ちいさなお客様

2月半ばのある日曜日にはるばる大阪からちいさなお客様がおみえになりました。
小学生の彼のご希望はお母様へのプレゼントのリング。

実は少し前にお父様から、お誕生日と結婚記念日のお祝いに息子さんがお母様(奥様)にプレゼントをするというので力を貸してやってほしいとメールをいただいていて、この日父子でご来店いただいたのでした。

お父様(と言っても私より年下ですが 汗)は大阪でカフェを営業しておられるのですが、イタリア車好きのそのブログは以前から拝見していて、一度おじゃましてみたいと思っていたところでした。
奈良の帰りに寄ろうと思ったのですが・・・)

車談義になるのを我慢しながら、息子さんとプレゼントするリングのデザインについてお話をしました。
出来るだけわかりやすく、簡単なスケッチを描きながらご相談して決めていただきました。
それを元に製作したのですが、その過程を依頼主さんにも見ていただくことにしましょう。

まず、デザインから製作方法を決定します。
今回はワックスで原型を作ってそれを金属に置き換える、ロストワックス法で作ることにしました。
チューブ状のワックスを鋸で切り出します。
f0179073_15552494.jpg
f0179073_15553897.jpg
希望のサイズになるようにリーマーという工具でその内側を削ります。
f0179073_15561187.jpg
 
f0179073_16154582.jpg
サイズは10号、ゲージに入れて確認します。
f0179073_1621275.jpg
横の面をヤスリで削って平らにし
f0179073_163911.jpg
余分な厚みも鋸でカットしてそのあとヤスリや彫刻刀で形を整えていきます
f0179073_1634963.jpg
f0179073_1641411.jpg
f0179073_1653987.jpg
f0179073_16114512.jpg
サンドペーパーで表面をきれいにしておきます。
f0179073_1612863.jpg
f0179073_16122975.jpg
次は指輪の上に乗る部分。ワックスをカットして正方形を作り、
ガイドになる線を入れて彫刻刀で少しづつ削っていきます。
f0179073_16134066.jpg
f0179073_16135654.jpg
f0179073_16141279.jpg
f0179073_16143012.jpg
f0179073_16145112.jpg
形が決まったらふっくらした感じを出すように凹みや丸みをつけていきます。
f0179073_1617324.jpg
f0179073_16172487.jpg
リングの部分に乗せてバランスを見ます。
先にリング部分を作ったのは全体の大きさのバランスを確認しながら作りたかったからです。
f0179073_1617505.jpg
OKだったので指輪とくっつく部分を四角くのこして四つ葉の裏側を削って薄くします。
f0179073_16181547.jpg
ここも何度もリングに乗せてみてバランスを確認しながら削ります。
f0179073_16263650.jpg
f0179073_16223761.jpg
リングも四つ葉も出来上がったので次は言葉を彫りこみます。
f0179073_1623167.jpg
サインペンで下書きをして、リングの内側にはひらがなで「おかあさんへ」と息子さんのお名前。
f0179073_1630128.jpg
四つ葉の裏側にはそれぞれのお名前をローマ字で彫りこみました。
f0179073_16242115.jpg
彫りこんだらいよいよリングと四つ葉をドッキング。熱でとかしたワックスを流し込んでくっつけます。
f0179073_1628187.jpg
f0179073_16282520.jpg
そして最後にお父様のご希望で、四つ葉に茎をつけます。
f0179073_1631597.jpg
茎は指輪になったときに何かに引っかからないように端をリングにつなげておきます。
f0179073_16313735.jpg
f0179073_16331038.jpg
これでワックス原型の出来上がり。
f0179073_16333687.jpg
これを耐熱性の石膏型に埋め込んで
f0179073_16354179.jpg
固まったら電気炉で加熱(700℃ぐらい)して
f0179073_1636817.jpg
ワックスをとかし、できた空間に熔かした金属を流し込みます。
冷えたら型を壊して取り出し、磨きます。ホワイトゴールドの場合は仕上げにメッキに出します。


そして出来上がったのが
f0179073_16365863.jpg
f0179073_16372380.jpg
f0179073_16375168.jpg
f0179073_16383313.jpg

長くなってしまいましたが、Rくん、あの指輪はこんなふうに作られたんですよ。
おかあさんは喜んでくれましたか?

かわいいお客様からのご依頼は、こちらもハッピーになる素敵な仕事でした。
[PR]

  by studio_argento | 2010-03-13 16:45 | ジュエリー | Comments(7)

Commented by F105L at 2010-03-14 00:36
わぁ、、、いいものを見せてもらいました!

それにしても、あのご家族は深い絆で結ばれていること。羨ましいです。
Commented by  onboroALFA at 2010-03-14 22:44 x
なるほど〜、こうやって作るんですね〜、よくわかりました!
やっぱり細かい手間のかかった繊細な仕事ですね。

しかしお母さんに指輪を送るなんて、なんとも粋なお子さんですね。
Commented by フォルギエリ at 2010-03-15 20:26 x
この度は、いろいろありがとう御座いました。
家内共々、皆喜んでいます。娘が一番興奮してましたけど(笑)
Commented by studio_argento at 2010-03-15 21:13
F105Lさん
私も嬉しく仕事をさせていただきました。
ほんとうに素敵な父子でした。

onboroALFAさん
他にも技法はあるんですが、今回はロストワックスをご紹介しました。 鋳物という見方をすればエンジンブロックも同じですね。

フォルギエリさん
こちらこそありがとうございました。
お嬢さんに「来ました」か?
なかなか将来性がありますね  笑)
Commented by ひょっこりーな at 2010-03-16 20:04 x
このたびお世話になりました、母でございます。

二人からこんな素敵なプレゼント貰って感激しております。

やっとこの日二人が何処へ行っていたのか謎が解けました。

大事に付けさせていただきます。
Commented by hey at 2010-03-16 22:25 x
ロストワックスの方法は知っていましたが、ここまで詳細に解説
を拝見したのは初めてで、大変興味深かったです。
う〜ん、これはいい。
素晴らしいできあがりですね。
Forghieriさんの注文の茎の部分がアクセントになって、さらに
いいです。ひょっこりーなさん、良かったですね!
僕が子供からこんなプレゼントをもらったらどんなに感激する
でしょう。
Commented by studio_argento at 2010-03-16 22:51
>ひょっこりーなさん
コメントありがとうございます。
仕上がりには満足していただけたでしょうか?
何か気になることがありましたら遠慮なくおっしゃってくださいね。
「おかあさんへ」の文字を彫るときにはウルウルしてしまいましたよ 笑)
素敵な御家族ですね。
お店のほうにもおじゃまできたらと思っています。

>heyさん
お客様とじっくりと話をしてデザインを決めますので気に入っていただけるものが出来ると(ちょっとだけ)自負しています。
でも今回はそれ以上に家族愛が光っていましたね。

<< 速報(?) Centoannn... エンゲージリングのサプライズ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE