カテゴリ:ジュエリー( 77 )

 

エンゲージリング製作過程

エンゲージリング製作の続きです。
石座にダイヤを留めるための爪を付けていくのですが、その前に爪用の丸線を作ります。
f0179073_13272857.jpg

ローラーで角線を作っておいて、線引き板という道具を使って丸線にしていきます。
いろいろなサイズの穴が開いていて、希望のサイズになるまで少しずつ小さい穴を通していきます。
出来上がった丸線はヤスリで面取りをしておいて、石座に一本づつロウ付していきます。
f0179073_1328171.jpg

今回の爪の数は6本。バランスよく割り付けるのはなかなか難しいですね。

6本ロウ付し終えました
f0179073_13285093.jpg

その後爪の間の石座部分を三日月形に削っていきます。
削った部分と爪の下部を磨いて仕上げます。
f0179073_13292184.jpg

こうすると上から見たときに石座がほとんど見えませんし、三日月の部分に光が反射してダイヤがよりきれいに見えるのです。
f0179073_13294683.jpg
三日月の部分に景色が写りこんでいるのがわかるでしょうか?
これで石座のパーツは完成です。
次は指輪の腕(リング)の部分の作成です。
[PR]

  by studio_argento | 2008-06-26 13:36 | ジュエリー | Comments(0)

エンゲージリング製作過程&フェラーリF512M

エンゲージリング製作の続きです
まずダイヤが乗る石座を作ります。
先日の写真の中にあった2枚の板のうち、小さいほうを使います。
f0179073_13512956.jpg
ダイヤの直径に合わせて丸めますが、円筒形ではなく下が小さくなった
円錐形のパイプを作ります。(そのほうが出来上がりがきれいなので)
合わせ目はバーナーを使ってろう付
ヤスリで整形して、石の座るコバを落としておきます。

ダイヤを乗せてみたところ
f0179073_13515699.jpg



その後、側面や内面を磨いて仕上げておきます
f0179073_13521964.jpg



一方フェラーリF512Mのほうは
外形が納得いく形になってきたら部分的にスジ彫りを入れて窓や各パネルの
バランスを見ていきます。
f0179073_1353631.jpg

この車の場合、サイドのラインと、それによって前後のマスが入れ替わる部分が特徴ですので、窓の下のラインや、サイドエアインテークのバランスなど考えて手直ししていきます。
f0179073_13533281.jpg

(ちなみにこの手法はピニンファリーナのミトスで強く表現されていましたね。)
[PR]

  by studio_argento | 2008-06-25 14:04 | ジュエリー | Comments(0)

エンゲージリング完成&フェラーリ

先日より製作していたエンゲージリングが完成しました。
あすにはお客様にお渡しできると思います。
許可がいただけたら製作過程をアップしようかなと思っています。
f0179073_20411232.jpg


一昨日作っていた猛獣はちょっと中休み。
外注加工が必要なので、外注先との打ち合わせに入ります。

次にはじめたのは
f0179073_20414536.jpg

フェラーリF512M。(写真はテスタロッサですけど)
ピッコラマッキナシリーズなんですが、通常よりちょっとグランデ(大きい)です。
お客様の希望で約1/130のサイズで製作します。(いつもは1/220ぐらい)
長さはいつもの2倍は無いのですが、体積でいうと4倍弱。
で、元になったワックスブロックがこれ。
f0179073_20424618.jpg

削る量も多くてけっこうたいへんです。  汗)
[PR]

  by studio_argento | 2008-06-20 20:46 | ジュエリー | Comments(0)

オーダーメイドジュエリー製作中

昨日は一日中猛獣と戯れていました。

f0179073_13491579.jpg
先日話していた動物のモチーフのジュエリーは猫科の猛獣がモチーフです。
思いつくままにワックスを彫ってみましたが、これはボツになりそうですね。
f0179073_13493660.jpg
気に入ったものができるまでに何頭かにおでましいただくことになりそうです。 笑)

ちょっと時間はかかりますけれど
良い品を作るためには手は抜けませんからね。
[PR]

  by studio_argento | 2008-06-19 13:51 | ジュエリー | Comments(0)

過去のオーダー作品より

Giro di DAISEN の疲れがまだなんとなく残ってますが(年かなぁ)
先日以来のエンゲージリングの製作を続けています。

そしてその合間にちょっと急ぎのカレラGTもやってます。
並行して、お客様からのご希望で、ある動物モチーフのリングの原型も彫刻中。

なかなかそれらの内容をアップできないので、以前製作した作品をご紹介しましょう。


f0179073_14115872.jpg
ブルースピネルを使った面白いリングです。
石をお買い上げいただいたお客様に、デザインを何点かご提案し、
それを何度も手直ししたりして、じっくりと時間をかけてかけて完成させたものです。

f0179073_14124760.jpg
楕円のモチーフの中ににスピネルが偏って留まっています。
両側に軸が通っていて自由に回るようになっています。

f0179073_1413412.jpg
楕円を裏返すとまた違った表情のリングになります。

f0179073_14132046.jpg
リングの腕の部分には穴があけてあり、そこにチェーンを通すと
ペンダントとして使うこともできます。
もちろん表も裏も使えるようになっています。

指輪として2パターン、ペンダントとして2パターンの4パターンで使える
贅沢なデザインになりました。
何度も打ち合わせをする中、お客様のアイデアをいただいたりして出来上がった、
いわば合作の作品ですね。
かなりジュエリーにはこだわりを持っていらっしゃる方ですが、喜んでいただけたようです。
[PR]

  by studio_argento | 2008-06-17 14:14 | ジュエリー | Comments(0)

ほっとしたのもつかの間

BMWやAUDIなどひと通り納めてほっとしたのもつかの間、
次のオーダーが入りました。
f0179073_2132081.jpg

ポルシェ カレラGT
どうコメントしていいのかもうよくわかりません。  笑)
2005年に美祢で行われた「ルマンクラシックジャパン」で見たことはあるのですが、
あまりに現実離れしていて、よく見てませんでした。
やはりどんな車でもしっかり見ておかないといけないですね。
いつこんなふうにオーダーが入るかわかりませんから。

ここのところ以前紹介したエンゲージリングの製作をしています。
完成して納品したらまたご紹介できるかと思いますが、カレラGTも急ぎとのこと。
がんばらねば。

といいつつ明日は先週順延した「Giro di DAISEN」に行って来ます。
もしかしたら更新できないかも。

申し訳ないので以前作った作品の写真を。
K18ホワイトゴールド、ラピスラズリのペンダントです。
旧いブローチから石を外してリフォームしました。
f0179073_21362762.jpg

何点かデザイン画を描いて気に入ったものを選んでもらい、(場合によっては描き直して)
納得していただいてから製作しています。
もちろんご希望のデザインがあればそのように作ります。
[PR]

  by studio_argento | 2008-06-14 21:45 | ジュエリー | Comments(2)

デザイナー? クラフトマン? 職人? 

「お仕事はなにをなさっています?」
いつも困ることなんですが、私の仕事は一言では言いにくいのです。
ジュエリーデザイナー? クラフトマン? 職人? 
私の日常はいろんな仕事が混ざってるのでどれをとってもぴったりした感じがしません。

いわゆる「業界」を通ってはじめた仕事ではないので、自分でできそうなことは何でもしようと
手を伸ばしてきたからでしょうか。
最近は少しですがジュエリー以外の仕事もしていますし。

ともあれ、モノを作っているからには、作ったモノを見ていただくのが一番でしょう。
f0179073_7283736.jpg

オーダーメイドで製作した珊瑚のペンダントトップです
珊瑚はお客様のお手持ちのジュエリーからとりはずしたものです
デザイン画を何店か描き、お客様に選んでいただいて作りました
ロストワックスという技法で18金で作ってあります

f0179073_7292477.jpg
裏にはピンをつけてブローチとしても使えるようにしてあります












使わなくなったジュエリーがまた新たな形を得て、お客様もとても喜んでくださいました。
結局この、「喜んだ顔」が見たくてモノづくりをしているんだと思います。

これまでに作ったものやこれから作るものを時々アップしていきます。
男性にはあまり興味の無いカテゴリーかも知れませんが、
モノづくりという点からご覧になってくださいね。
[PR]

  by studio_argento | 2008-06-03 08:16 | ジュエリー | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE