O.S.C.A    Dromos

オスカ・ドロモスと聞いてすぐに形を思い浮かべることができる人は
かなりクルマに興味がある人でしょうね。

20世紀の終わりにイタリアのクルマづくり復興を期して作られた車。
そのプロトタイプは日本で公開されて話題になりました。
(詳しくはこちらこちらで)
残念なことに量産には至らず、そのプロトだけが日本で眠っていたようです。

オスカ、マセラッティ、ザガート、ツーリング、こういった栄光ある名の血を引き
ザガートのデザイナー、エルコーレ・スパーダ氏のデザイン
アバルトのエンジニア、マリオ・コルッチ技師のエンジニアリングという
素晴らしい取り合わせで作られた車がプロトタイプだけで終わってしまったというのは
残念なことですね。

今週末、今日明日と京都で開催のマセラッティクラブのウェストミーティングに
そのDromosが参加します。
縁あって手に入れた知人が、クラブの方から誘われて出すとのこと。
そこでのお土産にとピッコラマッキナをいくつか注文してくれました。
f0179073_14174129.jpg
f0179073_1417562.jpg
f0179073_1418715.jpg


写真でしか見たことがないのですが、こうやって立体を作ってみると
あらためて凄いデザインの車だなと感じます。
ナマで見たかったのですが、今週末はちょっと身動きが取れずに断念。
興味のある人はぜひ行ってみてください。
きっと素晴らしい存在感だとおもいます。
もちろん他にも粒ぞろいのマセラッティ達がいるはず。
楽しめると思います。

噂によるとエルコーレ・スパーダ氏が会場にお越しになるとか。
氏の現役最後の仕事、しかも一番好きな作品と言っておられるという話も。
私の作ったピッコラマッキナが氏の手に渡るといいなとひそかに思っています。

その後の情報で、来日したのはオルシ伯爵家の方だったみたいです 汗)
でもピッコラマッキナはしっかり手渡されたとか。
それはそれで嬉しいことでした。 笑)

[PR]

  by studio_argento | 2010-12-04 14:21 | ヒストリックカー | Comments(6)

Commented by おかんの頭の頭 at 2010-12-04 17:07 x
知ってます、いつ出るのかな?って待ってました(汗)
これってスバルがベースだったか、スバルE/gでしたよね?
ある方と頑張ってコレを入手して、旧車止めようかなんて盛り上がったぐらい気になってました。
実際販売されたらいくらになったのかも気になるところです。

見たかったなぁ
Commented by studio_argento at 2010-12-04 17:23
おかんさん
ご存知でしたか。
そう、スバルのflat4エンジンでSTIチューンだったかな?
シャシはパイプフレームかバスタブタイプのモノコックなのかは
わかりませんが外皮はFRP。
量産すればアルミボディもオーダー可能だったそうです。
スーパーレジェッラのドロモスができていたかも。 
価格はきっとかなりな額になったでしょうね。

京都は近いでしょ? 見に行ったら?・・・って仕事か。  笑)
Commented by ながた at 2010-12-06 12:28 x
わぁ、見逃したぁ!
確かエルコーレ・スパーダ氏がずいぶんと
プロトの行方を捜していたように聞いています。
(カーマガの記事によると)
もし販売されてたら...私も旧車止めてアレコレと
入手の方法を画策してたかもしれません。(笑)
Commented by シゲっち at 2010-12-07 23:58 x
何がどうなって実現したのか、自身もイマイチ記憶が定かじゃないんだけど…一度お目にかかってます。
「ストラトスみた~い♪」って実物を見た時に感じたんです。似てね~な(大笑)。
でもそんなオーラが出てたような…。まだ日本に居たんですね。
Commented by studio_argento at 2010-12-13 21:02
ながたさん
スパーダさんのその話は聞いたことがあります。
残念ながら今回は違ったみたいですが、ぜひ見たいただきたいですね。
Commented by studio_argento at 2010-12-13 21:05
シゲっちさん
現車見たんですか!?
国内でもナマで見た人は少ないと思います。
「ストラトスみたい」ってなんだかわかる気がします。
ギュッと集約されたっていうか・・
オーラありそうですね。 なんとかナマで見たいものです。

<< ちょっと嬉しい再製作 Su misura >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE