エンゲージリング製作過程

エンゲージリング製作の続きです。
石座にダイヤを留めるための爪を付けていくのですが、その前に爪用の丸線を作ります。
f0179073_13272857.jpg

ローラーで角線を作っておいて、線引き板という道具を使って丸線にしていきます。
いろいろなサイズの穴が開いていて、希望のサイズになるまで少しずつ小さい穴を通していきます。
出来上がった丸線はヤスリで面取りをしておいて、石座に一本づつロウ付していきます。
f0179073_1328171.jpg

今回の爪の数は6本。バランスよく割り付けるのはなかなか難しいですね。

6本ロウ付し終えました
f0179073_13285093.jpg

その後爪の間の石座部分を三日月形に削っていきます。
削った部分と爪の下部を磨いて仕上げます。
f0179073_13292184.jpg

こうすると上から見たときに石座がほとんど見えませんし、三日月の部分に光が反射してダイヤがよりきれいに見えるのです。
f0179073_13294683.jpg
三日月の部分に景色が写りこんでいるのがわかるでしょうか?
これで石座のパーツは完成です。
次は指輪の腕(リング)の部分の作成です。
[PR]

  by studio_argento | 2008-06-26 13:36 | ジュエリー | Comments(0)

<< エンゲージリング製作過程&フェ... エンゲージリング製作過程&フェ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE