18金ペンダント 

あるお客様から、むかしお母様が使ってらっしゃったというイヤリングを使ったリフォームの依頼をいただきました。
石が何かは不勉強で分からないのですが、なかなか面白い雰囲気の石です。

イヤリングとしてはお使いにならないのでペンダントにしてほしいとのこと。
同じ形の石が2個あるので、何か意味を持たせたいといろいろ考えて
f0179073_1849589.jpg

こんなデザインで製作しました。
f0179073_18495521.jpg

中央でつながっている二つの輪が、差しのべてつないだ手のようなイメージです。
f0179073_18502293.jpg


お客様はこのペンダントをいずれお嬢様に譲るおつもりなのだそうです。
母から娘へ、そして孫へと伝わっていく、その絆を想ってデザインしてみました。

この仕事をしていて、出来上がって喜んでいただけた顔を見るのもうれしいのですが、
そういった家族や相手を思う気持ちに触れられた時もとても嬉しく、温かい気持ちになれますね。
[PR]

  by studio_argento | 2009-01-30 18:52 | ジュエリー | Comments(0)

<< Keith Ring キースリング 冬の海 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE