ったのですが
プレゼントするのがクリスマスとのことなので、そのころには少しは気持ちの整理が
できているだろうと、レリーフ状のペンダントトップを作ることに決まりました。

実は我が家にも柴犬がいるので
f0179073_13254180.jpg
                                          山陰柴の「アミカ」7歳♀
この話はいずれ私たちにも来るだろう別れを想わせ
お話を聞きながら涙をこらえるのが大変でした。
ほんとうに
「泣いてまうやろ~!! この話は犬好きが必ず泣いてしまうパターンのヤツや!!」
と言いたくなりましたね。

これから製作しますが、作りながら落涙しないか心配です。  笑)
彼の、彼女の、そして犬好きの心をこめて作りたいと思います。
[PR]

  by studio_argento | 2010-11-12 13:32 | シルバーアクセサリー | Comments(14)

アルファロメオチャレンジ Rd.4

晴天で低湿度、気温も低め。さらに数日前のWTCCレースでコース上に乗ったラバーも残っているという絶好のコンディションに恵まれたアルファロメオチャレンジ関西第4戦。

チャオイタリア同様、家内のレースカーを借りてエントリーしました。
前回の不調を払拭すべく臨んだレースでしたが結果は・・・・・

エンジンブロー

決勝2ヒート制第1ヒートの最終ラップ、最終コーナーのひとつ手前でエンジンが息絶えました。
f0179073_13584015.jpg

おもえば今回は前日のテストランからどこか集中力がなく、メインポストの旗を見落としていたり
サスペンションを勘違いしてセッティングしていたり。
予選ではスピンまでする始末。

その結果がブローで、惨憺たるレースとなりました。 (でも意外とメゲていない・・バカ?)

同じレースAを走った36番ことHさんや
f0179073_1359866.jpg
今回145で臨んだ28番ことSさんも
f0179073_13595155.jpg
(変な写真ですみません)
共にリタイアといいとこなしでした。
特にHさんは凄いベストタイムを出しただけに惜しかったですね、残念。

そんな中、今回のヒストリッククラスのヒーローはレースBを走った2台。
まずは29ばんさんことIさん。
f0179073_1402343.jpg

久しぶりのアルファチャレンジ復帰から約1年。
ついに2分の壁を大きく破る自己ベストタイムを記録して、わが35号車とほぼ横並びに。
その経験値の高さと地道なマシンの進歩が結実した日になりました。
最終コーナーで見た彼の速さは、家内に「鳥肌たった。カッコいー」と言わせるほど。
f0179073_1405137.jpg

家内にも良い刺激になったようです。

もう一人はこの春からヒストリックアルファに乗り始めたばかり、まだ固定ゼッケンも無い
1750GTVのSさん。
f0179073_1412628.jpg

車自体は前オーナーが2分を大きく切るタイムを出していたのでポテンシャルはある車なのですが、それにしても2度目のレースで予選2分フラットの好タイム。
その日の朝の練習走行で2分4秒台だった人とは思えない伸びでした。
ダートラで鍛えたスキルが生きているのでしょうね。
きっとまだタイムが伸びるでしょう。

こうしてみると来年はかなり面白いメンバーで走れそうです。
家内の73番も何とかオフの間に復活、あわよくばチューンアップを施して
いわゆる「U120」(2分以下)の仲間で戦えるようにしたいですね。
・・・・・・・エンジンが治れば・・ああ、冬の仕事が増えてしまった・・・

あ、ここで当日現場に居た方に業務連絡です。
当日決勝までの間に現場で#73スパイダーのハンドリングに関して私が発したコメントは、
すべて私のセッティングの勘違いに起因するもので、タイヤの性格やドライビング
ましてや車の出来不出来に関するものではないことをココに明記して撤回いたします・・・・・
のでよろしくね。  
[PR]

  by studio_argento | 2010-11-04 14:17 | ヒストリックカー | Comments(8)

最終日

最終日は午後の飛行機までのわずかな時間しかないので頑張って早起き。
荷物は宅配便で送って、身軽な格好で六本木ヒルズへ。

開館時間に合わせて、森美術館で開催中の
「ネイチャー・センス展:吉岡徳仁、篠田太郎、栗林 隆」を見に行きました。
f0179073_2050219.jpg

吉岡徳仁氏は、氏の事務所が島根県から移築された古い蔵ということもあり以前から気になっているデザイナーでしたが、作品に直接触れる機会がこれまで無かったので今回はいいチャンスでした。

他の2人も含めいずれの作品も「自然」を感じさせるもので、そのクオリティも高いものでしたが、ふと考えるとどれも島根県にいれば身近に感じるものばかり。
東京に見に行ってあらためて自分の住む場所が恵まれていることを再認識。
その想いを持ったまま慌ただしく空港に向かい帰路につきました。


チャオイタリアから始まってほぼ1週間、ハードな日程ながら贅沢な日々になりました。
人に会って、好きなものを見て、美味しいものと美味しい酒と。 
特に「これも自分と認めざるをえない」展は見た後いろいろと考えさせられて、
かなり印象深いものになりました。

関東でレースをしなくなった今、なかなか上京の機会は無いのですが、次もまた
いろいろ見たり学んだり会ったり食べたりしたいですね。
帰ってきてからのエネルギーになりますから。

と言いつつ3日は今期最後のレース、アルファロメオチャレンジへの参戦で岡山国際サーキットへ。
チャオイタの不調を払拭して、楽しいレースにしたいですね。
[PR]

  by studio_argento | 2010-11-01 20:52 | 日常 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE