ジャスパーペンダントトップ

碧玉(へきぎょく)は、微細な石英の結晶が集まってできた鉱物(潜晶質石英)。ジャスパー(Jasper)とも呼ばれる。酸化鉄や水酸化鉄などの不純物が混入して不透明で、不純物の違いによって、紅色・緑色・黄色・褐色など様々な色や模様のものがある。玉髄やメノウと同じ種類であるが、それらより不純物を多く含んでいるとされる。  Wikipedia「ジャスパーの項より引用」

めのう(アゲート)やジャスパーには様々な模様をあらわすものが多くあります。
当店店頭にあったものの中にお客様のイマジネーションを喚起するものがあり
その石でペンダントトップを製作させていただきました。
f0179073_1434337.jpg
直径3センチ弱の丸い石ですが、その模様の中にお客様が見つけられたのは「宇宙」
下方に渦巻く雲の向こうに二つの惑星(衛星?)が 浮かんでいる画に見えませんか?
(写りこみが強くてみにくいかもしれませんが)
18金で作ったフレームをできるだけ目立たないようにしてそのイメージを際立たせました。
裏面にも模様が出ていたのでこちらにちょっとひと工夫。
f0179073_1441139.jpg

山の向こう、夜空に浮かぶ満月を表現してみました。
宇宙から見た地球と月、地球から見上げた月、表と裏でそんなイメージをもった
リバーシブルのペンダントトップが出来上がりました。

この手の模様の出る石は、人によって見えるものが違うので面白いものができることがあります。
自分が見えなかった意外なものを教わるとちょっとした「アハ」体験ですね。
[PR]

  by studio_argento | 2009-05-27 14:05 | ジュエリー | Comments(0)

<< Giro del Daisen アルファロメオ&アルファロメオ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE