φ螺旋のイヤリング

知り合いの建築家の方に、奥様へのプレゼントにとイヤリングを頼まれました。
デザインはおまかせでとのこと。

いろいろ考えた結果やはりデザインの中に建築的要素を盛り込んでみることにしました。
「φ螺旋(ファイらせん)」
西欧の造形、もちろん建築にも多くみられる黄金分割、それから導きだされる螺旋です。

f0179073_1347475.jpg
黄金矩形の中に表れるこの螺旋のイメージを楕円の外形で切り取ってイヤリングにしました。
螺旋の向きは左右で逆に。 
ちょっと地球規模な感じでもある(南北各半球で渦巻きの向きは逆ですね)かな。
f0179073_13475696.jpg
そしてもう一つ、鳥取県に自宅がありながら松江に惚れこんで単身松江市に住むご主人のイメージを隣町玉造(現松江市)の象徴、勾玉に表して中央に配置しました。
f0179073_13485231.jpg


今は離れてお住まいの奥様も、このイヤリングでご主人を想っていただけるでしょうか。
[PR]

  by studio_argento | 2010-06-10 14:15 | シルバーアクセサリー | Comments(0)

<< Giroの写真 Giro >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE