ティファニーセッティング

ティファニーセッティングとは、ティファニー社が1個石ダイヤモンドを最も美しく魅せる方法として
1886年に6本の立爪のセッティングとして開発した石留め法です。
ダイヤモンドが持ち上げられているため、光があらゆる方向から入り、
輝きがより強く引き出されています。
現在では婚約指輪(エンゲージリング)の代表的な石留め法の名称のひとつとなっています。
f0179073_1823349.jpg
f0179073_18254171.jpg


ただ、私が思うにこのデザインはあくまでパーティーなどへの『おでかけ用』なのではないかと。

その証拠にお客様が持ち込むダイヤのリフォームの多くがこのタイプのリングで、
その理由が「普段使えないから」というものがほとんどだからです。

もちろんティファニーセッティングやそのバリエーションのセッティングは 
ダイヤの良さを最大限に発揮する素晴らしいデザインですし
それを贈った人の気持ちもうつくしいものであったとは思いますが
どんなに素晴らしいリングもライフスタイルに合わないものではそれこそ宝のもちぐされですね。

今回もそんな立爪のリングのリフォームのご依頼をいただきました。
1カラットと0・22カラットのふたつをひとつに合わせて作り直しです。
f0179073_18241655.jpg
f0179073_18251411.jpg


お客様がはずしたくなくなるようなデザインを考えないといけないですね。
[PR]

  by studio_argento | 2011-07-12 18:29 | ジュエリー | Comments(2)

Commented by ヒゲのJrZ at 2011-07-13 18:51 x
うちの家内にも定番のこれをプレゼントしました。
やはり相当フォーマルな席でないと付けて行きません。

ただデザイン的にいろいろ見た中では流石ティファニーと
思うところがありました。
当時は私も景気が良かったなあと思う事しきり。ww
いつかリフォームをお願いしたいです。
Commented by studio_argento at 2011-07-13 22:18
ヒゲのJrZさん
ですよね。 どうしても普段使いには・・・・

デザインはよく考えられてると思います。
定番になるのもよくわかりますね。

普段使い用リフォームでしたらお任せください。

<< ストレート この週末 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE