<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

シルバーウィークは ~その2

次の機会まで6年と言われるシルバーウィークも終わりましたね。
皆さんはどのように過ごされましたか?

私と家内は連休前半にユーロカップというレースに参加してきました。

レース前点検で見つかった私の車のクラッチトラブルは、一応マスターシリンダーを交換することで
様子見となりました。
f0179073_1525377.jpg
f0179073_1526516.jpg


そして臨んだレースですが、予選は何とか無事に走り終えました。
出走21台中11位、クラス2位という、久しぶりのコースにしてはまずまずのポジションでした。
家内は14位につけたのですが、ミッショントラブルが発生し、決勝不参加となってしまいました。
私とのタイム差が0.6秒しかなく、決勝では面白い対決になると(内心冷や汗)思っていたので
ちょっと残念でしたね。

決勝のグリッドに並び、レッドシグナルの消灯で一斉にスタートしたのですが、
街中や予選中は出なかったクラッチの滑りがまた出てしまいました。
なんとか最後まで走り終え、結果は総合10位、クラス3位

レース後には僕の車にもミッショントラブルが出てしまいました。
幸いなことに自力での走行が可能だったのでとりあえずその日は家まで帰り
月曜で休みの翌日に家内の車のほうを主治医の工場まで運びました。
(○一さん、お休みのところありがとうございました)
f0179073_15264241.jpg
(レース現場の写真がなくてすみません。いつも撮り忘れてしまうんですね・・汗)

これで2日間の休みは終わり。
何もなければ21日はバイクにでも乗ろうかと思っていたのですが
いつものように車漬けの休日になりました。
[PR]

  by studio_argento | 2009-09-24 15:36 | ヒストリックカー | Comments(0)

シルバーウィークは

f0179073_157137.jpg
シルバーウィークという言い方はなんだかしっくりきませんけれど
秋の大型連休が今週末にせまってきましたね。

20日は兵庫県にあるセントラルサーキットで開催の「ユーロカップ」というレースにエントリーしました。
5月の岡山国際以来4か月ぶりのサーキットに今からわくわくしています・・・・が・・・・

昨日のお休みは朝からガレージに行き、私の車と、今回一緒に参加する家内のレースカーの準備をしました。
まず擦り減ってしまっていたタイヤをニュータイヤに組み替えてもらいに友人のスタンドへ2往復。
今回は私と家内とブランドを変えて、ちょっとデータ取りを狙っています。

そのあとオイルや水の点検、ブレーキ&クラッチのエア抜き、積み込む荷物の用意と進めるはずだったのですが、エア抜き作業の最後、#35のクラッチのところまで来てトラブル。 クラッチがきちんと働きません。
詳しく見てみると床下にあるマスターシリンダーのピストンが戻ってきていない様子。

「むむむ~」とうなりながらマスターを取り外してみるとやはりピストンの動きが悪い。
なんとか抜きましたが、はてこれをどうしたものか。 思案しているところにたまたま隣のガレージに作業しに来ていたstudio Rossoさんがホーニングツールを持っていて貸してくださいました。 
シリンダーもさほど錆びていないようだったのでかる~く磨いてピストンを戻したところどうやら動きは良くなった模様。
ツールを返してマスターを組み付けてみたところ、今度はクラッチの切れが不十分。 なぜ??
オペレーションロッドの長さを延ばしてストローク量を増やしたところうまく切れるようになりました。

テスト走行してみたところ、普通には走れるものの、レーシングスタートのようなときには
2速、3速に入れたときつながりが遅く、クラッチが滑ることが判明。
やはりピストンの動きは完全には良くなっていないようです。

ホーニングが足りなかったのかもしれませんが、ツールは返してしまったし、あまり削るのも怖いので、(このあたりの加減は経験値がモノを言いますね 涙) 主治医Yさんに相談のうえ新品を一つオーダーしました。

部品が来たらすぐに組んで、もう一度テストしないと・・
もちろんお店が終わってからの夜なべです・・・・・間に合うかなぁ。
今回は自走なんですよね、現地まで。



ということで、申し訳ありませんが19日午後から21日(月曜定休)までお店はお休みにさせていただきます。
22日23日は平常通り開店する予定ですのでよろしくお願いいたします。
お急ぎの方は 090-9069-2825 までご連絡ください。
[PR]

  by studio_argento | 2009-09-15 15:13 | ヒストリックカー | Comments(4)

裏表のない

メビウスの輪というのをご存じでしょうか?

リボン状の紙の片方の端を180度ひねって(裏返して)反対の端と張り合わせて作った輪です。
このとき、中央に長手方向に線をひいていくと、リボンの表面すべてを通って元の位置に帰ってきます。  つまりくっつける前にはあった表と裏が無くなっているのです。

ドイツの数学者メビウスが発見したこの図形は工業や化学、デザインなど幅広い分野で利用されています。

今回ご紹介する結婚指輪は、そのメビウスの輪のイメージを取り込んだものです。
f0179073_14233370.jpg

ただ、普通断面が四角形(あるいはそのバリエーション)であるリングにこの性質を取り込むには
ちょっと考えないといけません。
リングには4つの面があるので、180度ひねると表裏と側面の2面ができてしまいます。
これでは一本の線ですべての面をつなぐことができませんね。
ですからひねりは90度か270度でないといけないことになります。
f0179073_14241444.jpg

デザイン的には90度が自然ですからそのデザインをリングの正面になる部分に入れました。
f0179073_14243391.jpg
左から右に向かって表面は上側面に、下側面は表面に移行していくのがおわかりでしょうか?
新婦のリングはひねりの他に全体に柔らかいカーブを持たせて女性らしさを表現しています。

ケースに収めて完成。
f0179073_142513100.jpg

これから始まる2人の人生にお互い表裏なく暮らしていけるよう誓いを込めたともいえる
デザインのリングが出来上がりました。
[PR]

  by studio_argento | 2009-09-15 14:29 | ブライダル | Comments(0)

シーズン到来

何に反応しているのかわかりませんが、ここ数年この時季は花粉症の症状に悩まされます。
昨日1日庭仕事をして外で花粉を浴びたのでしょう、今日は朝から鼻が「running」です。
(英語ではこう言うとか。確かではありませんが)

幸い涙は出ないのですが、頭がぼーっとして、リフォームのデザインを考えようにもあまり集中できません。
我慢して仕事が進まないのも困るので友人の医院に行って薬を処方してもらいました。
とりあえずこれを飲んで鼻が「走らなく」なってからデザイン案を練ることにしましょう。
f0179073_1521424.jpg


それまでは手を動かす仕事をやることにします。
たとえばプラチナのリングの研磨とか。
f0179073_1522396.jpg

遊んでるヒマはありませんからね。

レースのほうもそろそろ秋のシーズンインですし、一生懸命仕事しておかないと。
[PR]

  by studio_argento | 2009-09-08 15:22 | 日常 | Comments(0)

マーニ来襲!

ちょうど一週間前になる先週の土曜日に、ブログを通して知り合った「fiat500」さんことFさんが
愛車MAGNI Arturoに乗って松江まで来られました!

ガス欠しそうになりながらも無事店までおいでになり、
「はじめまして」からあっという間に旧知の仲のように2輪4輪の話題に花が咲きました。
昼食後、わがガレージに来ていただき、そこでV35とのご対面。
しきりに「いいね~」と褒めていただきました。
(こっちにしてみれば「そっちの方がいいでしょ」って感じなんですがね。)

f0179073_14105444.jpg
ご厚意でMAGNIに跨らせていただきました。
ハンドル位置はそれなりに遠く低くですが、シートが低くて足着きがよく以外に乗りやすそう。
f0179073_14112890.jpg

カウルが思ったより大きく、ウィンドプロテクションもよさそうなのでロングツーリングも楽でしょうね。
f0179073_14114952.jpg

エンジンをかけると乗りたくなっちゃうので遠慮しましたが、聞いている限り排気音も爆音ではなく
ジェントルないい感じでした。
跨っている顔がきっとにやけていると思ったので写真を撮ってもらうことはやめました。 笑)

最寄りのインターまでV35で先導しましたが、MAGNI&Guzziのツーリングなんてなかなか見られないでしょうね。 ミラーに映るMAGNIを見てほくそえんでいました。

それにしても月曜日に三瓶山で見て、土曜日に違う個体を松江で見るとは、
もしかして私にも「セレンディピティ」が備わってきたのかな。  笑)


週が明けての月曜日は今度はV35で大山方面へ。
f0179073_14122177.jpg

お昼を食べようと目指した蕎麦屋↑はあいにくお休み。
仕方なく(失礼)食べた地ビール館で、若いスタッフに「モトグッチ、いいですね~」と声を掛けられました。
その後、裾野をひとっ走りしてガレージに戻り、秋のシーズンに向けて練習に行きたいという家内の車を整備しました。
準備万端整ったのですが、行くはずだった練習日に積載車の手配がつかず断念。
練習はちょっとおあずけになってしまいました。

20日にはセントラルサーキットでレースに出るつもりなので、僕の車もそろそろ準備しなくてはいけませんね。
秋はいろいろと忙しくなりそうです。
[PR]

  by studio_argento | 2009-09-05 14:15 | 日常 | Comments(4)

夏のブライダルリング

この夏に挙式されたカップルのウェディングリングをご紹介しましょう。

最近人気のあるシャンパンゴールドのリングです。
それぞれに艶消しの部分と円が4つ集まったデザイン。
これは何を意味するのでしょう?
f0179073_10555541.jpg


実は新郎は造園を仕事にしてらっしゃいます。
それでご自身の好きな針葉樹のデザインを取り入れたいとのご希望でしたが、
ただ、新婦のほうにはあまりそれとわかるデザインを入れたくないとのことでした。

そこで2つのリングにまたがる大きな樹を艶消しで表現することにし、
なおかつそれを少しずらして、幹を新郎側にもっていきました。
これで新婦側のデザインはすぐには樹木とわからないものになりました。
f0179073_10575776.jpg
そして4つの円ですが、これは木の周りを飛ぶ蝶のイメージ。
なおかつお二人の挙式の日をあらわしています。 そう、8月8日ですね。
新婦側にはダイヤモンドを留めて華やかに、新郎側は中央を凹ませて印象づけています。

新婦のデザインは波間を飛ぶ蝶のようにも見えますね。

挙式の日付が表に表わされたので、普通は年月日を入れる内側の刻印は年号だけ。
その他にハートで挟んだお二人のイニシャルと、「永遠の愛」を意味するイタリア語をいれました。
f0179073_1059126.jpg
f0179073_10593160.jpg


このデザインは新郎のご希望を主に聞いて仕上げたものですが、
相談している横でニコニコしながらうなずく新婦のやさしい笑顔がとても印象的でした。
[PR]

  by studio_argento | 2009-09-02 11:03 | ブライダル | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE