サプライズ その後

非常にドラマチックで感慨深い仕事をさせていただいてから約9か月。
お客様から連絡をいただきました。
そう、今度は結婚指輪のご依頼です。

エンゲージリングのデザインに合っていて、重ねづけできるものというのが一番のご希望。
 
いくつかご提案したデザインの中から選んでいただき制作することになったのですが
f0179073_13544314.jpg
メールでやり取りをしていて、どうもお客様のレスポンスが妙です。

どうやら前回と同様ウェディングリングのほうも新婦に内緒で進めている様子です。
ということはエンゲージリングを拝見してそれに合ったデザインで制作するのは無理です。

そこで役に立ったのがワックスモデル。
エンゲージリングの制作時に、立体的な構成を見ていただくために作ったいわゆる
「スタディモデル」です。   完成後もきちんと保管しておいたので役立ちました。
f0179073_13552722.jpg
彫金用ワックスを削って形作り、塗装して出来上がりの雰囲気を見ます。
f0179073_13555662.jpg

1年前はこれを見ながらプラチナで作っていきました。
ですから、出来上がりはほぼこのモデルの形になっています。
今回はこれに合わせてワックスモデルを制作。
f0179073_13561585.jpg
デザインの確認をしていただいてからプラチナで制作しました。
  



f0179073_13564741.jpg
エンゲージリングのカーブに倣った曲線で、デザインとしてはちょうどリボンをひとひねりして
メビウスの輪を作ったような感じ。
2人の間にも表裏がないってことでしょうか。 笑)
f0179073_1357183.jpg
新婦のリングには上質なメレダイヤを選んで、エンゲージリングと呼応する位置に
14ピース留めてあります。

同じデザインで、新郎のリングは少しボリュームを持たせたもの。
ご提案した時に「有名カロッツェリアのラインみたいですね」と
うれしい褒め言葉をいただきました。
そこで気を良くして、内緒で新郎のリングの内側にもメレダイヤを2ピース留めておきました。
f0179073_13575199.jpg


挙式は2月14日。 そう、新郎のリングに2ピース、新婦には14ピース。
ダイヤの数で結婚記念日を表現しておいたのです。
私からのサプライズとなったでしょうか? 

式の数日前、お住まいの関西までリングを持参。
紹介してくれた友人も同席して、食事をしながら納品させていただきました。
予想通り、その席には新婦の姿は無し。
「やっぱりサプライズなんですね」 
「うすうすはわかってるみたいですけどね。 でもこれならきっと喜んでくれます」

本当はその喜んでいただいている顔を見たかったんですけどねえ。 笑)
でもそれは新郎の特権ですよね。

後日しっかりと仲睦まじい2人の写真をメールでいただいたので良しとしましょうか。
f0179073_14225524.jpg

[PR]

  by studio_argento | 2012-03-09 14:33 | ブライダル | Comments(0)

<< デルベア バウムクーヘン 水入り >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE