裏に凝る 1

結婚指輪はほとんどの方が日常ずっと身に付けておられますよね。
ですからデザイン的にあまり極端なものは使いにくいものになってしまいます。
よほどのこだわりがない限りシンプルなものをお求めになる方が多いですね。

でもせっかくオーダーメイドで作るのですから、シンプルな中にも何かお二人の気持ちを
あらわす部分があるといいですよね。

f0179073_15495034.jpg
このリング、以前から何度かご紹介しているシャンパンゴールドの金合金で製作したもので、
それぞれの指のサイズに合わせてちょっとボリュームが変えてありますが
みたところごくシンプルな甲丸(断面がかまぼこ型)のリングです。

でも横にしてみると、内側の一か所に何かへこんだようになっている部分がありますね。
f0179073_15502955.jpg

何だかもうわかりますよね。
f0179073_15505889.jpg

2本の指輪をこの部分で合わせてみると、内側にハートのモチーフが現れるのです。

2人の名前に挟まれて現れるハート。
内側に施したこんな小さなことが、このリングを2人にとって特別なものにしてくれました。

ブライダルリングのデザインを考えるというのは、外から見える形だけではなく
お二人の気持ちがそれに込められているということを表すということなのですね。

思いのこもった形を作り出すお手伝いをさせていただく、それがこの仕事の喜びです。
[PR]

  by studio_argento | 2009-07-07 15:52 | ブライダル | Comments(0)

<< Classic Racing ... 18金ゴールド トルマリンリング >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE