マセラティ2種~ピッコラマッキナ


マセラティクアトロポルテとグランツーリスモ。

クアトロポルテといえば70年代にシリーズ3が映画ゴッドファーザーに使われていたり、
政府高官用の車両として使われていたりしましたね。

シリーズ3は一時友人が乗っていたので何度か乗せてもらいましたが、素晴らしい車でした。
特にリアシートの居心地の良さは、乗るたびに寝入ってしまうほどでした。
街中ではもてあますほどの巨体でしたが、運転してみると以外に軽快というか身のこなしが軽く(大きさの割には)、エンジンもマセラッティ400Sなどのレーシングエンジンの流れを汲むだけあって良い音していました。
「譲ろうか?」と言われたのですが、さすがに島根県なんかじゃ使い道も思いつかず、持ちきれそうに無かったのでお断りしたのですが、今となっては惜しいことをしたなと思います。

今回製作したのは5代目(のはず)にあたる現行モデルです。
以前東京現代美術館で開催されたフェラーリ&マセラッティ展で、開発途中の1/5モックアップが2点展示してあり、このどちらかが生産モデルになると書いてありました。
正直そのときはあまりいいとは思わなかったのですが、デビューしてみるととてもいい車になっていてびっくりした記憶があります。
f0179073_9493541.jpg


そしてもう1台はグランツーリスモ。
クアトロポルテと同じエンジンのはずですが、こちらはグッとスポーティーですね。
最近ではあまりみなくなったロングノーズ、ショートデッキの古典的スポーツカーのシルエットがうまく使われていて昔のギブリ(70年代の)を彷彿とさせますね。
写真より実車のほうがずいぶんいいように思います。
f0179073_9491270.jpg


そういえば知人がギブリに乗っていましたが、その人がまさに「イタリアンダンディ」な方で、
車と人がすごくマッチしていたことを思い出しました。
クアトロポルテⅢもなかなか似合う人がいないような・・
あの時代のマセラティはそういう意味で「乗り手を選ぶ」車だったかもしれませんね。

f0179073_9483692.jpg
この両方をお持ちのかたを知っているのですが、さて、乗った感じはどうちがうのでしょうか?
興味のあるところです。


f0179073_950253.jpg
他にもメルセデスGクラス、アウディA8、ランボのガヤルドなど一緒に納品です。
[PR]

  by studio_argento | 2008-10-10 10:07 | シルバーアクセサリー | Comments(2)

Commented by lancista at 2008-10-10 10:46
田舎でマセに乗った白猫#35さん 見てみたかったです(笑)
新木場の東京現代美術館であったフェラーリ&マセラッティ展には
出張ついでに行きましたが 設計図面とかからも迫力を感じて
圧倒されたのを覚えています。
あとトライデントマークの入った吸気チャンバーの中身のカットモデルで
そこに刺さってるインテークパイプがカールファンネルだったのには
驚きました。もうV8だったからF社の仕事かも知れませんが・・
ランチア&マセラッティのイベント コンコルソも復活しないかなぁ。。
Commented by studio_argento at 2008-10-10 12:07
lancistaさん
あの時代のマセは僕みたいなものが乗っても乗り手が貧相で車が勝ちすぎちゃいます 笑)
やはり相当怪しい人が乗らないと。

F&M展、行ったんですね。 
アレは本当に良かったですね。残念ながもう2度と無いと思いますが、あの企画を通した学芸員さんはすごいと思います。
僕はあの時はピニンのP5にやられてしまいました。
あんな美しい車は見たことがありません。
僕の中でtipo33ストラダーレを凌ぐ唯一の車かも。

しかしlancistaさんもそこで会った車とまた出会えるとは思っていなかったでしょ。 謎笑)

<< オーダーメイドの結婚指輪~デザ... 十字架と大蛇~イタリア貴族の紋章 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE