ピンクゴールド

一般的に宝飾に使われれる金は18金と呼ばれる金合金がほとんどです。

18金というのは純金を24金とした場合の金の割合をあらわしていて
18:24=x:100 という式から、75%の金が含まれた合金ということになります。

残り25%には何を使うかというと、おもに銀と銅です。
この銀と銅の比率によって同じ18金でも物性や色が変わってきます。
標準的なもので銀6:銅4、つまり全体の15%:10%という比率です。
(各宝飾メーカーなどでそれぞれ独自の添加金属を入れている所もあるようですが)

銀が多いと金色が薄い(白っぽい)感じになり硬度は低く、
銅が多いと色が赤っぽくなって硬度は高くなってきます。

この銅が多い金合金をピンクゴールドと呼んでいます。
独特の色合いは結構ファンも多いですね。
f0179073_1373241.jpg
このリングもピンクゴールドで作ったものです。
f0179073_1381346.jpg

お客様お持ち込みのアメジストを使い、デザインを練りに練って作ったこだわりの品です。
地金の色と紫色がとても良く合っていますね。
ボリューム感たっぷりですが腕を割ってありますからそんなに重くはありません。
石の間の空間が軽快な感じを出しています。
f0179073_13122031.jpg

左右に配置したカボッションカットのアメジストはあえて置き方を非対称にして動きを出しています。
f0179073_139373.jpg


今回は見送ったのですが、将来は腕の表面にメレダイヤを留めて華やかな感じにすることもできます。
今のデザインでしっかり使っていただいて、いずれは模様替えしてまた楽しんでいただけたら嬉しいですね。
[PR]

  by studio_argento | 2009-04-02 13:16 | ジュエリー | Comments(0)

<< 米子自動車学校感謝祭 ローレルクラウン~月桂冠 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE