Audi S6 avant & BMW 745li part5

鋳型の埋没材が固まったら電気炉に入れて焼成します。
このとき中のワックスが燃えて、鋳型の中に空間ができます。(それでロストワックスです)
f0179073_7562095.jpg



十分焼成した後、熱い鋳型に金属を鋳込みます。
その方法はいろいろあるのですが、私は遠心鋳造機を使っています。
ばねの力でアームを回転させて、その遠心力でバーナーで溶かしておいた
金属を流し込みます。
ずっと昔は長い紐に鋳型をつけて振り回して鋳込んでいたこともあったそうで、
基本的にはそれと同じでけっこう原始的な方法ですね。
今は真空吸引などほかの方法もありますが、私の場合あまり大きなものは
鋳造しないので、これで十分です。
f0179073_7563873.jpg



鋳上がったら埋没剤から掘り出し、酸で洗います。
掘り出した状態では真っ黒ですが、酸洗いして、フラックス処理(白仕上げ)
をすると、写真のようにきれいな白色になります。
745liとアルファロメオSZです。
f0179073_7565497.jpg


その後、湯道(溶けた金属の通り道)を切りはなします。
アルファロメオブレラです。
f0179073_7571350.jpg

[PR]

  by studio_argento | 2008-06-12 07:58 | シルバーアクセサリー | Comments(4)

Commented by カラシ at 2008-06-12 12:18 x
28番さんトコのリンクよりコチラに参りました カラシと申します
また色々と書き込みさせて頂きます

天気予報では今度の15日は晴れそうですねー
「Giro di DAISEN」楽しみにしております
Commented by 白猫#35 at 2008-06-12 17:34 x
カラシさん
いらっしゃいませ。
つたないブログですが、ときどき覗いてみてください。

15日、楽しみにしています。
よろしくおねがいします。
Commented by Studio_Rosso at 2008-06-12 21:30 x
こんにちは、いつもお世話になっております。本日『Giro di DAISEN』の最終確認のメールを頂きましたが今回は残念ながら参加出来そうに有りません。秋にも開催されるそうなのでその時はP4で参加出来る。と良いですね(笑)ちなみにエアコンは付いておりませんでした・・・とても暑そうですね。眼鏡にワイパーを付けなければいけないかもしれません。(爆笑)
Commented by studio_argento at 2008-06-13 10:02
Studio_Rossoさん
どのみち今回は馬では参加できなかったでしょうからいいのではないでしょうか。 秋はどうなるかまだわかりませんが、P4お披露目ツーリングはアリかも知れませんね。 十分に涼しくなってから。(笑)

<< Audi S6 avant &... Audi S6 avant &... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE