<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

V50その後

不調のV50の原因を探るべくガレージで作業。

いろいろと考えてやはり電気が怪しい雰囲気なので点火系を診てみました。
特徴的な縦置きVツインエンジンの前端にあるディスビ。
そこにある二つのポイントをまずチェック。

前回はポイントギャップのチェックとサンドペーパーでのポイント面磨きだけで
済ませていたのですが、今回はポイントを取り外して目視でチェックしました。


するとやはり想像通りポイント面がかなり荒れていました。
こうなるときちんとした断続信号がコイルに伝わらないので
プラグがきちんとスパークしませんね。

単なるメンテナンス不足ともいえますが
ポイントに流れる電流量が多すぎるということも思われます。
回路内に置かれているコンデンサーがだめになっているのでしょう。
(コンデンサーは急激な電流を緩和してポイントの焼けを防ぐ働きをします)

また、コンデンサーがだめになる要因としてイグニッションコイルとのマッチングも考えられます。

現在V50はダイナ製コイル(緑)、インピーダンス3Ωのモノのようです。
ネットで調べてみるとダイナ製コイルには他に黒い5Ωのモノがあり
HDのショップなどではポイント点火には5Ω、フルトラには3Ωを推奨しています。

もしかしてこの一次側抵抗値の違いがコンデンサーを痛めてしまい
その結果ポイントが焼けて不調になってしまったのかもしれません。
これではポイント、コンデンサーだけを替えてもまたダメですね。
コイルを交換するか一次回路に2Ωの抵抗でも入れてみようかな。

ポイントの面をきれいにして、ギャップと点火時期をきちんと合わせてみると
(モトグッチの点火時期調整は面白いですね。
ポイントが2個あるのでディスビのバックプレートの回転だけでは済まないのです)
とりあえずエンジンはいい感じでかかりました。
近場をぐるっとした感じでは上までスカッと吹けます。
4~5000ぐらいの回転でもぐずることなし。

ポイントが焼けてしまうまでに時間がかかるかもしれないのでもうちょっと長く乗りたかったのですが
「ゴロゴロ」という雷鳴に、早々にあきらめました。
今度じっくりチェックしてみようと思います。

これが正解だといいな~。


*おまけ
圧縮上死点を出すためにギアを入れてリアホイールを回していたところ
ナンバープレートに胸があたって少し押すことに。
「むにゅ」という感触とともにプレートが落ちました。
テールランプの台座に溶接されていたプレートベースが折れてしまったのです。
まあ落ちたのが走行中でなくてよかったんですけどね。
「どこのガレージにも転がっている」アルミ板でチャチャッとステーを作ってプレートを取り付けました。

いろいろ楽しませてくれますねぇ。


今回は余裕が無くて作業の画像無し。
また、興味のない人には「なんのこっちゃ」な記事、すみません。

申し訳ないのでマイお気に入り画像でお楽しみください
f0179073_22552099.jpg
f0179073_2255567.jpg
f0179073_2381999.jpg
f0179073_22561242.jpg
f0179073_22565128.jpg

[PR]

  by studio_argento | 2010-08-24 23:09 | 日常 | Comments(14)

ツーリング

少し前の休日に家内と2台で走ってきました。

行き先は岡山県高梁市にある「吹屋」のまち。
江戸時代には石見銀山と同じ幕府の天領とされた銅鉱山の町とのこと。
また「ベンガラ」という赤い染料の産地でもあり、町屋の壁がベンガラで赤く塗られているのが特徴です。
f0179073_1353295.jpg
f0179073_13542957.jpg
f0179073_140583.jpg
f0179073_13544943.jpg
f0179073_13552618.jpg

緑深い山中に突然のように現れる赤い街並み、小さいながらも印象的でした。

古い町屋を改装したカフェも。
f0179073_1356026.jpg

覗いてみるとこんなものが置かれてました。
f0179073_1356235.jpg


吹屋をあとに山道を走り、今回もう一つのお目当てだった場所に。
BSの番組で清水国明と国井律子が紹介していたところ。
ところがあと少しというところで通行止め。
f0179073_1357388.jpg

直前にあったオーバーハングをくぐるだけで我慢しました。
f0179073_1358922.jpg
f0179073_135929.jpg

今度トンネルの反対側からアプローチしてみよう。

その後新見市を経由して大山を一望する峠を越えて帰りました。
f0179073_13592934.jpg


V50は時折調子が悪くなりそうになりながらも
酷くなることはなく、無事に走り切りました。
ツーリング前に施したパーコレーション対策とタペットクリアランス調整が
効を奏したのかなと思ってましたが・・

ところが先日友人と大山まで「朝練」に行った帰り、また発症。
今度はかなり重症で、なんとかガレージまでたどり着きました。

どうやら症状が出っぱなしなので、原因の究明はしやすいかもしれませんが
秋の気持ちイイシーズンまでになんとかなるかなあ。
[PR]

  by studio_argento | 2010-08-17 14:03 | 日常 | Comments(9)

オパールのリング ~リフォーム~

オパールのリングをリフォームしました。

オパールという宝石はとかく年配の人というイメージがあるようですが、
それはデザインが古いジュエリーばかりご覧になっているからかもしれません。

今回のリフォームも、もとは古いデザインのリングでした。
ご依頼主のお母様が大事になさっていたリング、それをご本人のために作り替えました。

ご希望はシンプルで普段使えるもの、指が長く見えるデザインとのこと。
2度のプレゼンでデザインが決まりました。
f0179073_1613342.jpg

f0179073_16133031.jpg
リズム感のある腕が軽快に指の上でループしています。
オパールは中央から少しずらして変化を持たせています。
f0179073_16142480.jpg
f0179073_1614383.jpg

普段使いですのでメレダイヤなどは留めずにスッキリと仕上げました。
オパールの表面には少しシミがありますが、
この場合その宝石に対するご本人の想いのほうが宝石の市場価値に勝りますね。


出来上がって指にはめていただいた時の嬉しそうなお顔は
やはりこの仕事をしていて良かったなと思える一瞬であり、
次の仕事へのエネルギーですね。
[PR]

  by studio_argento | 2010-08-10 16:19 | ジュエリー | Comments(0)

先週は松江白潟天満宮の夏まつり、「天神さん」
この週末は水の都松江の夏まつり、「水郷祭」でした。

出不精にしては珍しく両方出かけてきました。
天神祭では神輿を、
水郷祭では花火をそれぞれ楽しんできました。

まずは天神祭の神輿
f0179073_8322298.jpg

f0179073_8331098.jpg

f0179073_8334677.jpg


女性が担ぐ「をんなみこし」も
f0179073_834417.jpg






そして昨夜の水郷祭
f0179073_839325.jpg
f0179073_8401718.jpg
f0179073_841299.jpg
コンパクトカメラなのでいい画ではありませんが、
スローシャッターでのブレ具合がおもしろくなりました


クライマックスはこんな感じ。
湖上から打ち上げるので低い位置にも花火があってきれいです。
湖面が見えるところに陣取れたら水面に映る花火もきれいでしょうね。
[PR]

  by studio_argento | 2010-08-02 08:48 | 日常 | Comments(6)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE