カテゴリ:シルバーアクセサリー( 33 )

 

Audi S6 avant & BMW 745li part4

さてピッコラマッキナ製作の続きです。

出来上がった原型をシリコンゴムで型取りします。
同じ車種の発注があったときのためです。
昔は本当にワンオフで作っていたのですが、そのつど原型を彫るのは
時間もかかりますし、何よりイメージが変わってきてしまいます。
マスプロダクトされる車というものの性格上、同じ形というのは大事なことと思い
それ以後型取りをするようになりました。
f0179073_1931010.jpg



普通、彫金の場合は加熱するタイプのゴムを使って
金属原型を型取りすることが多いのですが、私はワックスで型をとりますので
通常の2液混合型のシリコンゴムを使っています。
シリコンが固まったら原型を取り出します。
きれいに取れているのがわかります?
f0179073_1933677.jpg


シリコン型にワックスを流し込んで複製します。
車体の形状によっては気泡が入ったりしてうまくできない場合もあるので
何個か作って、いいものを使います。
これをロストワックス法で金属に置き換えます。
f0179073_1952094.jpg



できた複製(ワックスパターンといいます)を金属製のリングの中に立て、
石膏系の耐火埋没材を水で練って上から流し込みます。
固まったら鋳型の出来上がり。
f0179073_1954842.jpg


あとは鋳造~仕上げですが今日はこのあたりで。
[PR]

  by studio_argento | 2008-06-10 08:46 | シルバーアクセサリー | Comments(0)

Audi S6 avant & BMW 745li part2

ブロックができたら、底に正中線(真ん中のライン)を入れます。
前後のオーバーハングとホイールベースを見て車軸のラインも入れておきます。

側面にタイヤハウスのアーチを決定したらあとはボディを彫るだけです。
資料を見ながらまず側面図、そして俯瞰図といったふうに順序だてて削ります。
道具は基本的に彫刻刀1本。(版画や木彫用ではなく、歯科用です)
もう20年以上使っているのでまるで自分の指先のようになってます。

745liです
f0179073_10131381.jpg

ここから先の作業は、見ては削り、削っては見の繰り返しです。
サイズなりのデフォルメや雰囲気を頭でイメージしながら作業します。
続けていくと徐々にイメージと実際の形が近づいてきて、
ある時点から急に形がクリアになっていきます。
ちょっと説明しにくいのですが、削り出すというよりも中に埋まっているものを
掘り出すという感じでしょうか?
漱石の「夢十夜」に出てくる運慶のようになれたらいいのですけれども。


745liの特徴的なダブルデッキのリアです
f0179073_1014770.jpg

















             こちらはA6 フロントフェイスを力強く。
f0179073_10141915.jpg
[PR]

  by studio_argento | 2008-06-06 10:23 | シルバーアクセサリー | Comments(0)

Audi S6 avant & BMW 745li

エンゲージリングの製作に入る前に仕上げてしまいたい仕事は
ピッコラマッキナシリーズの携帯ストラップ2点。
車種は Audi S6 avant & BMW 745li です。

ちょうどいいのでどうやって作っているかご紹介しましょう。

市販の(といってもどこにでもあるわけではありませんが)彫金用ブロックワックスを
鋸で切り出し、ヤスリで整形していきます
f0179073_8254938.jpg



サイズは実車の諸元から計算して割り出します。
だいたい1/220ぐらいです。 今回は5mを越す大きな車なので少し縮尺を変えて
小さくなるようにしました。
f0179073_8281759.jpg



寸法どおりの直方体になるよう丁寧に削っていきます。
ここでいいかげんにすると、後で苦労するので時間をかけて作業します。
下から伸びるラインは真ん中のガイドライン。 上にあるのは高さのガイドラインです。
f0179073_831218.jpg


寸法どおりに削れたら写真などの資料を見ながらいよいよ削りに入ります。
続きはまた明日にでも。

ところで以前はこの資料を集めるのに苦労しました。
旧い雑誌を引っ張り出してみても限度がありますし、遠くからのオーダーだと見にもいけません。 お客様から写真をお預かりすることもあるのですが、参考にならないこともあります。
CG誌のコピーサービスで資料を集めたりしていました。
今はWeb上にたくさん画像があるのでずいぶん助かります。
ただ、正確なものかどうかはきちんと見極めないといけないと思いますけれど。


今日はアップしようと書いた原稿が、送信直前に消えてしまい! かなり凹みました。
なかなかPCは自分の手のようには動いてくれません   泣)
[PR]

  by studio_argento | 2008-06-05 08:41 | シルバーアクセサリー | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE